2010年5月19日

ベテランが場を荒らすF1?

MSの最終コーナーでのレギュレーション違反はフェラーリピット以外、大半の人が勘違いをしていた(もしくはルールを知らなかった)ことから起きたものだが(MS自身にも闘争心以外の他の意志は全く存在しなかっただろう)、もう一人のベテランが起こした問題は、それよりもっと重い問題とされてしかるべき行為だと思う。

最多出走レーサーであるバリチェロの行為は、どう見てもクラッシュに腹を立て、ステアリングに八つ当たりしているようにしか見えず、「マシンから火が出ており早くマシンから出たかったからステアリングを捨てた」というのは下手な言い訳にしか聞こえない。

去年、彼のマシンからスプリングが脱落して、同胞の顔に大きな傷を残してしまったことの記憶はもう無くなったのだろうか?彼には非がないのでそんなに記憶に残ってないことなのだろうか?スプリングより遙かに重量のあるステアリングを狭いモナコの路面に捨てるとは何事だ?今回はHRTの2台のマシンが轢くだけで済んだが、それが跳ね上がって、同僚や、マーシャルや観客に当たると言うことは考えつかなかったのだろうか?

そのタイミングでは気が動転していたかも知れないが、これだけ時間がたっているにもかかわらず、反省の意を表さないのは問題だ。

そして、FIAの送り込んだスチュワードも問題だ。MSの事はレギュレーションを読めばすぐにでも答えが出るはずなのに、それに4時間も時間をかけて、全世界に放映された見苦しい場面を放置してしまっている。

これでは、何のためにドライバーからスチュワードを選出しているのか分からない。
デーモン。コレではMSを制裁出来て満足したの?と言われても仕方ないよ。

2010年5月16日

F1GP 2010 Rd.6 モナコ決勝■大混戦(下位のみ)の結末は?

モナコGP決勝!!

最前列が圧倒的に有利なモナコ。
安全にかつ正確に1コーナーを制するのは誰だ?

スタートでクビサがウェバーを出し抜いてほしいなぁ~(希望)。
ウェバーが出ちゃうと、そのまま行っちまいそうだ。

クラッシュなどのトラブルでS.C.が出るか?
モナコは中国と違ってスタッフが優秀だから、さくっと片付けてイエローだけと言うのもありえるが、最近は破片でもS.C.入れるからなぁ~。
何か波乱があるとすれば、そこかなぁ。

あと、遅いマシンたち、これをどう抜いていくか。
上位陣は4回ぐらいラップしないといけないから、掛け算するとそこだけでかなりの回数のオーバーラップが発生する。

フォーメーションスタート。
オプションで出て行く。プライムはいないようだ。
各車(アロンソ以外)、まず問題なく出て行った。
アロンソは1周終了でピットインするんじゃないか?

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート!!
あ~、クビサやられた。
セブが前に出てしまった。
コチラの希望は逆の方向になってしまった。

イエローが出たな~と思ったら、ヒュルが大クラッシュしていた!!
早くもS.C.コースイン。
その間隙を縫って、アロンソがピットイン&タイヤ交換。
コレで、もう交換無しだろう。
予想通りだが、いきなりS.C.は予想ガイ。
アロンソとしてはラッキーな話だ。

‥‥原因となったヒュルだが、トンネル内でラインを外してしまって、そのままウオールに衝突。
トンネル外まで惰性で進んで停止。

あっと!バトンがエンジンブロー!!
いきなりポイントリーダーで去年のウィナーが消えた。

S.C.時間がかかっている。
如何にモナコのコースマーシャルでもあの位置での撤去は大変だ。
6周終わりでS.C.アウト!!

混乱もなく再開。

アロンソ、ディ・グラッシのケツに張り付いて攻めまくるものの、そうやすやすとは抜けないまま、10周経過。
これは厳しい。
アロンソ、ディ・グラッシの動きに怒るが、まぁ自分の責任だしなぁ。

普段は周回遅れにされるシーンばかりの下位チームのドライバーここぞとばかり頑張る?
ようやく、ディ・グラッシをクリア、今度はツルーリ。
諦念の老人を次のラップのヌーベルシケインであっさりさくっとパス。
あと2台。今度はグロック。またトンネル出口~シケイン突入で‥‥とは行かず、次のラップに持ち越し。次のラップでパス。
次、ようやくラス1のコバライネン。2ラップでパス。
アロンソVS3弱6台の戦いがようやく終わった(頑張ったのは、ディ・グラッシだけだったが)。
これからはそう簡単にはいかないぞ!!

18週目、ハミ、IN!!
戻ったハミ、あれ?アロンソの前だ。
これって、アロンソ十分ポイント圏内?
まぁ、10周早い分、ラストでタイヤが厳しいかもだが、ココはモナコ、モンテカルロ。そう簡単には抜けないだろうし。
ヒュルケンサマサマだな。(゚Д゚)ウマー。

マッサIN!!
バリ、MSがIN
マッサ、黄線踏んだぞ。何かあるか?
バリをMSがピットで抜く。

アロンソがMSの前だなぁ‥‥。
この後、どうなるんだろうな?

セブが先にIN!!
3.9秒だ!!速いぞ!!

DLRピットアウトできない!!
ザウバーますます悪循環。

ウェバーIN!!
あ~、デラロサ結局ピットから出られずに、ブレーキが死んでしまった。
グロックがくねくね走行。

カムイ渋滞発生中。
その間にまだピットに入っていないニコがペースアップでジャンプアップを狙う!!
あ~カムイ、あっけなく抜かれていた。
あ~、カムイ止まっていた。
ディ・グラッシも止まった。

ニコ、IN
頑張ったのにMSの後ろに戻ってしまった、意味無し。
カムイ砲は不発に終わってしまった。
イエローも何も出てないので、マシントラブルだろうが‥‥出てこない。
無視されてる?

おわ~バリチェロ、大クラッシュ!!
コースの真ん中でリヤウイングと左フロント、右リヤタイヤを失って進行方向と逆を向いてストップ。残っている左リヤタイヤに問題があった模様。ボー・リバージュで体勢を崩してガードレールへ。
それにしても、ウイリアムズ、金の飛ぶモナコになったなぁ。

さくっと片付けてS.C.アウト。

バリチェロ、ステアリングをコースに捨てたが、それを誰かが踏んでしまった。
マシンじゃなくてドライバーとか客だったらどうするつもりなのか?
これは罰金いや出走停止モノだ。

44周目、3度目のS.C.!!
マンホール蓋が開いた?
あら~、これは珍しい。
もう1度仕切りなおし。

2ラップで戻る。

チャンドックとツルーリもつれてクラッシュ。ちょっと火が出ている。
危うくツルーリに首をはねられそうになったチャンドック、危なかった。

やっぱり危険と判断されて、S.C.IN。
残り3周、これは片付かないだろう。
終了。

‥‥と、その前にペトロフリタイア。
あ~あ、あほなクラッシュしたなぁ‥‥。

ウェバー優勝。
以下、セブ
クビサ
マッサ
ハミ
アロンソ
MS
ニコ
スーティル
リウッツィ

今回はS.C.多かったなぁ~。
その中でアロンソの18台抜きは出色、作戦+運の勝ちだな~。

‥‥って、一応、S.C.戻るらしいぞ。
300mの超スプリント、最後の争いをやるみたいだが、何も無いだろう。

あったら問題だな‥‥と思ったら、川井ちゃん絶叫!!
なんと、MSがアロンソを抜いてしまった!!!!!!!
ちゃんとS.C.ラインを超えて抜いている!!!

‥‥というわけで、順位の際おさらい。

ウェバー優勝。
以下、2位、セブ
3位、クビサ
4位、マッサ
5位、ハミ
6位、MS
7位、アロンソ
8位、ニコ
9位、スーティル
10位、リウッツィ

アロンソ、間抜けだな~。
最後の最後にスミがついた‥‥と、思いきやMS、とアロンソの最後のやりあいに審議が入るらしい。どうなるかはまだ解らない。
まだ決着はつかないみたいだが、こっちは重要な仕事があるのでここらでおしまい!!

追記
MSに20秒加算のペナルティ。
川井ちゃんもメルセデスも(ついでに俺も)レギュレーションを勘違いしていたと言うことか。まぁ、だったら最後まで先導すればいいのにね。

鈴鹿予約‥‥完了?

本日はミンゴスの誕生日ともう一つ重要な「F1日本GPチケット発売日(一般発売)」。
ローチケの先行は始まっているが、「まぁ、鈴鹿直販が良いよねっ」てことで、今日まで購入を延ばしてきた‥‥のだが、昨晩は相方と酒盛りをしていて、すっかり寝過ごした~。起きたら昼過ぎっ!!

「やばっ」と思いつつ、とっとと鈴鹿サイトに行ってみた‥‥あ、売り切れてる‥‥orz‥‥(今年はQ2席希望)。

‥‥仕方ないのでローチケに行ってみた。
‥‥あるじゃん。
‥‥というわけで購入~。

最初からローチケで買っておけば良かったのかなぁ‥‥。
何にせよ、今年も鈴鹿行きますよ~。

2010年5月15日

F1GP 2010 Rd.6 モナコ予選■混戦も差がありすぎて

P3でクラッシュ。マシンを大きく壊してしまったアロンソ。
かなり大きなダメージでおそらく駆動系は全とっかえだろう。
これで決勝スタート位置は5グリッドダウン。
さらにセットアップを進めたマシンを失い、予選も苦しくなる。
好調だっただけに、もったいない話だ。

モナコだが、久々に24台のマシンが大混乱の中、狭い町並みを抜けていく。

今期ずっとポールを守り続けたRBRの2台だが、このレースではまだ一度もセッショントップに立っていない。

クビサか、マッサか、はたまた苦境を乗り越えアロンソか?
RBRをとめるのは誰だ?

!!なんと、アロンソ、事故の影響で予選に出走せず。
確かにレーシングスーツは着ていないが…。
Tカーって無いのか?
この狭いモナコでピットスタート…これで、優勝戦線離脱だな。
少しでもポイントを取れたら御の字だろう。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■Q1
P3トップのクビサがまずはターゲットタイムをセット。
この後数ラップ続けてタイムを出してくる模様。
アタック2周目のクビサ、思いっきり渋滞に引っかかる。

コースは23台フル出走中。
各所で渋滞が発生している模様。
いらつくクビサ。

上位はマッサ、ハミ
モニターをブーたれた顔で見つめるアロンソ、さぞ悔しいだろうが、後の祭り。
20位に低迷していたニコ、トップに出る。
クビサ、マッサ次々とタイムを塗り替えていく。
スロー周回のMS後続車に右往左往。

!!現在、KOVがKOBの前だ!!コバすごいぞ!!

ココでウェバーが2番手にアップ。
14秒台に入れているマッサ達上位陣はこれで十分なのでは?
無理に入ってマシンを壊すリスクをあげないようにしたほうがよい。

カムイ、ようやくまともなタイムを出してKOVを上回る。
他車とはタイミングをずらしてアタックのアルグエル、12番手にいれ、脱落ゾーン脱出。
まぁ、Q1脱落は3弱+アロンソで決定でしょ。

ドナドナされていく子牛のような瞳で見つめているアロンソ。
これはむなしい。

残り3分をきったところでイエローだが、すぐに解消。
もう、アタックする必要も無いでしょ。
コバ、サンデボテで攻めすぎのためスピン。
コバ、今度はミラボーでスピン!!

各車一応アタックしているが…ということで、心配された渋滞は何の波乱ももたらさずQ1終了~。
3弱と他チームでは、まだ差が大きすぎる。

18 コバ
19 ツルーリ

20 グロック
21 ディ・グラッシ

22 ブルーノ
23 チャンドック

24 アロンソ(出走せず)


■Q2
さて、Q2。
上位陣を食うのは誰だ?
ぞろぞろとコースインする17台。
他車はソフトで走る中、クビサのみプライムで14秒台!!
これはポール候補だ。

おっニコトップ!!
残り4分、ニコ以外の16台がコースイン!!
またも混戦。

あら~ペトロフ、クラッシュ!!
撤収の早いモナコ、あっという間にマシンを撤去。
すごい。さすがだ。

残り1分きった。
チェッカー、10位以下でまだアタックしているのはブエミ、スーティルぐらいか。


11 ヒュルケン
12 スーティル
13 ブエミ
14 ペトロフ
15 デ・ラ・ロサ
16 カムイ
17 アルグエル


■Q3
ポールは誰だ。
クビサのみソフトを2本残している。
いきなり14秒台!!
次のラップでさらに刻む!!
RBRの行進を断ち切るのはクビサか?クビサなのか?
あのルノーの!!

ハミ、2番手!!
クビサがまたも刻みつつラップ。
MS3番手!!

ここで、ウェバーがトップ!!
クビサは2番手どまり。

あ~、ウェバー13秒台に入れてきた。
あ~あ。
またか。

1 ウェバー
2 クビサ
3 ヴェッテル
4 マッサ
5 ハミ
6 ニコ
7 MS
8 バトン
9 リウッツィ
10 バリ

まぁ、スタート時点でQ1敗退メンバーが決まっていたから、それほど大きな混乱も波乱もなかったなぁ~。
さらに、RBRの牙城も突き崩せずで。
ちょっと残念な結果だなぁ‥‥。

明日は、アロンソに注目だね。

2010年5月13日

F1GP 2010 Rd.6 モナコP1、2■アロンソ、最速。

いよいよ始まりました、クロマグロ禁漁区(嘘)モナコGP。

P1、P2ともにアロンソがトップタイム。
まぁ、土曜日にはレッドブルの2台が来るんだろうなぁ。

包囲網を作るにしても、フロントロウから逃げられてはどうしようもないし。
勝ち目のないドライバーを使ってピットタイミングをずらして、押さえ込むとか‥‥。
それぐらい差があるよなぁ。

2010年5月12日

FOTA LOVES BS

チームはブリヂストンを待っている。

ミシュラン、エイボン、ピレリそれにクムホが名乗りを上げる来期のF1タイヤサプライヤーだが、F1 TEAMS ASSOCIATION(FOTA)は、BSの説得を続けているとのこと。

BS側は未だ態度を変えていないが、チーム側の信頼や希望は安川ひろしモータースポーツ推進室長より日本の取締役会に伝えられているらしい。

ん~、残って欲しいなぁ~。
カムイ以外唯一の大きな接点だもんなぁ~。
BSが抜けたら鈴鹿のGPスクエアは一体どうなっちゃうんだ?
頼むよう~。

2010年5月 9日

F1GP 2010 Rd.5 スペイン決勝■ポール有利のカタロニア、結果は?

ハイ、スペインGP決勝ですよ~。

ミンゴスイベント終わりで速攻帰宅してぴったり間に合った~。

予選ではRBRの2台が圧倒的な速さを見せた「ベンチマークサーキット」カタロニアで決勝を制するのはやはりあの2台か?

2列、3列目にぞろっと並んだチャンピオンズ、マクラーレンとフェラーリとメルセデスは巻き返せるのか?
フェラーリのサイトではあきらめムード。
もう、来年に向けて気持ちを切り替えたほういいのか?

だがしかし!!これだけ強いレッドブルなのに、今期4戦していまだ1勝。
ランキングは5位と8位、コンストラクターは3位で、ランキングトップはバトンとマクラーレンだったりする(まぁ、1戦でひっくり返る僅差だが)。
故障せず、安定したドライバーが乗っていたら4連勝でもおかしくなかったかも。
つけ入る隙はその2点ぐらいか?

まずは、1コーナーまでに何かが起きることを期待しよう!!
もし、逃げてしまったら、そのまま行っちゃうかも~。

心配された雨は無さそう、ただ風は強いとのこと。

ロータスのコバがピットスタートっぽい。
トラブルか?まぁ、大勢に影響は無いが、全車スタートならず。あ~あ。

5列目10番手のカムイ、ポイント圏内スタートは今期2回目、何とか初ポイントを狙って欲しい。

各車、無事にフォーメーションラップを終え、ヨーロッパラウンド開幕戦、スペインGPの幕が切って落とされた!!

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート!!
1コーナーへ向けて、各車猛然と飛び込む!
ウェバーとセブの激しい争い!!そこにハミも絡んでいこうとする。

でも上位は順位変わらず。カムイは順位を落としたみたいだ。
カムイは16番手までドロップダウン。デ・ラ・ロサはパンク。
ザウバーは悲惨だなぁ~。
調子が出ないニコも3つダウン。
対照的にマッサが2つ、エイドリアンが3つ順位アップを果たした。
ジャンプアップしたのはアルグエル6つにバリが5つ。チャンドックも5つあげた。
ブルーノ無念のコースアウトで壁に。

む~、このまま行くのか?
飯食おうかなぁ~。

ウェバー>>セブ>ハミ>>>アロンソ>バトン>>>MSな感じ(>は見た感じのギャップ)。
RBRに食い下がっているのはハミだけか。

ウェバーが徐々にセブを引き離す展開。
‥‥暇だ。

あ、MSとマッサ、ピットイン!!
ニコもIN早めのタイヤ交換‥‥。あ、ニコはタイヤが止まってなかった。
ギリギリで戻したが、歯車がかみ合ってない。

そろそろ各車がピットへ飛び込む。
セブ、アロンソ、バトンがいっせいにピットに飛び込んだ!!
MSがバトンをかわす!!今期初めて見せ場を作った!!
しかし、バトンのほうが速く追い回される状況。

1周遅くウェバーとハミがIN
圧倒的なマージンを作ってトップで戻る!!
ハミがセブをピットアウトでかわした!!
前方にディ・グラッシがいて抜きにくい状況だったが、セブが突っ込みすぎた分、コーナーを回りきれず、結果、ハミの後ろにつかざるを得ない状態になってしまった。ハミある意味幸運。

バトン、MSを追い回す。
が、なかなか抜けない今のマシン。
その後ろで漁夫の利を狙うマッサ。

ブエミにペナルティ。
JB未だMSをかわせず。
MS蛇行が使えないので、厳しいぞ!!

マッサ、周回遅れのチャンドックに当たってしまって、フロントウイングを小破。

「抜かさせない」MS自動車学校開講中。
MSバトンのプレシャーが減ってタイムアップ。

だが、ウェバーはファステストをたたき出しながら、一人旅中。
川井ちゃんがいきなりラップを始めたぞ。ををををををを‥‥
今回は音声が悪いなぁ‥‥。

チャンドック、ブエミにぶつかる。
まさに走るシケイン。
大事故が起こる前に対策を講じたほうがいいのでは?
モナコが心配だ。
あ、止まってる。

レース半分経過~。

ニコINオプション。
いかん、眠りかけた。
実は2時間半しか寝てなかったり‥‥。

50周目
ウェバークルーズモード。
ウェバーの勝ちレースは圧勝が多いな~。

あのデブリ除去のためにS.C.入らね~かな~。
ライン上じゃないから無理だろうけど。
カラスか何かが運んだりしないかな~。

セブ、コースアウト、あら~。
トラブル発生?ピットイン。
ピットレーンでもカクカクなっている。
緊急タイヤ交換で4位にドロップダウン。

アロンソはタイヤ交換しなくて良かったね~。
スペイン人大喜び。
セブ、必死に追うもアロンソもスパートをかけてやる気をくじく。

セブ、このままではブレーキが死んでしまうとのことだ。
ウェバー車から何かが脱落。
RBRの弱点は、やっぱりマシントラブルか。

残り5周。
もう何もおきないだろう。

セブ、これはだめか?
ほとんどブレーキを使わないエンジンブレーキだけの走行。
後ろは?
残り4周。
逃げ切れるか?
21秒差。

何はともあれ残り3周。
ゆっくり、ゆっくり。うん、たんだ!!

ハミ、クラッシュ!!!!
スペイン人、大歓声!!
いきなりホイールが吹き飛んで、操縦不能になりタイヤウォールに。
大事故にならなくて良かったが。

アロンソ、無手勝流。

ウェバー圧勝でチェッカー。
2位、周りが消えて気づけば、アロンソ。
3位は何とか持ちこたえて走りきったセブ。
4位はバトンの追撃を振り切って復帰後最上位のMS。
5位、抜けずバトン、6位地味だったマッサ、7位スーティル
8位クビサ、9位バリチェロ、10位に地元アルグエルスアリが入ってポイント獲得。
スペイン勢2人入賞。

カムイは今季初完走で12位。

ランキングは、バトン、アロンソ、セブ、ウェバーの順で、70ポイントのバトンから63ポイントのウェバーまでわずか7ポイント差。混戦は続きそうだ。

このトロフィー刺さりそうだな~。
次は木曜からのモナコGP、間髪入れずって感じだな。
今までとまるっきりコース特性が違うが、チーム序列にどんな変化が出るか?

アルグエル?メインスタンドにヘルメットを投げ込んだ!!<ウェバーだった。

2010年5月 8日

F1GP 2010 Rd.5 スペイン予選■ヨーロッパラウンド開幕、変わったか?

Rd.5 スペイン。春の遠征からヨーロッパに帰って、シーズンもいよいよ本格稼動!

メルセデスがびっくりな一角獣デザインを持ち込んだが‥‥あんまりかっこよくない。MSの角。
変形しないのか?ただ、この角がMSに合っていたのか(うそ、ロングホイールベース化によるアンダー>オーバーステア系マシンへの衣替えがしっくり来た)、フリー走行1~3すべてでニコを上回ってしまった。ニコ、頑張らんか~。

P3では、路面に染み出た水に乗って不幸なペトロフとカムイがコースアウト。
ペトロフはタイヤウォールに接触してマシンを大きく壊してしまい、ギアボックス交換で5グリッドダウンと踏んだりけったり。
カムイは何とか最後の数分だけアタックでき、12番手に食い込んで見せた。予選でも良いところを見せて欲しい。

で、フリー走行ではレッドブルの2台が圧倒的に速く、他車を1秒引き離している。
RBRが5戦連続ポールを獲る可能性はきわめて高い。セブか?ウェバーか?そこが争点だろう。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■Q1
まずは、コバ&ツルーリのロータス勢が先陣を切って登場~。
続いてフェラーリ勢。地元アロンソの登場に沸くスタンド。

あ、アロンソのメットにバーコードが。マシンからは外したのだが。
へ~フェラーリのFダクトって、左手の甲操作で片手離しなんだ。
ギアチェンジのときはハンドル握らないのか。危ないなぁ~。
マクラーレンは膝なのだが。

あ、ハミ弟だ。さっき歩いていたなぁ。もう車椅子は要らないみたいだ。

残り7分を切って、そろそろ本番アタック。

ロータス・コバが25秒台に入った(ソフトだがね)。
徐々に普通のチームに近づきつつある。
スチュワーデスになるのはブランソンみたいだな(笑い)。

おお~、RBR1-2。速いなぁ~。

デ・ラ・ロサ、ソフト投入で6番手に飛び込んだ。
対照的に何故かハード側のバリ、タイムアップできず、Q1脱落(笑い)。
ソフト温存して脱落。チームが間抜けだ。
囲み取材で大勢のレポーターに囲まれるバリ。

18 バリ
19 ツルーリ
20 コバ
21 グロック(ただし5グリッド降格)
22 ディ・グラッシ(ただし5グリッド降格)
23 チャンドック
24 ブルーノ


■Q2
リウッツイが先陣を切る。
RBRは余裕のプライムタイヤ。アルグエルもプライム。
アロンソ、ハミはオプションタイヤ。

RBR速すぎる。他チームは太刀打ちできないぞ。これは。
ニコ、イマイチ調子が出ない。
自分好みのマシンを手に入れたMSが3番手に入れてきたのに対して、9番手。
厳しいな。

カムイは現在13番手。
Q3進出なるか?

4分を切って、ラストアタック開始!!

RBRはソフト投入。
何秒ぐらいに入れてくるか?
1分20秒772、ウェバー1分20秒655。
4番手に入れてきたアロンソとは1秒近い差だ。

カムイキター!!
8番手に食い込んでスーティルを蹴落とした!!
P3の不運にもめげず、ついに自力でQ3進出!!
川井ちゃんも思わず「えっ!?」のバンザイラップ。
やるじゃん!!


11 スーティル
12 デ・ラ・ロサ
13 ヒュルケンベルグ
14 ペトロフ(ただし、5グリッドダウン)
15 ブエミ
16 アルグエルスアリ
17 リウッツィ


■Q3
さあ、ラストのQ3。
やっぱりRBRの2台がフロントロウ独占は見えていると思うが、MSとカムイの位置がどうなるかそこが見所かな~。

にやけるカムイ。

クビサからアタック開始!!

おっと!アロンソ危ない。
ピットロードでニコと衝突しそうになる。
ペナってもチーム側でしょ。

あ、またフェラーリの車載カメラ元に戻ってる。
Fダクト操作が丸見え。

楽々マクラーレンに1秒差をつけて、セブがトップ。
それをさらにウェバーが上回る。

残り5分。

残り4分。カムイが1度きりのアタックのためにコースに出ていく。
1周のインラップを走りきって、カムイ完全クリアアタック。
どれぐらいの位置に食い込むか?
ぎりぎり21秒台に入れて7番手に食い込んだ。

セブ、渾身のアタック!!
アロンソも好タイムでセクター1をクリア。
ココでチェッカー、トップタイム。
アロンソ番手に食い込む。
ウェバーが19秒台にいれ、トップ、ポール確定。
ハミ、3番手。
バトン5番手。
MSが6番手。

結局カムイは10番手だが、よく戦ったのではなかろうか。

1 ウェバー
2 セブ
3 ハミ
4 アロンソ
5 バトン
6 MS
7 クビサ
8 ニコ
9 マッサ
10 カムイ


RBR圧倒的だ。
こうなったらハミとアロンソがダブルジャンプスタートで精神的に脆いRBRの二人を撹乱するぐらいしか対応策は無いんじゃないだろうか。
あと、雨か。

ニコ、マシンに合ってないのかなぁ~。

2010年5月 3日

琢磨と武藤がゴッツンコ‥‥

あら~、やってしまいました。

よりによって2人しかいない日本人同士で‥‥。
しかも、ともに今期ベストの成績が狙える状況で‥‥。


5分5秒あたり。

ん~。
避けにくい不可抗力的な事故だったとはいえ、もったいないにゃ~。

2010年4月30日

ヱヴァマシン

エヴァンゲリオン・レーシング見参! ピット内はエヴァ一色

‥‥きっと、ドライバーが意識を失ったら、勝手に走り出したり、ボンネットが『バキョッ!!』て開いて前の車をむしゃむしゃ捕食して「うぉぉぉぉぉぉん」って雄叫び上げたりするんだろうなぁ~。

レースクイーンもそれっぽい服になるらしいが‥‥プラグスーツなのか、ネルフ制服なのか‥‥中学の制服?
むう‥‥。

2010年4月18日

F1GP 2010 Rd.4中国 決勝■空模様を読み切ったのは誰?

早くもRd.4 中国GP決勝

上海は雨っぽいな。
路面はちょい濡れ?
傘はちらほら。

‥‥エンジニアが空を見上げている。
雨男たちはwktkか?

上海、さすがに新しいサーキットだけあって、上層部のホスピタリティはいいなぁ。

川井ちゃん曰く、みんなドライっぽい。
ギャンブルを打ってくるチームはないのか?

チャンドックはピットスタート。
雨が強くなってくる気配のまま、全員ドライ?
いや、グロックがインターミディエイトを選択!!
吉と出るか?今日と出るか?

あら、そのグロックが走り出せず、ピットへ‥‥。
ん?インターミディでのドライ周回を減らすには良いかも。

雨が徐々に強くなりはじめている。
これは混乱のレースになりそうだ。

マクラーレンもフェラーリもピット準備だ!!
‥‥とりあえず、グリッドに戻ってきた車団。

フロントロウはRBRの2台。
どんな結末が待ち受けるのか?

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■決勝スタート!!
!!
アロンソがロケットスタート!!
ウェバー、セブの順。

あ~~~~~!!!
カムイ、またもクラッシュ!!
ブエミ、リウッツィの3台が絡む多重クラッシュ!!
これはSCはいれうぅ~?
やっぱり入った!!

リウッツィがスピンして飛んできて、ブエミに当たって避け切れなかったカムイが追突した模様。

エイドリアンと、バリがピットへ

アロンソ好スタートじゃなくて、ジャンプスタートだった(バトン談)。狙いすぎ?
ペナルティは、あ、チャーリー・ホワイティングも気づいているので確実だ。
いつ出るのか?

S.C.中にアロンソ、ウェバーがピットへ。
セブも続くが、後回しなので順位をその分落とした。
これでウェバー断然有利になったぞ。


ハミ、変なピットの入り方。
ペナルティもらわないか?

ドライステイ組はニコ、バトン、クビサ、ペトロフ‥‥以下略。

S.C.ピットへ戻る。
まだ、コース上はクリアではないのだが。
相変わらず上海のマーシャルは作業がトロイ。
フリー走行でも鈴鹿なら3分とかからないと思われる処理を7分もかけてたし。

川井式によると、すでにウエットが有利。
滑る路面にペトロフが耐えられず、ドロップダウン。

?MSもう1度ピットへ入りドライタイヤに変更!!
????
もう降らない?

アロンソにペナルティが出た!!もちろんドライブスルー。

ハミVSセブ!!

アロンソ、IN

ハミセブが同時ピットへ!!
今度はプライムドライに!!

危ない!!
タイヤを交錯させながらピットアウト!!
セブ前に!!

上位はニコ、バトン、クビサ。
まだ1度もピットに入っていない。
これはノーピット組有利だ。

ウェバー、アロンソ、マッサ‥‥続々ピットへ!!
まだ7周なのに0ピット~3ピット(<アロンソ)という多彩な顔ぶれ。
ステイして上位で頑張っていたコバに4台の車が一気に襲い掛かって抜いていく‥‥こういうときは危険だなぁ~。

このまま、ニコ初勝利なるか?

デ・ラ・ロサ煙!!でリタイア、またもザウバー無得点。
ギアか?エンジンか?

上位は相変わらず、ニコ、バトン、クビサ‥‥渋い並びだ。
TV「今のところは有利ですね」
いや、みんなドライになってるから「今のところは」の表現はおかしい。
以降ずっと有利だ。

ハミがウェバーをびっくりするほどあっさりかわす。
そして、セブに襲い掛かる。
同じタイミングでバトンがベストタイム!!
この状態はマクラーレンに合ってるのか?

コバ、恐ろしく遅い。
乗ってるほうも恐ろしいだろうなぁ~。

ヨソウガイの7~9位争いをする、エイドリアン、セブ、ハミ。
エイドリアンとセブがやりあううちにハミがうまく2台をパス!!
セブはエイドリアンを抜けず。

ハミ、一気にタイムアップ!!

セブがうまくスーティルをかわしたのを利用してウェバーもセブに続くが、ハミはかなり前に行ってしまった!!

フェラーリ勢は‥‥後方で待機。

MS:雨がまた降ってきたぞぬ。
ピット:微妙な雨は続くみたいだ。

マッサVSバリVSアロンソの11位争い。
フェラーリはどこまで上げてくるか?

ハミがファステストラップを刻みながらMSに襲い掛かる!!
インからアウトからマクラーレンがメルセデスに迫る!!

ハミ、なかなか行けず。
そうこうするうちに後ろにRBRの2台が見えてきた!!
天候はまだまだ乱れるみたいだ。

ハミはワイドに振ってメルセデスに迫るが‥‥。
?コレは、懐かしの妖怪・通せんぼ爺?

‥‥と思っていたが、ココはモナコではないのでハミがインを付いてさくっとかわす!!
MSクロスラインで最後の抵抗を試みたが勝負あり。

その後ろにセブが来た!!

同じような形でマッサが先輩バリチェロをかわした!!

MSセブにあっさりかわされる。
昔の光今いずこ。惨めだなぁ~。

早々に離脱したカムイとDLRが仲良くモニター観戦‥‥とほほ。

MS若い二人には抜かれたが、ウェバーはやらせはせんぞぉ~。と言う感じか?

ニコ、バトンに抜かれた!!
どうした?あ~~~~~~~~ミスってる。
あ~あ、若いなぁ~。

また雨が強くなってきた!!
MS&ウェバーがいち早くピットへ!!
ウェバーピットで手間取った。
アロンソがマッサの前でピットへ!!
いつの間に抜いた?


バトントップでピットへ!!
最初のセブとハミのピットアウトが審議、レース後に両者事情聴取。

またもハミVSセブでピットバトル!!
今度はマクラーレンが前!!

いち早くピットを済ませたウェバーが2台の前に出る!!
アルグエル、ピットでウイングが落ちるが不幸中の幸いでとっとと作業して戻る。

S.C.イン!!
先ほどのアルグエルスアリのパーツ散乱が原因の模様。
これで、バトンが作ってきた差がリセットされてしまった。

DLRのリタイアはエンジントラブルとのこと、フェラーリエンジン、これはどういうことだ?

アロンソがマッサを抜いたのは、ピットインのときに強引にマッサの前にノーズを差し込んだからだった。
いくらピット待ちで時間をかけたくないと言っても、これは禍根の種になりそうだ。

ペトロフが遅くて、なかなかS.C.のキャッチアップができない。
ヒュルケン、ギャンブルでドライタイヤに変更!!

やっと追いついてきた。
隊列ができ、S.C.ようやく戻ることに。
さぁ、大混戦再開!!

ヒュルケン、ギャンブル失敗?
コースアウト!!この天気でドライはかなり厳しいなぁ。

水煙の中ウェバーがコースアウト!!
ハミVSMS激しいバトルだ!!

ハミ、MSをかわす。
もう、止められない老化。

雨が強くなってきて、ヒュルケンはもうらめ~な感じ。
やはり、ピットへ‥‥残念。

エイドリアン、アロンソ、セブ‥‥続々抜かれるMS。
5位から一気に9位まで転落。悲惨だ。
もう過去の栄光に泥を塗るだけかも。

エイドリアンVSアロンソ。
雨男頑張れ!!

そうこうしている間にハミが3位クビサの真後ろに!!
ハミ、異常に速いがインシデントを2つ抱えていて(笑い)なんともだ!!

エイドリアンVSアロンソVSセブ三つ巴の戦いだ!!
‥‥が水煙でよく見えない!!

ハミがクビサを‥‥かわした。
エイドリアンをアロンソがかわす!!

雨と混乱のため、各所でオーバーテイク!!
セブはエイドリアンをあっさりと料理。

今度はMSが再びエイドリアンを食おうと追いかける。

バトンとハミのマクラーレンコンビだけが圧倒的に速い。
ニコも頑張っているが、それでもじわじわと離れていく。

MS、エイドリアンを抜けない。
どこかでこんな展開を見たなぁ‥‥かなり遅いエイドリアンを抜けないMS、老いたなぁ。

ハミがニコに迫ってきた。

マシン差は圧倒的にあるハズなのに、MS、思い切りがない。
MS、まだやってるよ。
へろへろのエイドリアンを抜けないMS。
そんなMSに迫るマッサ。

ニコ、苦しい。ハミに追い立てられる。

テケテケになったタイヤ交換もあるか?
いや、まだ20周も残っているのでリスクはとりたくないだろう。

37周目、バトン逃げを打つ!!
ハミがピタッとついて、マクラーレンがワークスのメルセデスをかわす!!

MSタイヤ交換、インターミディのまま。
先にピットに入ったウェバーに先行を許す。

さぁ、ハミがピットへ!!4回目!!
セブ、クビサ、上位陣がタイヤ交換。

かなり雨が厳しいかも?
画面上の白が多くなってきた。

バトン、IN!!
ニコ、アロンソも同タイミングでIN
あ~~~、ニコの前にハミが出て、マクラーレン1-2体制確立!!

のこりは23/56周。まだまだあるぞ!!
現在の上位陣は
1位 バトン
2位 ハミ
3位 ニコ
4位 アロンソ(<!)
5位 クビサ
6位 セブ
7位 ウェバー
8位 MS
の順

バトンとハミの位置が近づいてきている。
どうするか?仕掛けるか?自重するか?
上位はメルセデスエンジン車3台。

おっとチャンドック!!
HRTが出てくるたびにドキドキするなぁ~。

バトン-ハミの差が一気に縮まる。
審議中のハミを先行させるか?

予選であれだけ速かったセブだが、クビサに仕掛けることすらできない。
むう~。

残り10周!!
チャンドックスピン、こえ~~~。

日本時間17:30。
アジアのレースはそれだけで1日終わってしまうなぁ~。

ポイントリーダーマッサ、ようやくポイント圏内の10位。

頑張っていたアルグエルスアリだが一気に順位を落としていく。
アロンソがニコに迫ってきて、残り9周。

マクラーレン、スピードを落としてクルージング?
だが、ハミ、審議は大丈夫か?
あ、クルージングではなくタイヤが終わったみたいだ。
ハミのタイヤ、つるぺただぞ。

MSコースオフ。悲惨だ。ただの老いたドライバーだ。

残り6周。
ハミ、タイヤがなくなって一気にニコに終われる立場に。
後ろのニコが大きくなってきた!!
ハミ、へろへろ走行。
アロンソはニコとの差が開いてしまった。

MSはルーキーペトロフに追われる状態。

残り5周。
ペトロフにMSがやられた~~~!!
41歳、もう限界?

残り4周。
もう、無風か?

鈍足MS、今度は弟子のマッサに追われる。
そして、やられ‥‥マッサ、コースオフ?
師匠を討つのは心優しきマッサには無理だったか?

RBR、このレース中盤以降は空気だなぁ~。
あ、ウェバーがペトロフに追われている。
ウェバー、つんつるてんのタイヤでハーフスピンを喫して、ペトロフが前に!!
イマイチさんだ。

ついにファイナルラップへ!!
ピンクシャツのパパ&ジェ鹿が画面に登場!!
これで、JBの勝利は安泰か?

マッサ、MS越えを遂に果たす!!
抜かれたMSはコースアウト!!
これは惨めに輪をかける‥‥。

バトン、ハミルトンを従えて、今、チェッカー!!
JB、今期最初の2勝達成!!
カーナンバー1の面目躍如。
やっぱり混戦になるとバトン強いなぁ~。

2番手はハミルトン、久々の1-2。
ニコ、アロンソ、クビサ。
どうしたセブ6番手、7番手はあれこれあったが結果的に生き残ってペトロフ!!

おなじみのJB絶叫。
わずかピット2回での勝利。
うまくまとめたなぁ~。

後はハミルトンの審議次第だな。

以下、イマイチさん組。
8位ウェバー、9位マッサ、10位MS(惨め)。

父ちゃん、喜びのピースサイン。かわいい。
これでバトンがランキング1位にあがってきた!!

ニコがランキング2位で、3位がアロンソ、4位ハミ(同ポイント)、

あれだけ速いRBRが上位にいないのはなんともだが。
RBRに関して書けば、このレースは最初にアロンソに撹乱されて体勢を乱してしまったのが大きいな。
フライングスタートで先行を許さなければ、これだけちぐはぐなレースにはならなかったと思うが‥‥後の祭りだが。

ジェ鹿大映し。パドックに定着したなぁ~。

ハミはタイヤレースになるとバトンには勝てないのか?
ハミは「コバとは違うなぁ‥‥。」と思っているのだろうか?

ニコ、今回もわずか1ポイントのMSに圧倒的差をつけて余裕の表情。

インタビュアーバトンに「ご自宅に戻れるといいですね~」
ニヤッと「しばらくここにいるよ。」
ヨーロッパに飛行機が飛べないのを口実にバトンは日本に来ると見た!!

前に戻る 4567891011121314

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧