2010年11月14日

F1GP 2010 Rd.19 最終戦 アブダビGP決勝■戴冠、結末は?

■Rd.19 最終戦アブダビ

泣いても笑っても2010年シーズン最終戦。

アロンソが圧倒的有利な状況で迎えたオーラス。
予選はセブ、ハミ、アロンソ、ジェンソン、ウェバーの順。
今シーズンを盛り上げた5人が最後までしっかり上位を占めた。

バトンはすでにチャンピオンのチャンスが消滅。
ハミも非常に低い可能性しかない状況だが、このヤス・マリーナではマクラーレンが好調。台風の目となるか?

アロンソはセブやハミがどんなに逃げようと、スタート順位さえ守ればチャンピオン決定。
セブは無心にポールトゥウィンを目指す。
ウェバーはアロンソに次ぐランキングながら、5番手スタートで不利な状況。
彼は一旦失速すると、ドツボにハマるケースが多いが、巻き返す事は出来るのか?

セブを先頭に最後のフォーメーションラップ。
BS、遂に最後のスタート、ありがとう!!

■スタート!!
ポールからセブ!!
ハミが続く。
アロンソをジェンソンがかわす。アロンソは安全策。危機回避だな。
好調なマクラーレン勢が2-3にあがって、レースの「あや」となるのか?

あ、MS危ない!!!!
ターン5でMSがスピンしたところにリウッツィが前からMS車に乗り上げた!!
ぎりぎりで顔に当たらずでMSは無事。危うく死ぬところだった。。。

MSは単独スピンだった。
散々なシーズンを散々なラストで終えてしまった。

その結果、S.C.
ニコ、ピットへ。
いきなりタイヤ交換というギャンブルに出た!!
ペトロフも続く。
彼らが、この後の展開にどんなスパイスを加えるか?

この後の見所はなんと言ってもアロンソVSウェバー。
コース上、クリーンになったが、クラッシュ箇所は路面が濡れている。

MSとリウ仲良く帰ってきた。
いや、コース上はまだまだダストがたくさん。
もうしばらくS.C.は続く。


このラップでS.C.がアウト!!
セブ、S.C.と開けすぎてないか?大丈夫っぽい。
上位では特に何もなく隊列を守ってローリングスタート。

去年の最終戦でMVPと言える戦いを見せたカムイは現在8位。

カムイVSバリ、がんばれカムイ!!

セブ飛ばして逃げる。
ウェバー危ない!!
危うくウォールの餌食になりかけた。
あ、リアホイールが接触している!!

アロンソが目の前で動揺しているのか?

ニコ同士バトル。先輩ロズベルグが制する。
ウイリアムズ離脱が決まった、ヒュル。来年、ドコで走るのかなぁ?
10周経過。

まもなく日没。
このレースはもともとトワイライトレースなので、韓国GPと違って問題なし。
1位と2位、セブとハミ以降は大きく離れている。

RBR的にはセブがウェバーのサポートでなく、ウェバーがセブのサポートをしないといけない状況になってきた。


ウェバー上位勢では最初にIN!!
これは厳しいことになった!!

フェラーリはアロンソを入れてくるか?
ハミがセブに接近中。

ウェバーVSアルグ。

あ、アロンソ入る模様。
完全にウェバーターゲットで‥‥って、意表を突いて雅IN。
雅をウェバーに当ててくるのか。
コンストラクター3位はいらないと。
でも、ウェバーの後ろに戻ってしまって、まったく意味なし。
フェラーリココで間抜け作戦発動。

ペースを取り戻したウェバー、アルグを抜く。

アロンソをやっぱり入れるか?
既にタイヤ交換を終えたニコがダークホースか?

アロンソ入った!!!
さっと出る。ウェバーとの位置関係は!?
アロンソが前!!
アロンソのタイヤが暖まる前に接近戦!!

雅はアルグを抜けない!!

ニコがこのまま位置を守ると、セブにチャンピオンが転がり込むこともあり得る。
ニコがんばれ!!
‥‥つ~か、ニコトップと言う可能性もありけり。注目だ。

ジェンソンもタイヤ節約でいいペースになってきた。
アロンソVSペトロフ。なかなか抜けない。
しかも、ペトロフはタイヤ交換済みで直接のライバルだったりする。
ニコだけじゃなかったアロンソ、ますますピンチ。

上位陣がピットを終えたときに、どうなっているのか?

ますますわからないこのレースだが、ウェバーのペースが上がってこないのが気になる。モチベーションダウンか?

カムイ、現在4番手。
セブ、マクラーレン勢の次。
頑張れ、カムイ。

セブ、タイヤ交換前のスパートか?
ハミ、ジェンソンもペースアップ!!

アロンソ、ペトロフに仕掛けてコースオフ!!!
ウェバーもオフ。

ハミがここでIN!!!
ハミとニコの戦い、ハミが前!!

いけっ!!セブ!!!!

セブIN!!
さくっと見事な手腕でピット完了!!
ハミの3つ前で復帰!!!!!

クビサVSカムイの熱戦。
クビサがカムイを抜く!!無念。

ノープレッシャーのハミ、好調。
まだ交換してないジェンソンがファステスト!!!
マクラーレンはフェラーリにチャンピオンを獲らせないために頑張ったのか?

ウェバー集中力を欠いた走り。
これはダメだべ。

ペトロフ、ガンガレ!!
超ガンガレ!!

ハミ、カムイをパス。

セブ、43秒台!!
千切れんばかりに激走!!

アロンソ、やばくなってきた!!!!!!!!!!!!

ジェンソン、好調。
ウェバーは終わったな。
セブの援護をするでもなく、だらだら走っているだけだ。
精神的に厳しかったのかなぁ?

ハミがクビサに接近。
ジェンソンがハミを狙っている状況。
まぁ、ノーチャンスだから、しかたないな。

気づけばレースは半分を過ぎている。
つ~か、ウェバーがんばれよ。

ツルーリ、ウイング壊れた。
もう、邪魔だから出てくるな。

ハミはまだクビサを抜けない。
ハミ、慎重に慎重に頼むよ~。

残り20周、アロンソ、いまだペトロフを抜けない!!
アロンソより先行するマシンのうち、2人つぶれないとダメだ。

ハミもクビサを抜けず、ルノートラップは厳しい。

ジェンソンはタイヤ交換なしで43秒台。

ようやくバトンがピットへ!!
実質3番手に戻ってくる。

残り15周!!
いよいよ今年のシーズンも大詰めだ!!
今のままだと、セブがチャンピオン!!
アロンソ、どうするのか?
ウェバーはあきらめた模様。

レース前に描いた「大勝利」のイメージがかすんで来たか?アロンソ。

マテシッツにんまり。
ジェンソンが猛烈な勢いでハミに迫る。

残り10周!!!

どうしても抜けない!!
アロンソ、あせる!!
ペトロフの壁が果てしなく高い!!

イエロー、何処だ?
グロックリタイア。関係ない。

クビサIN!!
ペトロフの前か?後ろか?
アロンソと位置関係は?

ああ~~~~、ペトロフより前だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
アロンソ、これで3台抜かなきゃならなくなった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

セブがとまらない限りチャンピオンだ。
クビサ壁がなくなった途端、ハミがファステスト。

だが、セブははるかかなたの10秒先。

クビサにペナルティの可能性?
ないない。白線と言ってもコースと合流していないピットロード内の線と同じだ。
コレで出たら、フェラーリ裁定。

タイヤ交換を終えたクビサがニコにアタック?変な事するなよ?

いよいよ、残り5周。
特記事項無し。

残り4周。
アロンソコースアウト覚悟で仕掛けるも結果は出ず。
未だロシアの黄色い壁を打ち破れず!!
ウェバーはチームから一服盛られたように眠ったまま。

その他のライバルは安定してトップを行くセブとアロンソ&ウェバーの間を埋める。


セブ、史上最年少チャンピオンを目指して、ペースダウン。

残りは3周!!
いよいよ、いよいよだ!!

残り2周!!!!!

うわっ、鶴のウイングが飛んだ!!
もう、やめてくれよ。

ファイナルラップ!!
うっは~~~~~~~、あっつい。
あつすぎるぅ~~~~~~~~!!!!

いよいよ、いよいよ、いよいよ、いよいよだ!!!
安全に安全に安全に!!

優勝!!!
優勝!!!
優勝!!!
優勝!!!
優勝!!!

さぁ、後続は?
2位、ハミ
3位、ジェンソン
4位、ニコ

キーーーーーーーーーーーターーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!
決定!!!!
決定!!!!
決定!!!!
決定!!!!
決定!!!!
決定!!!!
決定!!!!


セブセブセブセブセブセブ!!!!!!
セブセブセブセブセブセブ!!!!!!
セブセブセブセブセブセブ!!!!!!
セブセブセブセブセブセブ!!!!!!
セブセブセブセブセブセブ!!!!!!
セブセブセブセブセブセブ!!!!!!
セブセブセブセブセブセブ!!!!!!

F1のあらゆる最年少記録を塗り替えた、若きドイツの天才、セバスチャン・ベッテルが遂に栄光のワールドチャンピオンシップ戴冠!!!

お~~~~め~~~で~~~~~と~~~!!!!!!!
俺も、おめでとーーーー!!!

最後の最後に勝った!!!

やった~~~~~~~~~~~!!!!

おめでと~~~~!!


チームラジオ、泣いてる。
おめでと~。セブ。
ワールドチャンピオン、おめでとう!!
イエーーース!!!

ペトロフに文句を言うアロンソ、そりゃないだろ、見苦しい。
それだったら、ハミルトンにもバトンにもニコにもクビサにも文句を言うべきだ。
ついでにセブと役に立たなかった雅にも文句言っとけ。

貢献したハミとジェンソンがよってきて抱き合う。

表彰台、新王者セブ、前々王者ハミ、前王者ジェンソン。
そして、セブを育てたかつてのドライバー、ヘルムート・マルコが上がる。
なんか、絵に描いたような面子だ。

ドイツ国歌に目が潤むセブ。
続くオーストリア国歌。
今年はレッドブル・レーシングが席巻した1年だった。

最後までセブがポイントリーダーになっていなかった事がおかしいとはいえ、最後の最後でトップだったから良いじゃないか。

キミのときみたいに緊張したなぁ‥‥。

あ、なんか久々にジェ鹿だ。
やっぱりジェ鹿がいると、バトン、調子いいなぁ~。

表彰台の3人で並んで乾杯してシャンパンを飲む。

支えてくれたみんなと抱擁して回るホーナー。
遂にドライバーズタイトルの夢をかなえにこやかなマルコ。
夢だった自分の最強マシンを作ったニューウェイ。
夢をかなえるため、最高峰レースに飛び込んだマテシッツ会長。
そして、たくさんのエンジニアたち。

みんなうれしいだろうなぁ。

そりゃ、自チーム初のタイトルがRBRドライバー育成システム初のチャンピオンだもん、うれしいに決まってるか。

韓国のノーポイント、あれで自分は絶望したが、セブは絶望しなかった。
まぁ、彼は単純に一番速く、一番前でフィニッシュすることを目指しただけだろうケド。

ほんとに今年のシーズンはチーム、ドライバーそれぞれに浮き沈みがあって、面白い1年だった。

フェラーリでのデビューレースでアロンソが勝利していきなりトップに立つ。
春の天候が安定しない時期にジェンソンがまさかの2勝。
ハミが好調でマクラーレンがランキング1-2。
レッドブルが本来の速さに安定を加えて、ウェバーが空気を読まずに快走。

シーズン中盤、マッサがあの忌まわしい事故から1年ぶりに復活の勝利か?と思っていたのにそれを奪ったフェラーリのチームオーダー。
息を吹き返すアロンソと、存在が消えてしまったマッサ。

コース上では最速なのだが、若さが悪い方向に出てしまい、イマイチ安定しないセブ。
マクラーレン失速でウェバーがポイントリーダーに立つも、シーズン終盤はアロンソ、セブが勝利を重ね、3人が僅差で争う構図。

鈴鹿ではセブが天才的走りで今年も圧勝。すごかった。

ウェバーがすごくやりたがらなかった韓国でまさかのクラッシュ。セブのマシントラブル、RBR初のノーポイント、アロンソがトップに返り咲き、圧倒的有利な立場で残り2戦。
ブラジルではRBR1-2も、アロンソは彼らしい安定した走りで3位をしっかりキープでまだまだ圧倒的有利な立場を保って最終戦。コンストラクターズはRBRが初獲得。

そして最終戦。
圧倒的に有利な立場を正攻法の「ランク2位のドライバーをターゲット」として守ろうとしたアロンソはまさかの展開にハマリ、チームと仲をたがえてしまったウェバーは立場をなくし、最後まで速く走ろうとしたセブが王者に。

BMWでのデビューレースで初出走かつ史上最年少ポイント獲得、トロロッソに移ってチーム力から「どうかな~?」と思っていたが、大雨のモンツァでの奇跡の最年少初ポール初優勝、「いつかはチャンピオン」だと思っていたが、まさか今年やり遂げるとはなぁ‥‥。

ウェバー、ラストはチームからの支援を得られず、ちょっとかわいそうだったなぁ。

アロンソは完全にピット戦略のミスなので、アレが無ければちょっとは同情もするが、やっぱり相変わらず最後の最後で見苦しかったなぁ‥‥。
ぎりぎりのところで人間としての本質が出るんだよなぁ。彼。
ハミやMSも同様なところがあるが‥‥やっぱりそれぐらいのエゴイストじゃないとダメだとは思うが、その出方によるんだよね、好き嫌いは。
ジェンソンは‥‥それが無いからイマイチなんだろうなぁ~。

そして、日本の誇るブリヂストン、最後のレース、お疲れ様でした。
浜島さん、ありがとう。
日本人として誇らしかった14年間。
BSありがとう。

来年から、寂しくなるなぁ‥‥。

カムイ、日本の新しい誇りとしてがんばってくれ!!
来年も彼の走りに期待したい。

というわけで、今年のF1は最高の形で終わってくれた!!
おめでとう、セブ。
そして、おめでとう、おれ(笑い)。

2010年11月 8日

F1GP 2010 Rd.18 ブラジルGP決勝■0ポの影響はデカいなぁ~

■Rd.18ブラジルGP決勝

昨日の予選とは打って変わって、初夏の空が広がるインテルラゴス。

お、エマーソン。
表彰されてるぞぬ。

昨日の予選はまさかのヒュルケンベルグがポール。
この波乱が決勝にどんなスパイスを加えてくれるのか?

今日は地上波も生放送だと思うので、ネタばれゾーンなしで。

ブラジルと言うことでやはり赤のキャップが多いが、アロンソはむしろヒール。
当然マッサファンが大多数なわけだが、彼はすでにチャンピオンシップの権利を失い、アロンソのサポート係。ブラジル人はバリチェロ、マッサと犬に成り下がるケースが続いているなぁ‥‥。そんな状況でブラジルのファンたちはフラストレーションがたまるわけだ。

セブは今回アロンソの前でゴールしなけりゃシーズンが終わってしまう。
順位が上のウェバーにしてもハミにしても今回アロンソの前で無いとほとんどチャンスが失われてしまう。

いよいよフォーメーションラップスタート。
栗円がスタートできなかった模様。
エイドリアンがプライムタイヤを履いている以外はほぼオプションスタート。
予選下位に沈んでしまった、ジェンソンは手の打ちようもなさそうだ。
カムイはプライム?プライムだ!!
どんな作戦を打ってくるか?

ヒュルケンベルグ、緊張の初ポールスタートはどうなる?
アロンソは5番手からどう出る?

■スタート!!
セブがヒュルを1コーナーでさくっとパス!!
ウェバーも4コーナーでふらついたヒュルケンをパス!!
RBRが1-2

アロンソVSハミ2周目4コーナーでアロンソがリアがぶれたハミをかわす!!

アロンソVSヒュル。
その間にRBRは逃げを打つ。
ヒュル行列にハミも追いついてきた。
以降、クビサ、バリ、マッサ、MS、バトンの順。

7周目、アロンソがヒュルを抜いた!!
12周目、バトン早くもピットイン!!

ハミはいまだにヒュルを抜けない!!

マッサも入った!!

実験動物な2人、哀れな。
バトンが前に入った!!ピットで逆転。

バリ、IN!!
みぎリアの交換に失敗!!

マッサ、再度ピットへ!!
タイヤを間違えたのか?
アロンソでやれよ。

ヒュルも入った、
クビサも肉もどんどんピットへ!!

ヒュルより前にバトンが出た!!
今のところ、先入れは成功。

21周目ハミルトンが入った!!
MSもIN
ハミの後ろにバトン。アシストするのか?

セブのタイヤは余裕綽々!!

ちなみにまだ未交換のカムイは5番手!!
このまま良いペースを保って、ラストタイヤ交換で素敵な展開を狙う!!

フェラーリクルーが立ち上がった!!
アロンソIN
ここでマッサにクラッシュさせて‥‥いやいや、コレはルノーだけか。
アロンソ滑った!!が、事なきを得て、ニコの前。

RBRはセブIN
さくっと終了。
ここで、ウェバーがトップに立つ。

カムイ、ハミに差されてしまった。残念。

ウェバーもIN。
無難に無難に。

ニコIN何処に戻るか?
スーティル&MSの前!!独独独独。

ポールスタートのヒュルは現在10番手。

バリ、パンク。
アルグを追い抜く際にヒット!!

49周目、カムイようやくIN!!
結果15位。


セブはうまく周回遅れを処理するも、ウェバーは苦戦中‥‥

うわ~~~、リウッツィ大クラッシュ!!
これは当然S.C.!!

マッサ、INオプションに変更
ハミも入った。バトンの後ろ。
バトンもIN。

カムイはチャンスが出てきた!!

まだマシンは撤収されない。
もう1周かなぁ?

次のラップで戻った。
整理が無いので、セブはらくらくトップキープ。

セブが14秒台と言う激速タイム!!
さらにタイムアップでウェバーを突き放す!!

マッサ、ブエミにヒットされポジションダウン!!

セブ、圧倒的アタックでレースを決めに行く。

カムイ、行った~~~~!!
アルグをかわす!!
‥‥って、番組触れないの?

アロンソがファステストをたたき出しながらウェバーにプレッシャーを掛けるが、残り5周。
ウェバーはこのアロンソの動きにつられるべきではない。

残り3周。

カムイ、クビサに追いついた。
のこり2周。

ファイナルラップ。

セブ、ウェバー、アロンソの順でフィニッシュ。
これで、RBRのコンストラクターズチャンピオン決定!!
初タイトル決定、おめでとう。

それにしてもセブ、あれが無ければなぁ‥‥。

以下、ハミ、バトン、ニコ、MS、ヒュル、クビサ、カムイまでがポイント圏内。

これで、アロンソ圧倒的有利な状態で最終戦だなぁ~。

いよいよ来週はラストのアブダビ!!
‥‥だが、生で見られないことが決定‥‥あれえ?

2010年11月 7日

F1GP 2010 Rd.18 ブラジルGP予選■ドイツ恐るべし

■Rd18.ブラジル予選

雨のP3でトップに立ったのはクビサ。
ただし、明日の決勝は天候回復する模様。

現在の天気は小康状態。
降雨は無い模様。

観客はポンチョのみで相変わらず陽気。
コース上はチョイ濡れでおそらくインターミディ。

情報によると、これから雨になる模様。
7分後!!

各車一斉にコースインか?
大波乱はあるか?
大渋滞のピットロード。

■Q1
下位チーム~中団チームの各車が一気にピットアウト。

マクラーレンもアウト、ウェバーもアウト、セブはまだピット。
7分なので‥‥お、久々のフィジコ。

全車コースイン!!
これは大混雑の中、7分で全車がアタックと言うことで何かに期待してしまう。
「いや~んな何か」じゃなければいいなぁ‥‥。

ブエミが、いの一番にアタック!!1分22秒台
車載の水滴は‥‥降りだしたか?
いや、前車の上げたしぶきだろう。

ウェバーがトップタイム。
ヒュルが好タイムでトップ!!
リウッツィがコースアウトでスーティル割を食ってしまった!!

6分経過!!
MSがトップに立った!!

コバライネンとツルーリが圏内。

セブ、来た!!
ここでウェバーをかわしてトップに立つ!!

むう、波乱なさそうだなぁ‥‥。
アロンソとハミがイマイチ。
カムイ17位、ピンチ?
トラフィックが大変な状況。
アロンソがクリアラップで危機脱出トップタイム。
カムイがピンチ。

9分経過。
カムイ12番手にアップ。

雨はまだ来ない。
タイムアップしている。
セブがかなりタイムアップでアロンソを大きくコンマ6凌ぐ。
まだまだわからない。
エイドリアンマシントラブルか?
ピットに納まってしまった。

アロンソはクールダウン中。

残り6分。
メインストレートは水しぶきなし。

ここでウェバーがトップタイム。

コースのいわゆる高い部分はかなり水が掃けたカモ。

エイドリアン、タイヤ交換してタイムアタック開始!!
16番手へ。

MS16番手タイムでコリャヤバイ。

残り3分をきった!!

上位陣はピット待機。
MS6番手。

ブルーノスピン。くしくもエスドセナの出口。
カムイ4番手にジャンプアップ。

3番手クビサ地道にステイ中。

あら~エイドリアン、Q1脱落だ~。
もともとペナルティがあるからピットスタートかなぁ?

18 エイドリアン
19 グロック
20 ツルーリ
21 コバライネン
22 ディグラッシ
23 栗円
24 ブルーノ

最後にニュータイヤを投入したアロンソがトップタイムを記録。

■Q2
あ、雨キターーーーーーーーーーーーー!!
これはQ2に変化ありそうだ。

これからが本当の予選(コレハイツモノコトダガ)。
Q2スタートまたまた一気にコースイン!!

クビサが最初にタイム出す!!
雨は来ないのか?ウイリアムズの無線。

マシンが入ると路面状況は徐々に良くなって行くという感じで、最後にアタックできる状況にないとまずいか?

残り8分。

残り5分でニュータイヤ装着して各車ラストアタック!!

かなり路面は乾いていて、Q2序盤とは打って変わって今度はドライとの境目。

カムイ9番手ぎりぎり。
10番手に落ちた。
11番手に落ちた。

今度はバトンがピンチだ!!
マッサが通過して、バトンがQ2落ち。
バトン終わった。

カムイもQ2落ち。


11 バトン
12 カムイ
13 ニコ
14 アルグ
15 ブエミ
16 肉
17 リウッツィ

■Q3
誰かがドライアタックのギャンブルに出るか?
誰もギャンブルしないのか?
アロンソからアタック開始。

フェラーリはマッサにギャンブルさせたらいいのにねぇ。
どうせなんだから。

1回目のアタック終了でハミがトップに立った。

ウイリアムズがギャンブルに出る模様!!

ルノーもマクラーレンも打って出る!!
RBRとフェラーリはどうするか 。


クビサ、ハミ、オプションタイヤでアタック。
マッサも入った!!

バリもオプション!!
RBRもアロンソも入った!!

あと怖いのはスピン!!

クビサがアタック開始!!

セクター1、あ、遅いぞ!!
セクター2、逆転しない!!
コースアウト!!

これはハミポールか?
いや、セクター2で自タイムを上回った!!
しかしセクター3でタイムアップできず!!

ウェバーもコースアウト!!

ヒュルケン!トップタイム!!

これはすごいことになってきたぞ!!

ハミがトップに!!
ウェバーはらめ!!

セブ、3番手!!
アロンソがトップタイム!!

ヒュルがさらに上回った!!
ドラマがあるか?

クビサ4番手、ハミ2番手!!
ウェバーが2番手誰もヒュルを上回れない!!

アロンソは5番手!!

ヒュルケンベルグ!!!!!
初ポール!!!!!!!!!!!!
おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!

一番いいタイミングで交換して、一番がんばった!!

以下、セブ、ウェバー、ハミ、アロンソの順。
これは面白い展開だ!!


ヒュル、歓喜の抱擁!!
ドイツ恐るべし。。。。

1秒以上引き離す圧倒的ポールポジション。
ヒュルケンベルグ、23歳。セブと同い年、笑顔があどけない若者だ。
ウイリアムズ、2005年以来のポールか~~。
低迷、長かったもんなぁ。
まぁ、今回はラッキーと言うことで。

リプレイ、アグレッシブとしか言いようが無い走りだ。
明日もがんばってほしい。

セブも同郷の後輩(同級生だが)の躍進を喜んでいる。

2010年10月31日

やっぱりまだ泣けるなぁ‥‥

『アイルトン・セナ~音速の彼方へ~』見て来た。ヒトリで。

大画面で綴られる、カートワールドチャンピオンシップでヨーロッパに渡ってからタンブレロに散るまでのセナの後半生。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

本編は1970年代後半のカート映像からセナが亡くなる1994年までのF1中継のオンエアやホームビデオを再編集した物で、決して綺麗な映像ではないが、あの時代特有の熱を感じることが出来た。

久々に見たセナのアタックラップは、今のドライバーにない、切実な何かを訴えかけるような走りだった。今、あんな走りをしてもきっと速くないだろうし、セナだって別の走りをしているに違いないが、当時の他のドライバーとは一線を画する、セナだけが持つエッジの上を疾駆する姿は美しかった。

映画の内容は基本的に全部知っている話で、レース部分の大半の映像は見ようと思えばどこかで見られるモノだった(F1総集編とかで)。

しかし、4月29日から5月1日までの映像。
やはりココだけは特別に感じてしまった。

ルーベンスのクラッシュとそれを心配して見舞うセナ、ラッツェンの事故死、それを受け葛藤したまま夜を迎えるセナ、そして暗闇の中閉じていくウイリアムズのピットガレージ、迎えた運命の5月1日、まだコクピットでうつろな表情のセナ、レートとラミーのクラッシュ‥‥そしてタンブレロ。

後から見ると、あまりにも出来すぎた映像が残っている。

クラッシュから後のシーンはやっぱり今見ても泣けてくる。
わずかに動いたヘルメット、マシンから引きずり出されて応急処置される状況、気道切開で出来た血だまり、ヘリで搬送されていく様‥‥16年も前の話なのに、今でも心の奥にこびりついて離れない記憶。おそらく、一生忘れないだろう。

夢物語ではなく、あくまでもドキュメンタリーなので、セナ亡き後は、彼の葬儀と残された人々が彼について語る程度のお話しで物語は幕を閉じる。

個人的には日本とセナ、HONDAとセナの関係性を描く部分が少なくてちょっと淋しかったが、イギリス的視点で見ればこんな感じなのだろう。それでも、日本が世界で最初に公開されたことは嬉しいが。

それにしても、セナ、かっこよかったなぁ‥‥。

2010年10月24日

F1GP 2010 Rd.17 韓国GP決勝■望まない結果で

■Rd.17韓国GP決勝

初の韓国GP‥‥だが、いきなり雨でスタートディレイ10分間。

‥‥結構降ってるなぁ‥‥鈴鹿の土曜ほどじゃないと思うが。
路肩が緩くなっているらしい。
スタートで何か起こりそうだなぁ‥‥。

‥‥と思ってたら、S.C.スタートか~。つまらん。
なんか、富士思い出したにょろ。

ホーナーは笑っている。
マッサ、なんか悲壮な顔してるなぁ‥‥。
フェラーリがあのレースでインチキして1年ぶりの彼の優勝を奪い去ってしまわなかったら、未来は変わってたのかもしれないが‥‥。

お客さんも寒そうだなぁ。
最近テレビに溢れる、韓流スターのような派手な顔つきの人でなく、あくまでも一般人のお客さんだ。
昨日よりもチームグッズを身につけた人が多いかな。

こりゃ、縁石に乗ったら一発でコースアウトだなぁ。
誰だ?コメンタリーブース内で咳しまくってるのは?
出てやれ。


■スタート!!
‥‥と言っても、S.C.の後ろのスペクタクルの無い展開。
あ、セブ、S.C.後ろでペナルティ食らうなよ~。

しずしずと走り出す。
セブ、よろめく。
これは怖いぞ。
雨量は鈴鹿未満だが、水溜りは鈴鹿以上かもなぁ。
真っ白だ。
足をとられて左右にぶれるマシン続出。
壁が近いので、下手をするとS.C.中にクラッシュもあり得るぞ。

2周目
?ブルーノ、早速ピットへ。
しばらくS.C.が続きそうだ。
S.C.が長引いて2時間レースもあるかなぁ?

アロンソ「こんな最悪なコンディションは初めてだ」。

赤旗!!!!
これは?
中断。
無駄な3周だった。

ドライバーもガクブル(( ;゚Д゚)))))))だろうなぁ~。

クビサは降りてピットロードウォーク。
ニコはまだマシン内にとどまる。
ハミも降りる。
あ、ニコも降りたね。
寒いもんねぇ。

頭にチラシをかぶったおばちゃん。
全世界に中継されていることに気づき、あわててチラシをどける。

ビニール合羽の人多いなぁ~。
鈴鹿だとチームのレインウェアやサーキットのポンチョ着てる人が多かったが。

S.C.すら車から降りたぞ。
大渋滞だなぁ~アクセスも酷そうだ。
座席埋めの激安当日券でご来場の人がたくさん居るらしい。

パソコンにもカバー‥‥って、当たり前だよ小倉さん。
マシンより雨に弱いってば。

さて、雨は少し弱まってきたみたいで、ブルーノはメットを被った。
‥‥まだ、しばらく走らないっぽい。

この調子じゃレースの75%走破は無理そう。
ハーフポイントになったら、ウェバー以外はみんなうれしくない。
みんなでウェバーに仕掛けて、「抜く」しかない状態だ。

おとなしくマシンに収まるマッサ。
アルグはパーカー着てラフなスタイル。
ジェンソンもマシンを降りてお散歩開始。

ヒュンダイの路面清掃トラックが入ってきた。

16:05 S.C.先導で再スタート。
富士が持つ、雨天S.C.先導19周という不名誉な記録を上回るか?

ウェバーはやりたくないムードを全面に出しているが、再開される以上やるしかないか
'76富士のラウダみたく、ボイコットする勇気は無いだろうな。

メディカルカーが試走行。
相変わらず攻めてますねぇ~。

16:00 あと5分で再開。

1分前。

何が起こるか?
いざ再開‥‥と言っても、パレードランだが。

車載、すごいわ~。
ドライバーより視界が高いにもかかわらず、前車のランプしか見えない。
ドライバーズEYEだと何も見えんだろうな。

ディグラッシはピットへ。

低速部分でみんな必死にウェービングしてタイヤに熱を入れているが、場内は徐々に暗くなってるし‥‥。

サコンヌ、コースオフもすぐに戻る。

路面温度17度。
厳しいコンディションでもブリヂストンポテンザタイヤは‥‥とCMしてみる。

フロントノーズカメラ、これはヤバイ。
白が9で黒が1です!!

MSオーバーランで泥まみれ。

ハミはレースをやりたがっている。
メルセデスのメカニック、ピットで何か作業吸い取り紙で水を吸う?

ハミ再びスタートコール。
でも、雨はまだ止まない。

10周終了。

徐々にウォータースクリーンは小さくなってきた。
S.C.ランは25分を超えた。

あと何周先導走行が続くのか?
空も少し明るいが‥‥。

第3セクターの水はけが悪すぎる。
ハミ、勝手にインターミディ宣言(<無理だっつ~の、笑い)。

リウッツィ泥遊び。

17周目突入。
富士記録に迫ってきた。
‥‥と思ったら、S.C.アウト!!

どんな大混乱が起こるのか?
あと、セブ、S.C.との間隔注意で!!

しかし、車載は何も見えんが。

ランプ消えた、再開!!

MSがクビサをかわした
ニコがハミを食った!!

メルセデス勢、雨を見越して何かやってきたか?
マッサVSバトンVSMSの戦い!!

セブは後続との差を広げる。
ウェバークラッシュ!!!!!!!!!!!
もらい事故のニコは不幸だ~~~~~~!!!

またもS.C.

ウェバーは縁石またいでグリーンに乗ってしまった。
もう、韓国の国旗も見たくないだろうなぁ~。

中団チームはインターにチェンジ!!
マクラーレンもフェラーリもIN!!

セブだけコースに残ってしまったぞ!!
S.C.につかまる前に戻れるか?

大ギャンブル大会だ。

セブ、不幸かも。

ウェバーはメットまでドロドロだし。

まだまだ居座るS.C.撤去作業ものろい。
S.C.アウト。

タイヤを変えたマシンがどんな走りを見せるか?
再々スタート!!
クリーンに。

鶴のウイングが脱落、成長しないおっさんだなぁ。

セブ、がんばって75%消化を目指す。

ディ・グラッシ、コースアウト!!

MSがバトンをかわす。

ディグラッシはサコンヌにやられたか。
イエローで作業車が入っているが、危ないよなぁ‥‥。

ジェンソン、ペースが上がらず。
後続に追われる。
ジェンソン入った!!
インターにスイッチ!!

そろそろスイッチオーバーのタイミング。
これはギャンブルを打ったカムイ、またも入賞のチャンスか?

また、少し雨か?
残り11周!!で、フルポイント。

ヒュルIN
タイヤはインター。

ブエミとグロック、クラッシュ!!
‥‥これは、S.C.入っちゃった。

ハミ、マッサ、MS、クビサIN。
セブ、入ったぞ!!
アロンソも入る!!ミスった!!

ハミ、アロンソをかわした!!
セブが楽になる、これは俺ウマーな展開。
アロンソ、左フロントのミスだ!!

はやくS.C.カエレ(・∀・)!!

S.C.アウト!!

再再再度スタート!!
アロンソ、ハミを抜いた。
ハミ終わったな。
バトンのギャンブルも想定外のS.C.INで前戦に続いて失敗でマクラーレン最悪だなぁ~。

アロンソはウェバーと違ってクラッシュもしないだろうし‥‥っていうか、セブのほうが危ういし。

成立までのこり4周!!
みんなタイヤが苦しくなってきて、脱落したと思ったハミもついてきている。
ファステストを出して追いかけてきている。
セブ>>>アロンソ>>ハミぐらいの間隔。
ハミとアロンソの戦いがまた見られそうだ。

あと2周で成立。
夕焼け空、うわ~~~~~、ペトロフ大クラッシュ!!!
本人は無事だが、マシンはお陀仏。

S.C.は‥‥出ないかなぁ~?
これでカムイがポイント圏内。

S.C.スタンバイ。
このラップで成立するぞ!!

ペトロフしょんぼり帰宅の途。

いよいよレース成立!!!!
左近邪魔!!

夕焼け番長状態だなぁ~。
あと10分で日没だそうだ。

サスペンデットゲーム?
こんなF1見た事‥‥あ、最近薄暮レースとかやってるから珍しくは無いか‥‥orz
まぁ、照明設備が無いサーキットでということで。


うわ~~~~~~~~セブのルノーエンジンが死んだ~~~~~~TT TT TT TT TT
うわ~~~~~~~~んTT TT TT TT TT

なんなんだ~~~~~つまらんTT TT TT TT TT

マシン火事

あ~~~~~あ
おしまい


‥‥と思ったらカムイ、危ない!!
エイドリアンの特攻<今日何回目だよ?
ぶつかった影響でちょっとマシンが壊れた。

大丈夫かなぁ~。
肉が露払いをしてくれているから大丈夫か?

49周終わり。

キリのよい50周で終わりかなぁ~(<やる気なし)。
残り4周
時間いっぱいまでやらせるのかなぁ~(<やる気なし)

ヒュルIN無念のタイヤ交換

ハミもペースオフ
ギャンブル打ったマシンは全員ピンチか?

残り2周
最後まで行くのか?

明るいはずのTV映像でさえも暗くなってしまった。

ファイナルラップ!!
サスペンデットしなかったなぁ~。

終わり、あ~あ。

おっ、HRTがヴァージンをコンストラクターズで逆転したゾ!!

2010年10月23日

F1GP 2010 Rd.17 韓国GP予選■一応、ちゃんと走ってるなぁ。

■韓国GP

やるやる詐欺になるかと思っていたが、結局やることになった。
16コーナーの縁石はひどい状況だなぁ‥‥。
ココだけオレンジ色が違う。
ドライバーの皆さん、そこだけセル画なので、壊れますよ~。

‥‥スタンドが映る。
初のGPということで、客席は地味だ。
明日は様相も変わると思うが‥‥まぁ、グッズ買い揃えるのに金かかるしねぇ。

がけっぷちのマクラレーレン勢、フリー走行は好調だった。
セブ+ウェバーのRBR勢、アロンソ、クビサがおそらく上位だろう。
カムイはどこまで食い込めるか?
明日は雨という予報もあるが、どう合わせ込んで来るか?

■Q1
Q1スタートと同時にコバライネンがコースイン。
計測に入ったがいきなりトラフィック。
かなりボトミングが目立つなぁ。
1分45秒台。フリーの上位陣とと8秒程度の差か。

ハミがはじめてまともなタイムを出した。
38秒台。
イエローが出た。
何処だ?
‥‥結局情報無し。誰かがコースオフでもしたんだろうなぁ‥‥。

まぁ、渋滞の中、無理することも無いし、下位チームが出せないタイムだしとけばいいんじゃね?という感じだ。

40秒切っておけば大丈夫だろう。

ずらして出走のバトンは結果的にタイミングよくないぞ。
10番手止まり。
クビサ、アタック中のブルーノに阻まれるが、これは仕方ないね。
ブルーノ、コバを上回って22位。

ハイドフェルド、オプション投入だが、カムイより下。
来年乗るマシン無いかも。

上位陣は安泰のピット待機。
インド勢がピンチ。
タイムを上げることが出来るか?

リウッツィ、38秒台でノックアウトか?
2回目もダメだ。
その下は41秒台なんだけどねぇ。

18 リウッツィ
19 ツルーリ
20 グロック
21 コバ
22 ディグラッシ
23 サコンヌ
24 ブルーノ

サコンヌがブルーノを破ったぞ。

■Q2
アルグ、マッサ、ヒュルとコースイン。
クビサ、今回は早めのIN。
天気は下り坂、ぱっとしない空模様。

いつの間にやらセブがトップタイム。
アロンソが上回って、MS、バトン。
マッサが1分36秒台に入れてきた!!
しかし、セブがあっさり更新。

未だピットのザウバー勢のうち、1台、ハイドフェルドがタイミングをずらしてIN
カムイも出た‥‥他車がピットアウト、ザウバータイミング遅いよ。
カムイ、11番手か~。

ペト、ハーフスピンでコースアウトも戻ってくる。
このコース、「姿勢を乱したままコースオフ、砂場で止まらず再びコース」の箇所がいくつかあって危ない。決勝で大事に至らなければ良いのだが。

ラストアタックは‥‥。
あら~。カムイ12番手でノックアウト。

上位はRBRの2台、ハミ、マッサの順でQ2お終い。

11 ヒュル
12 カムイ
13 ハイドフェルド
14 スーティル
15 ペトロフ
16 アルグ
17 ブエミ

■Q3
5強の各車、続々コースイン。

セブは遅らせてアタック?
まずはウェバーからアタック開始。
アロンソ、早くも1周目で35秒台に入れてきた。トップ。

セブがわずかの差で2番手。
ハミ3番手でクビサが4番手に食い込んできた。

残り2分。
ラストアタック。
アロンソ自らのタイムをさらに上回って、コレはトップ磐石か?

ラストにRBRの2台が残ってた。
セブ、来るか?
よっしゃ来たーーーーー!!!
セブポーーーーーール!!

ウェバーが2番手
以下、
3 アロンソ
4 ハミ
5 ニコ
6 マッサ
7 バトン
8 クビサ
9 MS
10バリ
の順

セブ、鬼気迫る走りで1分35秒585、速い!!
鈴鹿に続く連勝なるか?

明日は雨の予報
大混戦になってしまうか?
降れば降ったで面白いが、大丈夫かなぁ‥‥。

2010年10月 9日

鈴鹿日記02 大雨の鈴鹿にて

今日は朝から天気が悪かった。

白子駅についたときは小雨。
シャトルバスでサーキットに到着。

P3開始のころから徐々に雨脚が強くなって、雨合羽も浸水状態。
P3は結局アルグエルスアリとグロックがタイムを出しただけで、その他はノータイム。
多くても2周、少ないチームは1周のみ。
それでも最初はピットアウトする車もあったが、終盤はトロロッソの独壇場。
セブが初優勝したモンツァを思い出すなぁ~。

次は昼飯‥‥なのだが、雨がかなり強くなっていたおかげで座る場所を探すのも一苦労。
なんとか居場所を見つけ、昼食にありつく。
予選開始まで、1時間弱。

昼食を終えても雨脚は弱まるどころかどんどん強くなっていく。
「これは予選スタートディレイでしょ」
予想通り、定刻から30分遅れの14:30スタートに‥‥だが、雨は止むどころかますます激しさを増し、14:20にさらに30分遅らせて15:00スタートとすることが決定。
その時点で「今日の予選は無いだろう」と判断してサーキットを離れた。

結果的にその判断は正しく、さらにもう1回のディレイのあと、正式に延期決定。
‥‥それにしても、チャーリー・ホワイティングは何故あんなにディレイしまくってまで、予選実施にこだわったのだろう?まったくよくわからん。

2010年10月 8日

鈴鹿日記01

鈴鹿にやってまいりました~。

初日、お天気は良好。
今年も鈴鹿はのんびりしたムード。

朝から屋台で買ったあれこれを食しつつ、フリー走行観戦。

■P1
ハミ、序盤でやらかす。
「イエローが出たな~誰か、コースオフでもしたかな?」と思っていたら、デグナー1で姿勢を乱し、デグナー2でコースアウト、そのままタイヤウォールにクラッシュして、フロントセクションを派手に壊していた。

これで、ハミのフリー走行1は終了。

相変わらず、RBRの2台が速い。
彼ら以降は接戦。

アロンソ、マッサとバトンが苦戦中。
カムイもいまいち乗れていない。

昼飯を食っていい時間になってきたので、再び席に戻る。
午前中はかなり暑かったなぁ。
日焼けしそうだ。
午後はどうかな?
?ちょっと寒い。
やっぱり明日は雨なの?

■P2
各車、コースイン。
P1でマシンを壊したハミはまだ出走できず。
アロンソが好タイム。
ペトロフもクビサを抑えて上位に名を連ねている。

余裕のRBRは序盤アタックせず。
中盤機が熟したか出てきたRBR勢。
まずはウェバーがトップタイムをたたき出し、タイムチャートの一番上に。
1回目でタイムの出なかったセブだが連続アタックで圧倒的なトップタイムをたたき出してウェバーを追い落とす。

クビサとカムイはそれぞれチームメイトを上回って、実力を発揮。

気温は時間とともに下がっていく。
さむー。
その後は各車タイムがなかなか伸びない。

何とか修復を終えたハミが最後に出てきて2アタック。
13番的に滑り込んだ。そこはさすがマクラーレンといったところか。

フリー走行後、ちょっとだけ雨が降ってきた。
明日はだめかなぁ‥‥。

とりあえず、ホテルに戻って夜はうまいものを食べた。(゚Д゚)ウマー。

2010年10月 6日

やばい、鈴鹿の準備が何も出来ていない~。

今週金曜日から旅立つというのに~。

しかも仕事は相変わらず忙しい~。

いつ準備をすればよいのやら~。

まぁ、あまりアレコレ持たないのが一番だにゃ。
それに毎年行ってるので、ほぼ装備は揃ってるしねぇ‥‥。

ちなみに、手元にあるF1服は‥‥B・A・R、HONDA、SAF1、ブラウンGP‥‥って、全チーム無くなってるじゃないか~。
もうアレコレ買わなくてもイイかなぁ‥‥でも、結局現地で何か買うんだよね‥‥。
外人さんが売ってる過去モデル服にでもするかなぁ‥‥。

2010年9月27日

F1GP 2010 Rd.15 シンガポールGP決勝■‥‥のレポートだったのだが、途中から祝勝会になってしまうの巻

■Rd_15シンガポール

世界3大がっかりのひとつマーライオンが見守る、ナイトレース、がっかりに終わるか、喜んで終わるか?

残り5戦。

天気は晴れ。
雨の心配はなさそうだが、現地は蒸し暑そうだ。

マッサがエンジン交換。9基目投入で10グリッドダウン。
だが、もともと最下位スタートなので影響なし。

アルグエルがピットスタート


でも、今日はホークス中継のほうが気になるなぁ~。
優勝が決まっているので、胴上げとビールかけは見たいぞ。

市街地ということで何度S.C.が出るのか?
イイタイミングでピットに入ったら、展開も変わるか?

■スタート
アロンソVSセブ
アロンソ、派手な寄せ
大きな混乱は無かった模様。

カムイは1番手落とす。
ハイドフェルド、マシンを壊してしまった。
久々のレースは無念の展開。

マッサ、ピットへ。S.C.を考慮した一か八かの作戦。
ハイドフェルド、ノーズとタイヤ交換して出て行く。

リウッツィがハイドフェルドに当てられてしまった模様。
リアタイヤが壊れてしまった。

S.C.!!

上位陣ではウェバーだけが入った!!
下位チームはギャンブルを打ってきた!!

マッサは大正解。

グロックは逆ギャンブルで10位に入ってきた。

S.C.アウト!!

ツルーリ交換したばかりのタイヤがパンク。

カムイウェバーにかわされた。無念。
これは、ウェバー有利な展開だ。


改めて、ホークス優勝、おめでとう!!
秋山監督、いい顔だ!!
小久保、松中、川崎、本多、多村、杉内、和田、馬原、摂津、ファルケン、松田、甲藤、森福、オーティズにペタ、みんなおめでとー!!
王さんおめでとー!!
お父さんも喜んでる!!

杉内と和田で2連勝‥‥あと1勝は継投でクライマックスシリーズ突破だ!!


レースは‥‥まだ、17周?

何もおきまへんなぁ~。
浮気して、サンデースポーツ(NHK)。

にへら~~~~。
正直、F1どころではなかったり。

戻ってきた。
ピットとかいろいろあった模様。

カムイクラッシュ!!
そこにブルーノが突っ込んだ!!

S.C.IN!!
ブルーノ不幸。

クビサ、バリIN
ポイント圏内で戻った。


優勝記者会見@UST

ハミ、ウェバーに当たってリタイア~~~!!
2戦連続ノーポイント!!
インシデントが出た。
ハイドフェルド、MSクラッシュ。

UST止まった。

セブ~、アロンソ抜け~。
地味な展開だ。

気づけば残り15周。

クビサ、タイヤトラブルで緊急ピット!!

むひょ~~~~!!
祝勝会始まった!!
ゴーグルが居る、作業ヘルが居る、馬頭が居る、ビール頭が居る!!

ビールかけ!!
ビールかけ!!
ビールかけ!!

まだ仕事あるけど、俺も酒~~~!!
おめでとーーーーーー!!
おめでとーーーーーー!!
うれし~~~~~TT

秋山監督~~~~!!
おめでとーーーー!!

王さ~~~~~~~ん!!!
うわ~~~~~~~ん!!!

いよいよ鏡割り!!


ぽんちゃん!!盗塁王おめでとう~!!

おめでとーーーーーーー!!!

川崎の音頭でかんぱーい!!
やったばい!!

J SPORTS ESPNとUSTを生視聴中!!

うほほほほほほ~~~~~い!!

キャプテーン!!
ムネリーン!!!

さいこーーーーです!!!

まさに、鷹の祭典!!

やっぱりシーズン勝ったチームが優勝だよねぇ~~~。
まだ、恐怖のプレーオフがあるんだが、今日ぐらいは大騒ぎ。

酔っ払う~。


にはははははは。
にょほほほほほほほほ。
フゥーーーーーーーハハハハハハハハハ!!

杉内~~~~!!
昨日はすごかった!!

かんとくーーーーーーーー!!
ぽんちゃん~~~~~~~~~!!

みんなうれしそうだ~~~、俺もうれしい!!!!!!

ビール掛けいいにゃぁ~~!!
大隣、ぽんちゃんに怒られてる。しっかりせえや!!

長谷川登場、虫がついてるぞ。
会場、外なのね。風邪ひかないように!!

インタビューを要求する甲藤。

二元中継。

森福!!今年、彼の成長は大きかった!!

馬ちゃんおつかれ~~~~!!
馬の被り物が素敵。
君が居てこその優勝だ!!

あと5分で終了だって!!

オーティズ、ラーメンマン?


終わった~~~~!!

小久保キャプテンの挨拶!
クライマックスシリーズもがんばってくれ!!

一本締め!!

いよ~~~~~~~~パン!!


祝勝会終了!!

あ、F1ラスト見てない。

そのままオワッタッポイ。
ま、いっか。

げーんかいぃな~だ~の~し~おかぁぜに~~~~~~~~~!!
き~たえぇしぃつばさ~~~た~くまぁしぃく~~~~~~~!!
われら~のわれらのそふとば~~~んくほぉお~くす~~~~!!
それっ!!!

優勝おめでとーーー!!
これでクライマックスシリーズ負けたら最悪だなぁ‥‥。

前に戻る 1234567891011

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧