2010年7月11日

F1GP 2010 Rd.10 イギリスGP予選■大英帝国の息子達は?

■イギリスGP決勝。

フリー、予選を通して速かったRBRが決勝で強さを見せることが出来るのか?

オプションタイヤはほとんどもたない、上位勢はオプションでちょっと走ってすぐプライムに変える模様。タイヤ交換まできれいに乗り切って、タイミングよく交換できるか?そこが勝敗の鍵を‥‥って、RBRは壊れなきゃ安泰のはずだが‥‥現在のポイントスタンディングはそれを肯定していない‥‥。

2列目からアロンソとハミ、こちらの因縁の争いも気になるところだ。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート!!
セブとウェバーが激しく争って、ウェバーが前を押さえた!!
セブ、コースアウト!!大きく順位を落とした!!
アロンソも順位を落としている。これはアウト側のマシン、損をしたか?

クビサ、バトン、カムイがジャンプアップ!!

マッサとセブがタイヤをパンクさせてピットに戻ってきた!!

ん~、早々にRBR1-2体制は崩れてしまった。

ジャンプアップしたカムイ、早くもポイント圏内を走行中。

10周経過、ウェバー独走中。
MS先陣を切ってピットへ、それを合図に各車続々とピットイン。

アロンソ、バリ、カムイがピットへ
カムイ!ピットでMSをかわした!!

1周で順位が2つ前だったMSより前。
このタイミングではピットはあと入りのほうがイイのかも。
MS、昔は超人的なIN/OUTラップを誇っていたのにねぇ。

このタイミングでニコがファステスト、バトンもペースアップ中。
セブ、ここで周回遅れ?‥‥にはならなかった。

ニコIN。アロンソとの位置関係は?クビサの前っぽい。
やっぱり後入りが良い。

ハミIN。バトン(ノーピット)の前で戻る。

アロンソ、クビサをかわすが、これはアカンだろう。
行かせてないのか?
これは、ペナルティでるぞ!!

ウェバーピットへ、悠々トップで戻る。
クビサ、スローダウン。
相手のいなくなったアロンソだが、審議はどうなる?
ルールを考えると、基本、クビサのリタイア云々は関係ないが。

‥‥まだ、バトンは入ってないなぁ~。入った。
ポイントは取れそうだ。6番手。

DLRとエイドリアン当たった。
DLRのリアウイングが壊れた!!

アロンソ審議中。
アロンソペナルティ!!
身勝手な考えを無線で披露したが、無意味!!
チームは怒鳴ってでも戻すべきだった。
フェラーリ、あほだなぁ。

ヒュルケン、ピットへ。
S.C.IN!!
DLRの破片回収のため。

アロンソは‥‥とっととピットに入ってた方がよかったのに。
S.C.でマシンが詰まって、その直後にドライブスルーをしないといけないわけだから、これで順位を大幅に落とすことが確定。大不運。前回のハミとは真反対の結果だなぁ~。

S.C.がウェバーの頭についた。
S.C.アウト!!
上位に大きな変化はなく、アロンソはピットへ。
これで大きく順位を落とす。今回は誰にも文句は言えないだろうなぁ。
これで、アロンソ16位。

おおマンセル。

カムイ、現在6位。がんばってるなぁ~。
ペト、ヒュル、アルグで3ワイド!!

MS、エイドリアンにヒットしてフロントウイングを壊す。
MSよ、もう昔みたいに、みんなが道を譲ってくれるわけではないよ。

アロンソVSブエミの激しい15位争い!!
今日の光の具合だと、トロロッソの金ノーズが黄色に見える。

アロンソむかついて、ピットに「話しかけるな」。
そろそろ不協和音‥‥マクラーレンのときもこれが原因なんじゃないの?
何でも聞いてくれるルノーとだけしかうまくいかないのか?
せめて1ポイントでもとりたいところだが。さて。

バトン、表彰台に立てるか?ニコを追い立てる。

我を忘れた人その1、セブは11位。前を必死に追う。

カムイ、ベストラップでも7位。マシンを考えると上出来だ。

我を忘れたヒトその2、アロンソも猛追中。
リウッツィをかわすものの姿勢を乱して、追い越された。

セブ、ペトロフをかわしてようやくポイント圏内に。
返す刀で、ヒュルをかわして9位。
次のターゲットはMS。どこまで上げてくるか?

マッサ、ピットへ。ハーフスピンを喫してタイヤをいためた。

MS対セブ!!セブが圧倒。きれいに追い抜く。これで8番手。

ペトロフピットへ。アロンソ、地味に順位アップ。13番手。

残り10周。ピットにミスタービーンだ!!

5バリ、6カムイ、7エイドリアン、8セブの順。
セブがすごい勢いだ。
エイドリアン、耐えろ!!

空撮。
うわ~。
レッドブル、コースを縦横無尽、自由自在だなぁ。

カムイ、えらいな~。上のチームに行って欲しいのう。

アルグエル、止まった。コースアウト。
メット見て、一瞬ウェバーかと思った。

アロンソ、いまだリウッツィを抜けず。草地帯を爆走!!

残り5周。エイドリアン、うまい!!セブ、そろそろ仕掛けるか?

初めて、サコンヌの話題が出た。現在、チャンドックの3秒後ろ。

アロンソ、大きく遅れた。コースオフでもしたか?

残り3周。
上位陣順位に変動なし。

アロンソピットへ、これは戦意喪失か?
あ、リウッツィを抜いたときにヒットしたのね。
負のスパイラルに入りっぱなし。

セブ、ちょっとグラベルにタイヤを落として、ドイツ人行列の差が縮まった。

いよいよファイナルラップ!!
カムイ、6位入賞なるか!?

セブ、エイドリアンを当てて抜く。
7位以降のドイツ人争いが熱い。

アロンソ、ファステスト、去年の「キミのエンジン無駄使い」を再現。
やっぱりフェラーリは間抜けだね。

ウェバー優勝、あ~あ。
2位はハミ、3位ニコ、バトンは挽回の4位。
5位にバリ、カムイ今度は6位入賞!!やるな~~~~~!!

7位セブ、8位エイドリアン、9位MS、10位ヒュル。
フェラーリはアロンソ14位、マッサ15位と悲惨の極地。
キミの方が良かったのにねぇ~。

マクラーレンは20個の新パーツのうち5個しか使えなかったが、次戦以降ちゃんと調整してきてほしいなぁ。

あ、スターリング・モス。足治ったみたいね~。
ニューウェイとホーナー、いまいち嬉しそうでない。

盛り上がる観客。やっぱりイギリスGPはシルバーストンだね。
日本GPも盛り上がりたいなぁ~。
カムイの今の調子を見てるとなんか良さげだね。

2010年7月10日

F1GP 2010 Rd.10 イギリスGP予選■想定外の大差

早くも’10シーズンも残り半分を切った!!

で、今レースからHRTに乗るサコンヌ。
よりによってブルーノのシートを奪うことになるとは‥‥。
コレスの嘘つき野郎め‥‥orz‥‥。
とりあえずコサンヌにはブルーノの分までがんばってもらうとして、ブルーノの今後は‥‥どうなるんだろうなぁ‥‥HRTみたいなしょぼいチームで走っていても評価されないだろうから、どこかの3rdに潜り込むしかないだろうなぁ‥‥。

サーキットは新レイアウトになったシルバーストン。
「インフィールドセクション」とか言うと総じて低速な感じだが、それほど遅いレイアウトではなさそうだな。

あ、ロン・デニス。久々だな~。
あ、ハミ父もいる‥‥。

フリー走行ではRBRが圧倒的に強そうで、それに続くのが、フェラーリといったところ。マクラーレンはブロウンディフューザーに苦労しているっぽい。
メルセデスは相変わらず、ぱっとせず。さて、どんな順位に落ち着くのだろう?

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■Q1
むう、なかなかマシンが出てこにゃいにゃ~。
3分経過したところで、一気に出て行った。

サコンヌ、マッサを妨害してしまった。
それにしても跳ねるなぁ。バンプがきつい。
サコンヌは良いタイムを出せずに最下位でQ1脱落。

18 アルグエル
19 コバ
20 グロック
21 ツルーリ
22 ディ・グラッシ
23 チャンドック
24 サコンヌ

MS15位だってさ~。悲惨だねぇ。

■Q2
アロンソがアタック。
フェラーリの背中、バーコードがなくなってなんか寂しくなったなぁ~。
♨温泉マーク(サンタンデールね)がやたら目立つ。

オプションで一発勝負をかけるハミ。だが、31秒台どまり。

セブはプライムで30秒台をたたき出す。
はえ~~~~。

森脇さん「デ・ラ・ロサ8番手ですよ(強調)」

ペトロフ、ピットロードで低速走行。
現在17番手、これは厳しいか。

今度はセブもオプションでアタック。
RBR滑らかだなぁ~。
ウェバー30秒114。これは速い。

ディフェンディングチャンピオン・バトン、大苦戦
残りタイムがなくなってきた。これがラストアタックか?
バトン、Q2落ち決定。がっかりの英国観客。

デ・ラ・ロサ、Q3に残った。

11 スーティル
12 カムイ
13 ヒュルケンベルグ
14 バトン
15 リウッツィ
16 ブエミ
17 ペトロフ

MS意表をついて5番手。

■Q3
ウェバー最初のアタックで29秒台!!これは速い!!
セブ、さらに速い!!
RBRだけが速すぎる状況。

MS、クビサ、DLRはまだピットの中。

残り1分。
アロンソ、前のMSに文句たれるが、離れすぎてるだろ。
まぁ、大勢に影響はないだろうが。。

ウェバー更新出来ず。
セブ、さらにタイムアップで文句なしのポール決定!!!!!

MS、10番手で、Q3最下位。


1 セブ
2 ウェバー
3 アロンソ
4 ハミ
5 ニコ
6 クビサ
7 マッサ
8 バリ
9 デ・ラ・ロサ
10 MS

の順。

セブとアロンソはなんと0.8秒差。
決勝は何もなければRBR勢の争いになるだろう。
圧倒的差がある。

セブの車載、べた踏みフルスロットル時間のなんと長いことか‥‥。
にこやかなセブ、不満げなウェバー、深刻な顔のアロンソ

それにしても、新しいインタビューブース、なんか落ち着かないなぁ~

2010年6月27日

F1GP 2010 Rd.9 ヨーロッパGP決勝■波瀾万丈、カムイ激戦

今回はフリー走行も予選もほとんど見ずに迎えた決勝ということで事前情報が少ない。
フロントロウはRBRの2台。

ヨーロッパラウンド再開にあわせてアップデートを加えたRBRとフェラーリだが、マクラーレンはなし。この差が決勝レースにどんな影響を及ぼすのか?

4強の一角といわれたメルセデスは下位に沈み、見るも無残な2台Q2ノックアウト。
その代わりに浮上してきたのが、ルノーとウイリアムズという歴史のあるチーム。
この5チームで上位10位までを占めた。

さてさて、「つまらん、つまらん」といわれ続けているバレンシア。やっぱり今年もつまらないのだろうか?何か波乱は起こるのか?
いよいよフォーメーションラップスタート!!

今回はピットスタートなし。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

あ!ウェバーが大失敗!!どこに行ったかわからない。
セブとハミ、当たった!!ハミのフロントウイングが壊れたか?

セブ、ハミ、アロンソ、マッサの順。
ウェバーは9位までドロップダウン!!

ツルーリ、いきなりフロントウイングを壊して、ピットへ!!
ペトロフも大きく順位を落としている模様。
ツルーリ、早くもリタイア。

プールで観戦するスペイン美女の皆さん。優雅だにゃ~。
あ、ツルーリ、まだ走ってた。テケテケだけど。

ウェバー早くもピットイン!!
どうした?
タイヤ交換失敗!!7秒かかってしまい、かなり後方に下がる。

低迷していたニコもピットへ。
うわっ!!!!!!!!ウェバー、大クラッシュ!!!!!
ロータスに追突して、空を舞ったがドライバーは無事。

S.C.IN!!
うまいタイミングで入ったのはクビサとバトン!!
上位はピットに入れず。

ウェバー何をやってたんだろうねぇ?
いや~~~、死ななくてよかった。ほんとにそれぐらい大きなトラブルだった。

セブ、ハミIN
フェラーリ、アロンソIN

MSCは入らず、3位に。

ようやくS.C.が上位の頭を押さえる。
MS、微妙なタイミングでピットへ。
ピットロード出口で赤信号に遭遇。これは大損だ。隊列の最後尾に。

バトンはうまい事やって、フェラーリの前方にちゃっかり。
というか、フェラーリが大損こいた。アロンソは10位、マッサにいたっては17位までポジションダウン。


クラッシュ位置からマシンが止まるまでの距離がかなり長かったので、デブリがかなり広範にわたって散乱している。しばらく時間がかかりそうだ。

MS再度タイヤ交換。オプションタイヤを捨てる。

14周目で、S.C.アウト!!
レース再開!!
あっ、セブ、ハーフスピン!!も事なきを得た。

カムイ現在3番手!!だが、まだノーピットでいつか入らなければならない。
スタート位置を考えると、ギャンブル打つしかないよな。

他車はピットイン義務を果たしているので、この狭いコースでドッグファイトをやって順位を上げるしかないのだが‥‥今のドライバーにそれができるのか?

マシン差があってもこれは抜けないな~。

ハミルトンにインシデント。
さて、何やったのだろうか?

‥‥それにしても、抜けないし、仕掛けないレースだなぁ。
こんなの見に行ってもつまらんだろうが。

ハミにドライブスルーペナルティ!!
S.C.を抜いた!!微妙なタイミングだがアウトだなぁ。
それにしても、ハミはこういうのが多いなぁ‥‥。
とりあえず、猶予の3周のうちに猛アタック。

あ~あ、コースにビンが落ちてるぞ。
なんだこりゃ。

ハミ、IN。カムイの前、2位で戻った。ペナまるで意味なし。
「カムイがそこいた」というのが大きなポイントになってしまったなぁ。
まぁ、カムイがそんなに遅いというわけではないのだが。

結果的にセブが楽になったというだけだった。一人旅になってミスんなよ~。

レースは半分を経過。

今宮氏がペナルティの重さについて何か言っているが、レースはさまざまな要素が複雑に絡み合っているから面白いのであって、だからこんなつまらないコースでのレースも見ているのではないか?今回は偶然「その時点で遅かったカムイ(現時点では上位陣と遜色ない速さ)」がいて、ハミがラッキーだっただけにすぎない。

ん~、HRTとヴァージン危ないなぁ~。

ブルーノ、ノーズ外れず。

エイドリアンがブエミをかわす!!
続けざまにアロンソも狙うが、ここは自重。
それにしてもブエミ危ないな~。アロンソも注意していかないと、ぶつかるぞ。

ヒュルケン、白煙!!デ・ラ・ロサに好機と思ったが、すぐにやんだが、ピットクルーが準備を始めた!!だが入らず。

MSファステストラップを連発。昔のキミ状態(無駄走り)?
カーナンバー1、9、10、11、12、14、16、22にS.C.のINラップ中のタイムについて審議。S.C.ルール、やっぱりトラブル起こった。明確にやれと。
これでアロンソ表彰台圏内。カムイもチャンス!?
カムイ、好ラップを連発中。

残り7周。

あら~、ここでヒュルケン止まった。
これで、カムイますます好条件に。
ピットでミスらなければ、ひょっとするかも!!

残り5周!!

カムイ、ピットへ。
あ~、ダメだなぁ~、森脇さんピットに電話だ!!
入ってきた。
カムイ9番手で戻った。
もう2周走っていれば。
カムイ行け!!実力でアロンソにアタックだ!!

バトン、カムイの拘束が解けて、一気にタイムアップ!!
もう2周とめておけば~~~。

ふぁいなるらう?????

あああああわっわわわわわ~~~~、カムイ!!!!!!!!!!!!!!!

アロンソをかわした多々多々他!!!!!!!!!!!
きたーーーーーーーーー!!!!!!

久々に大興奮!!
うっひょい!!!!!

セブ、磐石のトップ独走でゴールイン!!

カムイ、さらにさらにさらに!!!最終コーナーでブエミを抜いた!!!!!!!!!
すげえぜ!!カムイ!!

セブは間違いなく勝者だが、カムイも偉大な走りを見せてくれた!!

2位はハミ、3位はバトン(暫定)、4位バリ(暫定)、5位クビサ(暫定)、6位エイドリアン(暫定)、7位カムイ、8位ブエミ(暫定)、9位アロンソ、10位デ・ラ・ロサ(暫定)の順。

一瞬、「カムイ3位?」とか思ったが、バトンはペナルティ食らっても3位のままだそうだ。残念。それでも、最後の最後に盛り上げてくれたカムイ、このつまらないはずのレースを盛り上げた最高の功労者ではないだろうか?

表彰台の3人仲いいなぁ~。
仲良き事は美しき哉。

さて、審議の結果はどうなるのか?

2010年6月26日

F1GP 2010 Rd.9 ヨーロッパGP予選■‥‥だが寝てしまった。

■Rd.9 ヨーロッパGP@バレンシア

青い空、美しい海に囲まれている開催3年目の市街地コース
当初こそ期待されていたものの、開催された2年ともに最悪につまらないレースが展開され、「早く無くなれ」と批判に晒されている


フリー走行3はセブが取り、ウェバーも3位を占めた
2戦足踏みした赤牛の行進が再び始まるのだろうか?
また、それ以外では改良マシンを持ち込んだフェラーリのアロンソが初日活躍を見せたがオプションタイヤでのパフォーマンスはいまいちだった模様


■Q1
さて、新興6台とともにQ1で消えるのはどのチームだ?
アロンソ、ハミ、セブ、バトン、ニコ‥‥いつもの上位陣が好タイムを記録する中、MSは下位に沈んで‥‥残り6分、ここでクビサがトップタイム!!

あ~カムイ、脱落だ~。

‥‥ふと目が覚めたら、スタジオで森脇さんが解説していた‥‥。
あはは、寝てしまったらしい。

‥‥最近疲れてるなぁ‥‥。

2010年6月14日

F1GP 2010 Rd.8 カナダ決勝■今年も出るか?恒例のS.C.

カナダGP決勝。

レース前から波乱。
予選2番手のウェバーがギアボックス交換で5グリッドダウンの7番手スタート。

だが、セーフティーカーがいつもレース結果を左右するカナダなので、グリッドどおりに還ってくる可能性は低い。

それから、タイヤの影響で成否がぜんぜん違ったり難しいコースだ


スタート!!

あ~リウッツィがフェラーリに当たられてスピン!!

ジャンプアップを決めたカムイだったが、最終シケインでクラッシュ!!
何とか動き出したものの、1コーナー前で息絶えた。

5周目、いまいちスピードの乗らないバトンをウェバーがかわす。
13番手スタートのMSが順位を上げてきた。
オプションタイヤは苦しそうだ。
ポールスタートのハミもセバスチャンに追いつかれた。
ハミ、アロンソピットへ!!
ピットでアロンソがハミを抜く!!

徐々に荒れ模様な展開。
いつものごとくゴタゴタしそうだ。
MS、気づけば3番手。
プライムスタート組が上位独占(タイヤ交換してないから当たり前だが)。

MSピットイン、クビサと激しいバトル、あぶね~。
審議にならないか?

ウェバーIN!!
6番手で戻る。

セブIN!!
ソフトで戻った。

MSピットへ!!
先のコースアウトでタイヤを傷めたか?


ブエミVSハミVSアロンソはブエミピットでハミはアロンソをあっさりかわす!!

27周目以降各車一気にピットに駆け込む!!
32周デラロサ、リタイア

40周目、ウェバーのタイヤが厳しくなってきた

このレースは展開がわかりにくいなぁ~
初心者にはお勧めできない

ツルーリ、リタイア.

ヴェッテル、ウェバーともに苦戦中
ウェバー、ハミに追い落とされ、2番手に転落
さらにアロンソから攻め立てられている

ウェバーここでピットイン
オプションタイヤに変更して、順位を落とす
残り20周走りきることができるのか?

おっと、アロンソにバトンが追いついてきた
いつもながらタイヤにやさしいので、変態レースには強さを発揮するなぁ~
あ、かわした!!
中継陣、大事なところに気づかず!!
これでマクラーレン1-2!!

MSみじめに周回遅れ
このレースメルセデスは完全に置いてけぼりになってしまったなぁ~

60周目、ここまでS.C.なし!!

ファイナルラップ‥‥の前に、MSショートカットしたぞ!!
これはまたもペナルティじゃないか?

ハミ、トップでチェッカー、続いてバトン
これでマクラーレン今期3回目の1-2フィニッシュ
ドライバーズランキングでも1-2に立った
アロンソが3位表彰台を占め、最強のRBRはついに表彰台にすら立てず
合わないサーキットだと思うが、そこを何とかできないチームの浅さを感じてしまった

MSは最後にリウッツィとクラッシュしながら抜かれた!!
このレースではクビサ、マッサ、リウッツィと絡んだが、いつか大トラブルになるんじゃなかろうか?
完全に通せんぼ爺状態だな

それにしてもS.C.1回も出ず
こちらもびっくりだ

今回のインタビューテーブルが低いなぁ~
あ、マイクがヘッドセットなんだ
でも、ちょっと変だ

2010年6月 6日

ロッシ骨折。

ロッシ、骨折で全治6週間。
地元イタリアのムジェロで迎えたホームレースのフリー走行2でハイサイドを起こし激しく転倒。脛骨開放骨折で、2ヶ月ぐらい休むことになる。125ccで初参戦した1996年からコレまで続けてきたWGP連続出走記録が230戦で途絶えた。

‥‥とのこと。

小さい怪我はたまにあったが‥‥ていうか、このただでさえ怪我の多い二輪を96年からずっと休まず出ていたことに驚き。
怪我は残念だが、命を落とすこともなかったわけだし、リフレッシュ休暇と思って体をリペアして欲しいものだ。

既にレジェンドなので、そろそろ引退して、F1はどうだろ?

2010年5月31日

INDY500、途中で寝てしまった~

必死に見ていた‥‥ハズだが、いつの間にやら意識不明に‥‥。

ラストでマシン2台がからんでウチ1台が宙を舞ってフェンスに激突するという激しいクラッシュが起こったが、マイク・コンウェイは左足の骨折で済んだ模様。


10年前だったらフェイタルなクラッシュだったかも‥‥。

2010年5月30日

F1GP 2010 Rd.7 トルコ決勝■ついに崩壊?ちょっとサッカー日英戦

ウェバー3連勝なるか?
ハミ、今季初勝利か?
セブ、巻き返すか?
バトン、傷心を癒すか?

RBRが圧倒的に強いシーズン中盤戦。
食い込んできたのはマクラーレン。
続くのはメルセデス、ルノー。
フェラーリは少しおいていかれた感のあるトルコGP。

それにしても、メルセデスはMSを取って、ニコのペースが悪くなったなぁ‥‥。
前のままだったら、ニコは割りと上位に食い込んでいたのになぁ‥‥。

フェラーリはアロンソがイマイチでマッサは得意なトルコで8位止まり。
微妙である。

ルノーはクビサが速いのは言うまでもなく、ペトロフも初の1桁グリッド。
ココではフェラーリより上か?

10番手にカムイ、今季初ポイントゲットを期待したい!!

フォーメーションラップも特に問題なく、全車がグリッドについた‥‥って、あ、グロックピットスタートだ。
1コーナーをトップで抜けるのは誰だ?

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

セブとMSが決めた!!つ~か、アウト組が厳しかった。
‥‥と思ったら、いったん抜かれたハミがセブを差す。
さらに、MS VS バトン。
どこかで見た構図だが、今回はさくっとバトンが差す。

カムイVSエイドリアン、カムイ差された!!

おっ、ハミがウェバーに迫ってきた。
これは久々ではないか?
ハミは嫌いだが、ウェバーがこれ以上勝つのは気に食わない。
いけっ!!ハミ!!
ストレートではマクラーレンが速そうだ。

ウェバーミスらねえかな~。
‥‥とか言っていたら、いつもハミがミスするのだ。
やっぱりマシンが良いとミスしにくいよねぇ‥‥。


‥‥10周経過。
特に何も無し。

12周目
アロンソ、早くもピットへ
これは、またもS.C.狙いか?
‥‥って、そう簡単にはいかないか~。

ハミとウェバーの接近具合がより度を増した。
そんな中、バトンが

あら?
ニッポン先制!!
コーナーからトゥーリオ。

マッサ、クビサピットへ。
上位以外ピットは早いか。

カムイ、ピットでアロンソにやられてしまった。

ウェバーつらいぞ!!
どうするか?

セブからIN
MSIN

マクラーレンはソフトで調子が良いので、RBRより後にしたほうが良いぞ!!
入れないみたいだ!!
ウェバーとハミが入った。
意味ないな~。
あほだ、この作戦。
しかも、セブにも行かれてしまった。
RBR1-2。あ~あ。

その間にタイヤ巧者バトンが1stセットで飛ばしまくる。

ウェバー遅いぞ。
セブが迫ってきた。

バトンIN。
バトンは結局4位のまま。
マクラーレンがハミをウェバーにあわせたのは意味無かったんじゃないかなぁ~。
折角ウェバーがぐらついていたのに。

ハミVSセブ再び。
これで、またウェバーが逃げるよ‥‥。

1~4位まで、差が無いぞ!!

雨雲がやってきた?
来るか?15min後!!

ようやく半分終了。
30周目、ニコが苦しい。
クビサに攻められっぱなし。

セブがウェバーに迫ってきた。
バトン以外の上位3台が接近戦。

あ、ブルーノVSディ・グラッシ!!ブルーノ抜いた!!

今度はバトンがファステスト、RBRとマクラーレンががっぷり四つ。
未だリタイアなしだそうだ。
安定したレースだなぁ。

あ、ジョニー!!
ハロー!!ジョニー!!

雨は‥‥来てないのか?

RBR>マクラーレン>>>>>>>>それ以外のレースは続く。

ハミが、セブに‥‥仕掛けられない‥‥。

ツルーリ、リタイア、1号。
コバもピットへ。ロータス突如弊店?
いや、コバは修理する模様。

降り出した?
ハミがセブにぴたり。
川井ちゃんレースより天気にご執心。

ニッポンまだリードしている。

降れ~降れ~雨よ降れ~。

残り20周。

ニッポン、前半戦をリードして折り返した。
想定外だ。

セブがまたもウェバーに近づいてきた。

セブが、ウェバーに仕掛ける!!
抜いた!!
うあ~~~~~~~!!!!
RBR同士がクラッシュ!!!!!!!!!!!!!!!!!

セブがリタイア!!!!!
あそこまで抜かれていたら開けるべきだろ!!
むかつく~~~~~~!!!!

これでマクラーレンが労せず1-2。

ウェバーピットイン。
あ~あ、こいつだけ残るなんてなぁ~。
むかつく。

今度はハミVSバトンのマクラーレン対決。
あ!!雨だ!!

これはどうなる?
とりあえず、マクラーレンはクルーズ状態らしい。

興奮する取材陣に囲まれる落ち着いたセブ。

今度はマクラーレンが近づいて、バトンがハミを抜いた!!
今度は1コーナーでハミがバトンをかわした!!

50周目。
ハミがバトンとの車間を取る。

カムイ、エイドリアンにやられてポイント圏外に落ちてしまった‥‥無念。

残り5周でペトロフVSアロンソ。
アロンソ8番手に上がって‥‥あ、ペトロフ、アロンソに当たられた模様。
タイヤがパンクして後退。かわいそうに。
だが、カムイ、ポイント圏内復帰!!

あ、ニッポンPK取られた、が止めた止めた!!

残り2周。
カムイVSデ・ラ・ロサ
チームメイトバトル第3弾!!

マクラーレンが1-2のまま、いよいよファイナルラップ!!

ハミが余裕のトップで今期初優勝。
バトンが少し間を開けての2位。
ジャーシンガー大騒ぎ。
ジェ鹿はいなくなった。
3位はウェバーは単独ポイントリーダー。
4位MS復帰後最上位。
5位にニコ。
以下、クビサ、マッサ、アロンソ、エイドリアン‥‥
さぁ、どうだ!!
カムイ10位入賞で初ポイントゲット!!
チーム新体制後初ポイント!!
チームメイトとのバトルに勝ち残った!!

さぁ、レース後の記者会見が楽しみだねぇ~。
ウェバーが何というか?

ちなみにニッポン、まだリード中。

エイドリアン22ポイントで総合10位か~。
がんばってるなぁ~。

マクラーレンの1-2は今期2回目。
ドライバーズポイントでも2位バトン、3位ハミが上がって、このレース冴えの見えなかったアロンソが4位、リタイアしたセブが5位までドロップダウン。
コンストラクターズはマクラーレンがトップに!!

大混戦のシーズンはRBRがチーム内に暗雲を抱える形で‥‥ってことになると楽しいのだが‥‥マシンはRBRの2台が強いからなぁ~。
どうなんだろう?

晴れ晴れしたマクラーレンの二人とは対照的に引きつっているウェバー。
あれ、ハミ、ひげ伸ばしてるぞ。ハミもバトンもRBRのトラブルについて気になっているみたいだ(あたりまえか)。
ウェバー、目が虚ろだなぁ~。そりゃ、二人がぶつからなければ、ウェバーが前の1-2だったかもしれないが、セブはウェバーの後ろでおとなしくしているわけは無いし。この状況ではいつかバトルになる。


ニッポン、気づけば追いつかれてる。
あ、やられた。1-2。

2010年5月29日

F1GP 2010 Rd.7 トルコ予選■あ、寝てしまった‥‥orz‥‥。

第7戦トルコGP予選。
飛んでイスタンブール~。

フリー走行3、今までのマクラーレンの勢いなどものともせず、やっぱりRBRが来た。
ヴェッテルがトップタイム。ウェバーはターン8でコースオフ。

ニコとハミが上位で続いているが、マシンパワーの差はデカそうだなぁ~。

■Q1
まぁ、波乱もないだろうQ1。
落ちる1人は誰だろうか?

おお~ジョニー。
アレ?なんだかだる‥‥ぐうぐう。

■Q2
‥‥ぐうぐう‥‥。

■Q3
‥‥ぐう‥‥はっ?
‥‥寝てしまったぁ~~。

ウェバーポール、3戦連続4回目のポール。
セブ、ミスで3番手どまり。試練の時だなぁ…。

ハミが2番手に食い込んで、レッドブルのフロントロウ独占を3戦ぶりに阻止。
4番手にはジェ鹿と破局したばかりのバトンでマクラーレンが偶数列。
ラストでコースアウトしたMSが5番手。

!!おお、カムイが10番手に入っているぞ?

アロンソ、Q2落ちの12位か。
なにやらかしたのかなぁ?

‥‥明日のレースも退屈するのかなぁ‥‥。
むう。一番つまらない展開だ。

追記

地上波観た。

あら~、アロンソ、単に遅かっただけなのね~。
あと、あの800は書体が格好悪いなぁ~。

2010年5月22日

鈴鹿チケット到着~。

10月の日本GPチケットが届いた‥‥はや~。

早速開封。
予定通りのQ2席(そう注文したんだから当たり前だが)。

公式の座席表と照らし合わせる‥‥かなり上の方だ~。
どのあたりまで見えるんだろう?
セパレート席だから楽かなぁ~。
今まではグランプリスクエアから左というのが身についてたから間違えないようにしないとな~。

‥‥と、早くもテンションだだ上がり中~。
‥‥って、まだ4ヶ月半ぐらい先なんだけどね~。

前に戻る 345678910111213

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧