2014年3月30日

F1GP 2014 Rd.2 マレーシア決勝

ボッタスさんペナルティで3グリッド降格。
国歌斉唱の前にマレーシア航空機事故への追悼。
今回のフェラーリのホテル問題は完全に巻き込まれた感じだなぁ。

フォーメーションラップ
ペレス、ピットスタート。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート
今回は1発で決まった!!
ニコがいいスタートでセブを抜いた。マルドナド、いきなりぶつかった!!
相手はビアンキ。

セブが伸びず、リカルドにも抜かれて4番手。
アロンソ、ヒュルケン、キミ、マクラーレンの2台。
ヒュル、2周目でアロンソさんを抜く。
マグもキミを抜く…あら、フェラーリスローダウン。
キミだよ~TT
リヤタイヤパンク。
マグに抜かれたタイミングだが。
2周目の最初だっただけに不運。

ベルニュピットイン。
マクラーレンはマグとジェンソンでポジションチェンジ。
キミ、ピット…接触はなかったらしいが、マグヌッセンのペースが全く上がらず、ウイリアムズに追い立てられる。

セブがリカルドをかわして3番手。

マッサ、マグを最終ストレートでかわすが、メインストレートでかわされる。
いつものパターンで1周無駄にした。
マレーシアはDRSゾーンが2回続いているからこうなるって、マッサぐらいのベテランなら把握しておくべき。

やはりキミはマグに当てられていた。
む~。
マグキミ、審議。

ペレス、おとなしくピット内でレース終了。
ビアンキペナルティ。

ボッタスさん、マッサが邪魔した!!

マルドナドに「リタイアしろ」
まだ7周目。

ハミが独走態勢。

今年から、ピットストップペナルティは作業も出来る。

ピットに引き戻されるマルド師匠w。

マグヌッセン、ピット。ウイング壊れてるから厳しかったな。
しかし、審議中なので、もう少し待っても良かったのでは?
ほら、出た!
5秒ストップペナルティ。

中団勢、続々ピットへ入って1回目の交換。

アロンソさん、ピットへ。
タイヤ交換速いなぁ。

ピットアウト後にでくわしたグロージャンをあたかも居ないかのごとく抜き去る。

リカルド入る。
アロンソさん、ピットアウトタイミングで抜く!?
いや、リカルド粘る!!
抑えきった。

セブ、BOX、入った。
それにしても、エンジン音が地味。
ジェンソン入る。

ニコ入る。しずしず。
ニコ出る。するする。

ハミ入れ。
ヒュルケンの直後に出る。

可夢偉10番手からピットへ。
ハミルトン、ヒュルケンをさくっとかわしてトップ復帰。

…しかし、こうなってしまっては退屈なレースだなぁ。
音も地味だし、現地観戦したら寝てしまうこと確実だなぁ。

キミ、18位…TT。
エリクソンと争う。ぐぬぬ。
ベルニュが来ない…止まったか?
ベルニュリタイア、開幕戦では良かった方のルノーのトロ・ロッソ、今回はだめだった。

ボッタス対クビアト若手対決。

マグヌッセン、ピット。
5秒停止ペナルティの消化って、いつでもいいのね。

今年の車載カメラノイズが多いなぁ。
昔の映像を見ているみたいだ。
PUの電機部品の影響か?

ジェンソン、ミディアム。
可夢偉、11番手。
悲惨なフリー走行だったが、がんばっとるのう。

セブ、入る。
と思ったら、リカルド。

マグヌッセン、可夢偉に襲いかかる。
マグヌッセン、DRSのルールをきちんと理解している。
マッサとは偉い違いだ。

今度は可夢偉対グロージャン。
ケータハムと言うことを考えると、がんばってるなぁ。

可夢偉、DRS作戦を上手く使ってポジションを守った。
グロージャンはマッサと同じだな。
さすがにもう無理か。

セブ、ようやくピット。
ニコも入る。
セブの前で戻る。

ハム太郎入った。
圧倒的にトップでもどる。

ヒュル、リアが厳しい。
エイドリアン、コース上でストップ。
S.C.は出ない?

ヒュル、ハードに変更。2ストップか?
セブがニコに迫る。

キミ「雨、降ってるよ」

さぁ、どうなる。
S.C.はなかった。セブ、少し遅れる。

セブ「ニコの水かオイルが跳んできてる」
ピット「それ、雨だから」
セブ「ぐぬぬ」

リカルド、結局3ストップ。
…タイヤがきちんと止まってない?
左フロント。
またもチームのミスのせいで好走がフイになってしまう。
グロージャンだったら、ぶち切れですよ。

キミにかわされ、14番手までドロップダウン。
しかも、ペナルティになりそう。
泣きっ面に蜂。
さらにフロントウイングが落ちた。
馬の耳に念仏…ちがう。
タイヤにもカットライン。
あれこれパーツをばらまきながら激走。
呪われてるなぁ。

リカルド10秒ペナルティ…。
…やめたって~、もうリカルドのHP0やん。

マッサがジェンソンを激しく追い詰める!!

残りわずかになって、セブ、ニコピットへ。
ハードタイヤの消化義務を果たす。
次はハミ。

キミ、11位争い。
グロを狙う。

ハミさくっと入って(ウイング下げて)、トップで戻る。
残り5周。

リカルド、ピットへ。リタイア。
あれこれ温存のため。
不運。ミスがなければ。

アロンソさん、ヒュルに追いついた。
3周で5秒詰めた。

アロンソさん、上手い。速いフォースインディアを抜いた!!
ヒュルケンベルグ必死の抵抗も万事休す。

ボッタスに、マッサ差せ指令。
だが、マッサ抵抗。
チームとしてはボッタスにジェンソンを抜かせたいのだが、「チームプレイ、何それ?」状態。
またも、怒られる。
「邪魔するな」
…MS、アロンソさん、そしてボッタス。運命なのか?

マッサ、あくまで抵抗。
残り2周。

ハミルトン、余裕の走行。
グランドスラム勝利か?

マッサVSボッタス。
チームオーダー無視のマッサをボッタスかわせない、そしてファイナルラップ。
ジェンソンラッキー。

ハミルトン、楽勝で今季初勝利。
ニコが2位で、ワンツー。
セブが3位、4位アロンソさん、5位ヒュルケンベルグ、6位ジェンソン。
7位マッサと8位ボッタス、去年に続いてマレーシアでチームオーダー問題が発生!!(去年は有名な『マルチ21』とメルセデスの2チーム)
9位マグヌッセン、10位クビアト、両新人が2戦連続ポイント!!

以下、グロージャン、今季チーム初完走。丸1周パンクで走り続けた不運なキミ、可夢偉13番手フィニッシュ。
14番手はエリクソン。

ハム太郎、大喜び。

ニコと抱擁もこの差は大きそうだ。
セブ、これで「強いマシンだから」という皮肉からは少し解放されるか?

ハミルトン汗かいてるなぁ~、あ、マレーシアだった。当然か。
髪が薄くなってきた?

それにしても、メルセデス、強いなぁ~。
圧倒的だ。
…次のバーレーンも同じ感じだろうなぁ。

★今回のまとめ
ハミルトン圧勝、メルセデス他を寄せ付けず
キミ、不運
リカルド、もっと不運
ヒュルケンベルグ、健闘
ウイリアムズ、好走勃発
可夢偉、チーム状態の割にがんばった
こんな感じか。

連続ポイントは、ニコ、アロンソさん、ヒュルケン、ジェンソン、ボッタスさん、マグヌッセン、クビアトの7人って、トラブルだらけの開幕戦というイメージが強かったが、結構同じ顔ぶれだな。

F1GP 2014 Rd.2マレーシアGP予選

いきなりTVに映し出される豪雨。
真っ白な空に叩き付けるような雨。

ひとまず15分ディレイ。
これは厳しいなぁ。

開幕戦に続いての雨の予選。
…それにしてもザンザカ降ってるなぁ…。
止みそうにない。
ヨーロッパのご都合合わせにマレーシアの神も怒っているのではなかろうか?

浮かない顔のセブ、切なげな顔のグロージャン。

ヴァン・デル・ガルデ。金でザウバーのリザーブシートを得る。
しかし、このご時世、中堅以下のチームのリザーブシートなんて金をどぶに捨てるようなものではないだろうか?

ご機嫌なニコ。何かを食べてる。メロン?
クビアト。デカい。態度もデカそう。

雨すげー。まさに「叩き付ける」と言う表現がふさわしい。

P3では、可夢偉とマクラーレン勢が全く走れない状態。
マクラーレンは、今話題の流量計に問題があるらしい。
FIA、悪さをすることにかけては天下一品だ。

Essoロゴと、かっこ悪くなったアリクイノーズ。
それにしてもEssoロゴって、ノスタルジーを感じる。

さらに15分ディレイ。

それにしても、豪雨。

そういえば、ヤン・マグが来てたな~。なつかすい。
さらに15分ディレイ。

鳥、水浴び中。

天気良くなってきた。
さらに5分。

キミとっとと乗り込む。

HAMって書いてある、ハミルトンの後頭部。ハム太郎。

■Q1
50分遅れでQ1スタート!!

メルセデスの2台に可夢偉が続く。
各車インターミディエイトでスタート。
あの雨の割には、水はけいいのね。

ジェンソンはウエット!
さて、どうなる?
悪ければ、変えればいいだけだが。

あ、あ、エリクソンがスタートできず。
引き戻される。

キミもピットから出ない。
セブは今出た。

まだまだ水煙すごいなぁ。

ニコトップタイム。
マクラーレンは外れ。
マグピットイン。
ジェンソンはそのまま。

セブにトラブル!!ぐぬぬ。
ピットに入るセブを尻目に、リカルドは3番手タイム。

雨が降ってきた。
これは、マクラーレンやらかしたか?

セブバッテリートラブル。
バッテリーのリセットに成功か?コースに戻った。
3番手にジャンプアップ!!

うわ~、エリクソンクラッシュ!!
マシンの右側を壊して、コース上にストップ。
赤旗。残り35秒で時計が止まって、マルドナド、スーティル万事休す。
縁石か。

Q1再スタートはなし。1周分の時間がないから、当たり前だな。

17 マルドナド
18 スーティル
19 ビアンキ
20 可夢偉
21 チルトン
22 エリクソン

■Q2
今度は各チームウエット!!
キミ以外皆ウエット。キミ…。
アロンソさんもか?
よく見えん。

うおっ、前が真っ白。
これは、止めた方が良くない?
アロンソさん、無理。よろよろ走行。
キミ愚痴。

赤旗。
クビアトとアロンソさんがクラッシュ。
キミ、ラッキー。
クビアトに乗り上げたが、アロンソさんのマシンは無事か?
サスペンションが逝っている。ダメポ。
10分で戻れるのか?

フェラーリメカの人の壁(笑)。

再スタート、皆ウエット?いや、ウイリアムズ1台インター。ボッタスさんか。
アロンソさん、間に合った?

ボッタスさん、非常に厳しいが、上手いことは上手い!!

マグヌッセンピット入り口でスピン、入れてしまう。
最後にウエットに変えたボッタスさんだが、さすがに1発ではタイム出るわけない。

クビアトが10番手に食い込んだ!!
だが、ベルニュ、先輩の意地、クビアトを追い落とす!!
ウイリアムズ、作戦が悪く全滅。
グロージャンはスピンで最下位。

11 クビアト
12 グティエレス
13 マッサ
14 ペレス
15 ボッタス
16 グロ

グロ、「トロロッソに邪魔された」。
リカルド、ボッタス審議。
意味ないでしょ。これ。

セブ、2番手。RBR、侮りがたし。

■Q3
キミウェット、マクラーレンの2台がインター。
他のチームは全部ウェット。
やっぱり無理。
また戻る。
Q1と同じやんけ。

マグ、インター>ウェット普通。
ジェンソン、インター>インター…って、何事?
予選をあきらめた?

ハミルトントップ!!
セブ、2番手。
腐っても鯛!!

後半、雨が強くなってきた。
ハミルトン「何も見えない」

セブ、間に合わなかった。
ニコは意地で1つあげて3番手。
ハミがポール。
アロンソさん、4番手。
キミは6番手。
3チーム、3種類のエンジンで上位6グリッドを埋めた。


1 ハミルトン
2 セブ
3 ニコ
4 アロンソさん
5 リカルド
6 キミ
7 ヒュル
8 マグ
9 ベルニュ
10 ジェンソン


…ジェンソンは、作戦が全くの空振りだったが、どのみちそれほど変わらんだろう。

2014年3月16日

F1GP 2014 Rd.1オーストラリアGP決勝

あれこれ話題盛りだくさんのF1 2014年シーズン。

2006年から続くV8 2400ccエンジン規定から、新しい直6 直噴1600ccシングルターボ+新回生エネルギーシステム(ERS)を搭載したパワーユニット規定へ、そして、車体外観も大きく変わり、さらにはドライバーラインナップも昨年と同じなのはメルセデスのみと言う大シャッフル、チーム代表もメルセデス、ルノー、マクラーレンの3チームで引退、移籍、交代がありロン・デニスやフランク翁も戻ってくる。

変化の影響で開幕前テストでは、ルノーエンジン勢がどうにもこうにも走れずに、昨シーズンまで4連覇の無敵王者・セバスチャン・ベッテルがテストの総合タイムでなんと18位に低迷。

今回のフリー走行1~3では、昨年大躍進を遂げたロータス勢が地獄の苦しみ。

ここ数年苦しみ続けたウイリアムズが復活の兆し。

昨日の予選は雨で実力通りとは行かなかった部分もあるが、メルセデスだけは別格の雰囲気。
ハミルトンが祖国の英雄、ナイジェル・マンセルに並ぶ36回目、メルセデスエンジン勢としては100回目のポールから圧倒的スピードでレースを先導するのか?
もう1台のレッドブル、ウェバーの後を継ぐオージーの後輩、ダニエル・リカルドが「レッドブルは死なず」を示すのか?
幼少からのライバル、ハミルトンとの激しいチームメイトバトルを示唆したニコが間隙を突くのか?
アロンソさん、キミというフェラーリコンビがベテランの強さを見せつけるか?
予選で大活躍、マグヌッセンは緒戦をいかに戦うか?不運でグリッドを落としたジェンソンは?
そして、2年ぶり復活、日本代表・可夢偉はどう走る!?

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■いよいよフォーメーションラップ!!
あ~、マルシャ、チルトンスタートできず。
グロージャンいきなり、ドライブスルーペナルティ。
ピットスタートの整列時間を守らず、早く出過ぎた…って、泣きっ面に蜂だな。
セブは、ブーストがかからず?10連勝に早くも黄色信号!!

整列、いよいよスタート!!
お!
イエロー!
スタートディレイ、原因は何?
今度は、ビアンキ!!
またもマルシャ、2台ともスタートできないのかと思ったら、ビアンキはエンスト。
再度、フォーメーションラップ。
セブ、無線でアピール。やはり、エンジンパワーが無い?これは厳しい。

スタート!!
ニコがいい、ハミがあまり良くない。

可夢偉、いきなりクラッシュ!!リタイヤー!!
マッサと絡んだ!!

中団でクラッシュ!!誰が巻き込まれたか?
マグがハミをオーバーテイク!!アロンソさん、抜かれていく!!
いったい、何台消えたのか?

同国人同士、ペレスとグティエレスが絡んだようだ。
両者リタイアせず、ピットへ。

ハミルトンにリタイア宣告も守らずに周回を続ける。
いや、「のんびり走れ」…って。

ボッタスさん、やるな。
ポイント圏内に食い込んできた。

ポールのハミ、わずか4周でリタイアとなってしまった。
ステアリングを外す。
チャンピオン候補がいきなり消えた!!

アロンソさんの後ろに、昨年の開幕戦勝者、キミが接近!!
ボッタスさん、がんばってる。

無敵王者、セブ。
マシンが全くらめ~。
ピットイン。やる気なし。
馬に乗せられ、リタイア。
これでF1連勝記録が9で終わってしまった。
同回数のアスカリは、2年をまたいでの記録だが、マシンの変化がそれほど無い時代だったからなぁ。

リプレイ、可夢偉、これは、ペナルティ喰らいそうなミサイル状態で、マッサを撃墜。
マッサ、無念。

ボッタスさんが同郷のキミを煽りまくる。
そして、喰う!!
すごい勢いだ。

可夢偉、審議。確実にペナルティだな。

ボッタスさんがキミに代わって、アロンソさんに接近。
追い詰める!!
去年鈴鹿でボッタスさんを応援してた外人さんたち、喜んでるだろうなぁ~。

セブ、とっとと着替えて裏へ。

ボッタス、壁に接触!!
ああ~。
後輪が外れて、これはサスが死んだか?
「勢い余って」、だったなぁ。
これでウイリアムズ2台、戦線から消えた。
ボッタスはコースに戻る、ソフトタイヤへ変更。

ボッタスのホイールとタイヤがコース内に落ちたまま。
S.C.入った!!
ボッタス生きる。

リードを築いていたニコ、不運。
まず、ジェンソンがタイミング良くピットへ!!

ぐるっと回って、ニコがピットへ、リカルド、マグも続く。

タイヤ撤去。
隊列が出来たら、S.C.はすぐに終わりそうだな。

レースはまだ1/4。
どんなトラブルが待ち構えているのか?

しかし、可夢偉のミサイル。立場良くないのに、厳しいなぁ。

ジェンソンのピットイン、うまい!!
このS.C.で順位を上げて、現在6番手。

天気予報。もしかしたら3コーナーで通り雨?
あくまでも、通り雨レベル。

トワイライトレースなので、雲がかかったら、暗くなるなぁ。
このラップでS.C.は戻る。

リスタート!!
ニコがさくっとスタート。
後続がトップ争いをした事のない面々だけに、楽勝で駆け抜ける。

ニコ、リカルド、マグ、ヒュル、アロンソさん、ジェンソン、ベルニュ、キミ、エイドリアン、クビアトのトップ10。
ボッタスさん、12位。がんばれ!!

マグヌッセンがリカルドを追うが、少し離された。
ピットのセブ、不満げ。

ヒュルを激走で追うアロンソさんの後ろで、文字通り安全運転のジェンソン。燃費走行だな。

むう~。ニコ逃げたなあ~。

ロータスの2台。遅いが走行を続けている。
キミがポジションをあげてきた。

ヒュルケントレインのまま、しばし、膠着。

マルドナドと、グロージャンの争い!!今は昔。

やっとレース半分。
ボッタスさんがすごい勢いでクビアトを抜いていった。
ヒュルケントレインの後ろにつけるか?
キミがトレインから離され始めた!!
いや、前に付きすぎて、コースアウトしかかったのか。

ニコ、タイヤがつらくなってきた。

ニコがエリクソンを周回遅れにするか?
って、戦前予想より差はついていないなぁ。
F1のトップチームって恐ろしい。

アロンソさんは、ピット抜き狙いだろなぁ。
エリクソン、止まった!!オイルプレッシャー低下。
リタイアで、ケータハム全滅。

グロ、ピットへ。トラブルか?
タイヤ交換。
マルドもピットへ。
タイヤ交換。
2台で60周も走れた!!これは、大きい。
…と思っていたら、マルド、止まった。ちゃんちゃん。

お、アロンソさんがヒュルケンにアタックを始めた!!
抜けるか?
ん~。抜けず。

ジェンソン、ピット!!
ノーズが壊れている!?
ぞうさん。
なるほど、ジャッキに強く当たったか。
中継陣、気付けよ!!

ヒュルケンがピットに入って、アロンソさん、おなじみのペースアップ!!
さて、どうなる。
ジェンソンが前に出ているので、アロンソさんは楽勝だろう?

ボッタスさんが再びキミに接近!!
キミ、コースオフでボッタスさんが前に出る!!

アロンソさん、ピット!!
アロンソさん、ヒュルはかわした、ジェンソンにやられた!!
抜かれたヒュルがアロンソさんに仕掛けるが、厳しいブロックで抜けず!

リカルドピット、ボッタス、キミ、クビアトが続けざまにピットへ。
キミ、もっと前にピットに入れてあげたら良かったのに。

マグ、IN!!
マグの後ろにジェンソンが見えてきた。

ニコ、入った!!
しずしずと、斜め前を向いて停車。
V字ターンを決め、トップで戻る。
タイヤ交換時にホイールドラムの一部が破損したが、タイヤに影響はなさそう。

クビアト10位走行中。史上最年少入賞なるか?

マクラーレン、ジェンソンに「マグと戦え!」

キミのマシンからタイヤスキール!「キーーーー」使徒の悲鳴みたい。
クビアトがソフトでキミを追い詰める!!
フィンランド対ロシア、寒いところ対決!!

?リカルドがマグヌッセンに攻められている!!
これは!?少し戻した。
ちなみに、赤べこ軍団はセブ以外、全員入賞圏内。

フィンランド勢VSトロ・ロッソの戦い!!

グロージャン、リタイア。
ロータス、全滅。去年は遠い過去だな。

キミは後ろから接近するクビアトを振り切った模様。
あと10周!!

ベルニュ、テールスライド!!
ボッタスさんが労せずオーバーテイク!!
ベルニュ、ブレーキングが遅れて、グリーンに乗ってしまった。

ジェンソンが、ココでペースアップ!!マグヌッセンよりラップ2秒速い。

今度はキミがベルニュに迫る。

ジェンソンと、アロンソさんにリカルドに関する指示
ベテランの逆襲か始まるか?
リカルドよりマグヌッセンが速い!!
オバテボタンを使え!!

のこり、5周。

ボッタスさん、ヒュルケンを楽々オーバーテイクで、自己最高の6位。

リカルド、マグヌッセン、2台ともがんばっている。
ジェンソンもアロンソさんも太刀打ち出来なさそう。

残り4周!!
影が長くなってきた。

残り3周。
ニコは圧倒的大差。

キミがベルニュをかわして、7番手に。

マグヌッセンに、リミッター解除指示。
残り2ラップちょっと。
2ラップ。

ニコ、ファイナルラップ!!

ニコ、開幕戦楽勝で勝利!!圧倒的な強さメルセデス!!
リカルド、開幕前のレッド・ブル不調も何のその、2位で初表彰台!!
マグヌッセン、デンマーク人史上初の表彰台!!そして、デビューレースで表彰台!!
これはすごい新人が現れた。
そして、マクラーレン昨年の表彰台0を最初で覆した。
ジェンソン、予選の不運から4位フィニッシュ、アロンソさんは地味に5位。

ニキ・ラウダ満足な笑み!!

リカルド、感激。
オージー熱狂。

ニコ、笑顔!!
これは、ハミとのチームメイト対決がすごい事になりそうだ。
トップ3人、皆破顔。
そりゃそうだな。

ニコ、ひげも剃ってすっきりだな。
こっちの方がイケメン。

表彰台にマグヌッセン、リカルド、ニコ、みんな会心のパフォーマンスで登場!!
去年ずっと聞かされ続けたドイツ国歌だが、今年最初ののドイツ国歌は、ニコのため!!

表彰台後ろの国旗が揺れている、板じゃなくてCG映像だ。

フレッシュなシャンパンファイト!!
後ろのボードの歴代優勝者のサインにMSが見えた。
今年も、シーズン始まったぞ!!

アラン・ジョーンズ登場!!
ニコに続いて、オージーの先輩が後輩リカルドにインタビュー。
うれしそうだ。
「完走できて良かったね」「2、3週間前だったら出来なかった、チームと地元ファンに感謝感激」
「オーストラリア人初の地元表彰台」

ケビン・マグヌッセン、天才と言われていた父の果たせなかった表彰台の夢を叶える。
父・ヤンは今日もどこかで走っているらしい。スポーツカー選手権だっけ?

森脇さん、アラン・ジョーンズの思い出を語る。
今は昔、70年代初頭のお話。
ウイリアムズ、初のWCになった、オーストラリア人王者。
オーストラリア人としては、ジャック・ブラバム(3回)に次ぐ、2人目のチャンピオン。

メルセデス、信頼性に難ありかもだが、速さでは他を一歩引き離している。
開幕戦コンストラクターズトップのマクラーレンは、スピードがちょっと足りなさそう。
信頼性でどこまで戦えるか?あと、メルセデスエンジンから来期ホンダに切り替わる影響がどこに出るか?
フェラーリはアロンソさんがどこまで安定して走れるかだな。途中で意欲を失わなければいいが。
キミはこのマシンに嫌気がささなければいいが、って、どっちもドライバーの戦意が問題か?
トロロッソは、ルノーエンジン不調の中、2台完走でポイントを持ち帰った。
クビアト、セブの最年少ポイント記録を破る。
セブにとっては記録が終わったり破られたり、チームメイトに負けたりと忘れてしまいたいレースだろう。
今後のリカルドとの戦いがどうなっていくか、興味深い。
第2戦マレーシアは去年勃発したマルチ21問題の因縁の地でもある。
メルセデスもチームオーダー問題が出たレースだったな。

トラブルと不運が無ければ、ウイリアムズはかなり強そう。
マッサの復活とボッタスさんの初表彰台に期待。

インドはヒュルケン頼みだな。もう一台はクラッシャー。
ザウバーはちょっと厳しいか。


有力チームで一番深刻なのは、ルノー。
そもそも短気でエンジニア気質でなく、マシン熟成に向いていない2人を抱えて、大丈夫だろうか?
現時点では、チームリーダーとして燃えていたグロージャンよりもマルドナドの方が落ち着いている感はある。
このままではこれから数レースで「有力チーム」とすら呼べなくなるかも。

可夢偉は、ひどいレースだったなぁ。レースといえるのかどうかも怪しいが。

それにしても、久々にセブ以外の人間が勝ったレースを見られて良かった。
セブは嫌いじゃないが、さすがに飽きてきた。
去年も開幕2戦勝ってないんだけどね。

第2戦、マレーシアGPは再来週!!

2012年9月24日

F1GP2012 Rd.14 シンガポールGP 決勝■追っ手へのノロイか?これは?

ひたすら長いシンガポールGP。

誰が勝つのか?
残り7戦、アロンソさんに追いすがりたいライバル達。
予選の状況からは、ハミvsセブだとは思うが。

いつもは何をやらかすかハラハラドキドキなマルドナドも、
対アロンソさんウォールとして、役に立ってくれれば‥‥む~難しそう。

ランキング3位のキミは多くは望めない展開かな。
可夢偉は、鈴鹿のために地道な走りを見せるしかなさそう。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート!!

スルスルと普通にスタートかと思ったら、セブがマルドナドに仕掛けた!!
セブ前に出た。
更にジェンソンもマルドナドをかわす。

後方は場外乱走状態。
ペトロフがウイングを落とした。

マッサ、パンクチャーでタイヤ交換。

9周目、ウェバーが先陣を切ってピット。
11周目、セブが入った!
12番手で戻った。
ペレスをズバッとかわして11番手。
12周目、アロンソさん入る。
13周目、ハミ。
キミを挟んでセブの前で戻った。
続々とピットインする中、ジェンソンまだ入らない。

23周目、なんと、ハミ止まった!!!!!
最初のリタイヤがまさかトップのハミルトンとは。
しかし、マクラーレン、こればっか。

29周目、ウェバー入った!
スーパーソフト。

マルドナド、アロンソさん同時イン!!
マルドナド前!
アロンソさんソフト、マルドナドスーパーソフト。

ようやくレース中間点。
アロンソさん、マルドナドに襲い掛かる。
が、安全策を考えるなら、じっくり攻め落とした方が良いと思うぞ。

MSトレインに並ぶ、キミ、マルドナド、アロンソさん。
何処かでイエローカーティケヤン止まった!!!!!

キミ、入った!
SC!!
カーティケヤンは市街地禁止!!
ピットクルー、ウンザリ顏。

セブ、ジェンソン入る。
マルドナドはもう1度入った。謎。
アロンソさんステイ。
これで隊列に変化があったか?

そして、アロンソさん3番手に上昇。
ん〜。

マルドナド、リタイアするらしい。
予想以上に長いぞSC!!
撤収は済んでる。
だが、まだ続く。

マルドナド、ピットに入ってリタイア。
マシントラブル。
第5戦以降ノーポイント。

やっとSC退場。
39周目で再開。
リスタート!!

ウェバーがヒュルケンベルグを抜く!!

シューマッハ、大クラッシュ!!!!!ベルニュに追突!!!
ドライバーは無事。ベルニュに謝るシューマッハ。

またもやSC入りにけり。
ウェバー、ヒュルケンベルグ、ペレス入った!

ペトロフピット出口で停車。
引き戻されて、ケツにガンを突っ込まれる。

今度はSCすぐにアウト。
ペトロフ復帰。
ホイールナットがはまらなかった模様。

43周目で再開。
マッサ、ブルーノ、接触も持ち堪える。
セブ、逃げを打つ。

スーパーソフトのマッサ、リカルドを狙う。
セブ、ファステストの後、ジェンソンが塗り替える。

可夢偉、辛そうだ。

グロージャンにチームオーダー、キミを前に行かせる。

可夢偉、しぶといなぁ。
ペレス、ヒュルケンベルグに突っ込む。
ペレス、ウイング壊した。ヒュルケンベルグ、バージボードが飛ぶ。

可夢偉、ウェバーにやられて、ヒュルケンベルグにフロントウイング踏まれた。
あーあ。

2時間を超えて最初のフィニッシュラインをまたいだ時点でレース終了となる
2時間ルールが適用されそうだ。
残り周回表示から残り時間表示に変わった。
残り10分。
残り9分。
8、7、6…。

5分、残り5周だが、制限時間のほうが早い。

4分。3分。
2分。
1分。
セブ、単独走行。
ブルーノ止まった。

セブ、ジェンソン、アロンソさんの順でチェッカー。
セブ、久々の勝利でポイントランキング2位に上昇。

しかし、アロンソさん、しぶといなぁ。
花火だ。
セブメットも光る。久々のYes!!!!!出た。

都心のナイトレース。
リッチな人々に夜景、お酒、派手なGP、これはこれでイイ。
日本GPが富士のままだったら、
いずれはシンガポールGPに行っていたと思うのだが。

表彰台、久々のドイツ&オーストリア。
シャンパンファイト!!
うわっ、火花、火花!!ドコまでも派手なシンガポールGPだなぁ。

インタビュアーは、あら、エディー。派手なシャツ。
セブ、シドに捧げる勝利。
78年からの彼の偉大なる足跡はずっと語り継がれるだろう。

ジェンソンとの小粋なやりとり。
マクラーレン勢は、1台リタイアという状態をナントカせねば。

ランキングトップを堅持したアロンソさん。
「追いすがる誰かに何かが起こる」と言うことを本人も認識。

エディーの愉快なインタビュー後(オッサン、目立ちすぎ)‥‥公式会見は中継なしかよ!!

残り6戦。
ハミ、ジェンソン&セブ、ハミ
‥‥アロンソさんに近づこうとする不逞の輩には次々と神のいかずちが落ちる状態。
これは決まったかもしれんなぁ。
チームを越えての包囲網って言うわけにもいかんだろうし。

さて、次は鈴鹿、年に一度のお祭り、日本GPだ!!
今年も行くぜ!!待ってろ鈴鹿!!
楽しみだなぁ~。
応援するのは、カムイ、キミ、ジェンソン、セブ。
服は‥‥どうしよう。

2012年9月22日

F1GP2012 Rd.14 シンガポールGP 予選■一騎打ちに割り込む者有り?

予選レポートの前に。

先週木曜日、84歳で亡くなられたシド・ワトキンス博士に哀悼の意を捧げます。

F1の安全性向上の多くは彼がいたからこそ成し遂げられたもので、サーキットの医療体制の充実、今では当たり前になったオープニングラップをドクターカーがついて回るようになったのも彼が始めたことの一つ。

著書によると、まだ「勇猛果敢」だった当時ドライバーに否定的なことを言われたそうだが、最終的には、すべてのドライバーの尊敬を得て行ったのは、やはり教授の人柄と真摯な取り組みによるものだと思う。
きっと今頃天国で仲の良かったアイルトンや先に逝った仲間たちと一緒にのんびり魚釣りでもしている事だろう。

ご冥福をいのります。

さてさて、鈴鹿直前エキゾチックなナイトレースのシンガポールGP。
F1公式アプリのコース図も金色に光っていて綺麗。
背景はほとんど表示されてないけど。

プラクティスは全てセブがトップタイムを記録。
今季全ドライバー中初。
対抗馬はハミ&ジェンソンのマクラーレン勢。
アロンソさんを追う面々としては、彼との間に何人挟めるかが課題となってくる。

キミ、可夢偉辺りはフリー走行非常に厳しく今回はダメそうだ。
決勝のタイヤ作戦でどれくらい巻き返せるかというところだろう。

ソフトとスーパーソフトのタイム差があまりに大きいので、予選はQ2落ちして決勝に賭けると言うのもあるかもしれんな。


■Q1
ペレス、シケインカット。
おっと、キミコースオフ。
ニコ、ジャンプ。
ハミ、コースオフ。
場外走行祭りだな。

ハミルトン、白メット判りにくい。
しかしトップ。

キミ、スーパーソフト投入。
厳しい。

可夢偉ピットの中でノックアウト決定。無残。

18 可夢偉
19 ペトロフ
20 コバライネン
21 グロック
22 ピック
23 カーティケヤン
24 デ・ラ・ロサ

■Q2
グロージャン、スピン、リヤを当ててしまった。
セブ 1分46秒台!!
ハミが更に上回る!!

ブルーノ、マシンを壊して、The End。
ハミとセブだけが圧倒的タイム。1秒離れてジェンソン。
以下、アロンソ、ウェバー、キミ。

グロージャン、キミのロータス勢がアタック開始。
上位3台以外はリトライが必要だ。
ここまで全セッショントップだったセブのパーフェクト記録は途絶えるが、
まぁ、最終的に予選トップならば問題なしだ。

今走った方がタイムは良さそう。
マッサダメ、キミ、ノックアウト。
MSギリギリで帳尻合わせてきた。9番手。

11 ヒュルケンベルグ
12 キミ
13 マッサ
14 ペレス
15 リカルド
16 ベルニュ
17 ブルーノ

むー。

■Q3
セブ vs ハミの一騎打ちの様相を呈してきた、今年のシンガポールGP予選。
出来るだけアロンソさんを後ろに追いやっておきたい。
レッドブル&マクラーレンで2ndグリッドまでを占めてしまいたいところだろうが、
アロンソさんもそうは問屋が何とやらって感じか?
1アタックに全てを掛ける。

ジェンソンのタイムをハミが大きく上回る。
猛烈に速いなぁ。
セブはジェンソンより後ろ。
ひとまず、この3台だけが1stアタックを完了。

アロンソさん、ウェバーがコースイン。
セブ、ジェンソン、ハミも出た。

つーか、急がにゃアタック出来んぞ。
メルセデスは出ない。
アロンソさん、タイム出てない…いや、ハミのタイムが無茶なだけか。
マルドナドが2番手。

アロンソさん、3番手どまり。
セブ、マルドナドにやられた。
うわーっ。
マルドナド、ウゼー。

1 ハミ
2 マルドナド
3 セブ
4 ジェンソン
5 アロンソさん
6 ディ・レスタ
7 ウェバー
8 グロージャン
9 シューマッハ
10 ニコ

の順。

セブ vs ハミになるかと思っていたが、ハミだけが圧倒的な状態になってしまった。

明日は、アロンソさんの前にたくさんの人を詰め込みたい所なので、マルドナドがアホなことしなければ良いが。

2012年9月 8日

F1GP2012 Rd.13 イタリアGP予選■久々の2強対決

前戦は事情により実況できない環境での視聴だったので、久々に実況してみよ~。

後半戦、初戦はジェンソンが圧勝でスパを制したが、ハンガリー、ベルギーとマクラーレン勢が連勝しており、マシン的には一番充実しているようだ。スパでもハミがスタート早々のグロージャンミサイルでリタイアしなければソコソコは走っていたのだろう。

フェラーリはマッサが物足りないので、アロンソのマシンとドライバーの比率がイマイチ見えない。
とはいえ、目安的ドライバーが在野にはいないし。
昔は誰かしら居たものだが。
ニックとかニックとかニックとか。

さて、モンツァ。
好調なマクラーレン勢か?
地元フェラーリ勢か?

レッドブルはフリー走行不調。
メルセデスは牙を隠す。
キミは自信なさげ。
エンジンパワーはメルセデス>フェラーリ≓ルノー?

フリー走行3では、ハミルトンとアロンソが1/1000秒差。
今回も超接近戦の様相。

ロータスは出場停止のグロージャンに代わって、3rdドライバーのダンブロシオを登用。
マシンの実力を測るために経験者を使うかなと思ったが。

そうそう、ザナルディ、ロンドンパラリンピックで2個目の金メダル獲得!!
おめでとう!


■Q1
ハードタイヤでロングラン。
こなれてきたところで、タイムを出すという作戦だろうが、Q1落ちしそうな誰かがミディアムを投入したときに、作戦もへったくれも無くなる人が多いとは思うが。どうなるか見てみよう…とか書いた途端、ヒュルケンが止まったので、上記作戦はアリの方向で。

アロンソさん、圧倒的タイム!
まぁ、上位勢はルノーエンジンを載せているケータハム、それもコバだけ気をつけておけば良い状況だな。

それにしても。ダンブロシオ、酷いな。
グロージャンに心理的負荷をかけない考えか?
単純にブーリエの子飼いと言うだけの理由だが。

上位、アロンソさん、ハミ、ジェンソンの順。
下位マシン、必死のトライ。その中にウェバーも含まれている。

余裕綽々でモンスターエナジーを飲むミハエルさん。

終了。

18 コバライネン
19 ペトロフ
20 グロック
21 ピック
22 カーティケヤン
23 デ・ラ・ロサ
ノータイム ヒュルケン

■Q2
アロンソさんまたもや好タイム!
マッサを使ったり、ルノーを使ったり、無いマシンパワーを頭で補う。

上位勢は休憩中。


ラストアタック。

可夢偉、8番手。
セブ、11番手上げて9番手!

ウェバー11番手、ノックアウト!
マルドナド、砂をまき散らす。
可夢偉、生き残った!!

11 ウェバー
12 マルドナド
13 ペレス
14 ブルーノ
15 リカルド
16 ダンブロシオ
17 ベルニュ

■Q3
ポールは誰だ?
Q2は1位から10位までが0.5秒の大接戦!

Q1、Q2共に最速のアロンソさんだが、トップスピードは10位にも入っていない。去年までのセブ状態。

フェラーリ勢2台が最初にアタック。
沸く地元観客。

マッサはアロンソさんのサポートをするだけの簡単な仕事…と思いきや、引っ張りっこはやらない模様。

いや、アロンソさんがマッサのサポートだ!
マッサ、24秒台中盤。
マクラーレン勢との間にマッサを入れておきたいという意図だろうが。

マクラーレン勢はやらないのか?
それでも、ハミ、1分24秒010でトップ!

アロンソさんはタイムを出さずに戻ったが、とりあえずでも、出しておいた方が良いと思うが。

ここで可夢偉、コースイン。

MS、4番手!
キミは6番手、精一杯か?

単独走行の可夢偉。
8番手止まり。やっぱり厳しい。

ディ・レスタ、2番手!
ペナルティーさえなければ。

マッサ、2番手!

いわんこっちゃない!
アロンソさん、策に溺れた。
なんと、Q3最下位に沈む。

ポールはハミルトン!
2番手はジェンソン!!
マクラーレン勢がフロントロウ独占!!

1 ハミルトン
2 ジェンソン
3 マッサ
4 ディ・レスタ
5 MS
6 セブ
7 ニコ
8 キミ
9 可夢偉
10 アロンソ

4番手のディ・レスタがギアボックス交換による5グリッドダウンで、可夢偉8番手スタート。

決勝は、マクラーレンの2台によるマッチレースとなる公算が大きい。
出来ればジェンソンキボンヌ。

しかし、フェラーリ、言わんこっちゃ無いなぁ。
出せるときに出さないからこうなる。
絶好調のマクラーレン勢に対して、壁にもならないだろうマッサなんかどうでも良いはずなのに。

2012年7月29日

F1GP2012 Rd.11 ハンガリーGP決勝■夏休み前の通知表は?

■F1GP Rd.11 ハンガリーGP決勝

サマーブレイク前最後のレース。
昨日の予選ではハミが異次元の速さでポールポジションを獲得。
グロージャン、セブのトップ3がどのような飛び込みを見せるか?

下位に沈んだ可夢偉は巻き返し出来るのか?

まさかのQ2敗退を喫したウェバーはミディアムタイヤ。
長い1stスティントでいく模様。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート
と思ったら、川井ちゃんのディレイ!という叫び声!
MS、動けない!
最近では、珍しい事だ。

気を取り直して、もう1周。
エンジンが止まってしまったとのこと。
泣きっ面に蜂。

再スタート。
1コーナー!
ハミ、真っ直ぐゴー。
3番手のセブがグロージャンを狙うも、グロージャンに寄せられて、ジェンソンにかわされる。

MS、ピットレーン速度違反。
泣きっ面に蜂にレモン汁?

スタートでKERSが効かなくアロンソさんにかわされたキミが這いよる!

イエロー、すぐ消えた。
センサー方式なので、ちょっとしたことで、すぐにでる。

MSドライブスルー、最悪の日ダネ~。

今回はアロンソさんが壁なのか?
ウェバーは好スタートを決めて、7番手。
アロンソさんの2つ後ろにやってきた。

さぁ、最初にピットへ飛び込むのは誰だ?
MSという答えはナシよ。

可夢偉、ピットイン。下位だから関係ないが。

マルドナドVSペレス。
何か起こるのか、気になります!

膠着状態。
あと2周ぐらいか?

ジェンソン入った!
続々とピットへ!

セブ、アロンソさん続けてピット。
川井ちゃん、アンダーカットもなにも、ジェンソンが前だったよ。

しかし、柔道の審判ひどいな。
いる意味ないじゃん。
やめてしまえ!
それにしても、今大会、度重なる判定の変更、取り消し、本当にレベルが低い。

さて、F1。
グロージャンペースアップして、ハミを追い詰める!

30周。

ハミグロの差は、ちょっと開いた。
ようやくレース中間点だが、川井ちゃんタイヤのことしか言わんなぁ。

ジェンソン2回目!
マクラーレン、3ストップか!

ここでキミがペースアップ!

セブ、入った!
ジェンソンの前!

グロージャン、入った!
ハミ、入って出て、グロージャンの前。

キミ、スパート!
サクサクファステストを刻む!

ジェンソンは未だにブルーノを攻略できず。
ブルーノ、ようやく入った!

キミ、行けるのか?

アロンソさん、ここでピットイン!

キミ、ラストラップ!
入った!
ハミの前は厳しいが、グロージャンの前!
おっと、厳しいサイドバイサイド!
2位!キタキタ!

ジェンソン3回目はピットミス!

キミ、あっという間にグロージャンを引き離す!
ターゲットはハミルトンのみ!

まだ20周もあるのか。
ディ・レスタ、マルドナド審議!
また、マルドナドかよ。

キミ、ハミに迫る迫る!
早く、キミキターーーーー(・∀・)ーーーーー、やらせてくりゃれ。

マルドナド、ペナルティー。
暴れん坊か。JPM、今何やってるんだろう。

DRSでさらに這いよるも、長さが足りん。

追いついたが、膠着状態になるんだよなぁ。ここ。

暫し、休憩。
レタスでも食べてよう。
食物繊維、食物繊維。

ウェバー、3回目!
2つ落として、8番手。

残り10周でセブ入った!?
順位はそのままだが。

セブ、アロンソさん、ジェンソンの編隊走行状態。

キミ、タイヤが終わったか?

MS、リタイヤ。

ハミ、キミ差が縮まった。
金セブ、もうれつなスピードでグロージャンを追うが、まぁ、残り周回が少ないわな。

あと5周。

カーティケヤン、クラッシュでイエローも大勢に影響ないか。

残り4周。

大昔、ブーツェントレインのままレース終了とかで、モナコ並に抜けないと言われたハンガリーだからなぁ。

カーティケヤンマシンが残ってしまい、3~4コーナーはイエローのままレース終了決定。

残り2周。
このままか?

ファイナルラップ!
キミキタはまたもやお預け。

可夢偉、リタイヤ(完走扱い)。

ハミ、ポールトゥウィン!
結果的に、圧倒的だったな。

2位、キミ。
またもや「予選さえ」だったか。

3位、グロージャン。
レースではまだまだキミに負けるなぁ。

4位セブ、ピットタイミング、どうだったのかなぁ?

5位アロンソさん、勝ったも同然か?

6位ジェンソン、タイヤが厳しかったのと、ピット戦略がイマイチだったね。

7位ブルーノ、地道に3戦連続ポイントゲット!がんばってる!

8位ウェバー、9位マッサ、10位ニコまでが入賞。


キミの勝利はいつみられるのか?

今日のインタビュアーはプラシド・ドミンゴ氏。テノールが効いたインタビューだった。

グロちゃん頑張ってるねぇ。

これでF1は夏休み。
暫し、間隔が開く。

後半戦、アロンソさん優位は変わらないが、マクラーレンとロータス、レッドブルの3チームで包囲網を作って最後まで盛り上げてほしい。

前半戦の通知表はアロンソさん「優」、ウェバー「良」、セブ「可」、ハミ「良」、ジェンソン「不可」、キミ「カムバック賞」と言ったところか?

サークル作業頑張らなくては。

2012年7月28日

F1GP2012 Rd.11 ハンガリーGP予選■ハミ、圧倒。

F1GP Rd.11ハンガリーGP予選

久々に生でF1が見られるニャス。

フリー走行まではハミが好調。
対抗馬はRBRの2台。
可夢偉は今回苦戦しそうだ。

ブルーノもここまではコースにフィットしているようだ。

アロンソさんにとってこの展開は、結構余裕じゃ無いだろうか?一番取りこぼしが少ない人だけに。

■Q1
狭いハンガロリンクにマシンが…出てこない。グロージャンだけだなぁ。
最初のタイムを出すが、これは問題外。

キミがマトモなタイム!
23秒台。

アロンソさんはマルシャに引っかかって1秒ぐらいロス。

キミ22秒台に入れてきた!
これで安泰だろう。

ブルーノ、アイルトンの血か?3番手。

ハミが塗り替える。

時間はまだ半分ある。

最初のピットでコース上がクリアになってきた。ブルーノ2番手。

ハードではハミのパフォーマンスが頭一つ図抜けている。
アロンソさん、タイムがでず、15番手。
まぁ、無理することもない。

ハミ、21秒台。
これは圧倒的。

アロンソさん、早くもソフト投入。
ジェンソンもソフト。上位以外はみなソフト展開。

アロンソさん17位、可夢偉16位。
アロンソさん、ソフトでもハミにかなわず。

可夢偉、ノックアウトゾーンピンチ。

可夢偉、最後に15番手に飛び込むも先は暗いな。
ハミ、本当に圧倒的だ。


18 リカルド
19 コバ
20 ペトロフ
21 ピック
22 グロック
23 デ・ラ・ロサ
24 カーティケヤン

■Q2
MSはじめにアタック。
4輪アウトでダメだ。

ジェンソン21秒台で現在トップ!
グロージャン、さらにキミが塗り替える。
ロータス1-2!
だが、奴がいる。
ハミ、キミにコンマ5付けて、余裕のトップタイム!

アロンソさん10番手。
マッサ、2番手。
アロンソさん、3番手に上げる。

ウェバー、落ちた!
マルドナド、煙幕!

メルセデス2台とも消えた


11 ウェバー
12 ディ・レスタ
13 ニコ
14 ペレス
15 可夢偉
16 ベルニュ
17 MS

■Q3
ヒュルケンがミディアムでコースイン
ハミ、4輪アウトも2周目で圧倒的タイム!
グロージャン、ジェンソンが後ろに入る!

セブ、意地の2番手!
キミ、ニュータイヤ投入!

アロンソさん4番手!
マッサ、5番手。

ジェンソン3番手!
ハミ、20秒台!
グロージャン2番手!
キミ、止めた。

1 ハミ
2 グロージャン
3 セブ
4 ジェンソン
5 キミ
6 アロンソさん
7 マッサ
8 マルドナド
9 ブルーノ
10 ヒュルケン

今日の予選は、ハミが異次元の速さだったが、明日はそう簡単には行かないと思う…どうだろ?

2012年7月 7日

F1GP2012 Rd.9 イギリスGP予選■雨に転ぶのは?

ブリティッシュウェザーに悩まされたフリー走行、P3はなんとかハーフウェットで走れたが、最終盤に雨が降り出した。

で、予選なのだが、シルバーストンは既に雨。
予選でどんな波乱が起こるか?

森脇さんは、ジェンソン推奨。
途中から雨ならバトン有りだと思うが…この天候だと「ついてないね」というパターンが繰り返されそう。

しかし、イギリス人、傘に寛容だな。目の前で差されたら何も見えない。
鈴鹿の客が行儀良いだけか?

ピット出口、大渋滞。

■Q1
雨粒がどんどん大きくなる中、グリーンライト。
キミ、いきなりKERSトラブル。
うおっ、かなりの雨。

可夢偉、先陣を駆ける。
一気に路面状況が悪くなっていく。

可夢偉の最初のタイムをMSとマッサが上回る。

ハミ、トップタイム!
?雨強くない?

可夢偉、トップタイム!
下にはハミ、MSが続く。

セクター1は乾いているか。
マルドナドがトップタイム。
可夢偉塗り替える。

ハミ、DRS使えるか?なわけね~よ!

ジェンソン18番手。
タイム出ず。
2本目のタイヤ投入。遅きに失した感アリ。

ニコとジェンソンという思わぬQ1落ち争い。

ジェンソン、間に合った。
最終アタック。セクター2で1.5秒の猶予。

アホグロックがメインストレートでスピン!
ジェンソンペース落としてQ1落ち。

やっぱりマクラーレンの作戦は間抜けだった。
ついてないねと言うところまで、最初に書いたとおりになった。

もうマルシャとか出てこなくて良いのに。

18 バトン
19 ペトロフ
20 コバ
21 グロック
22 デ・ラ・ロサ
23 カーティケヤン
24 ピック

■Q2
これはかなりひどいウェット。
インターを選んだフェラーリ勢、これはムリポ。

ウイリアムズもだ。
アロンソさん、戻る。マッサも。
1周の遅れが大きな損にならねば良いが。
その間にもコースコンディションは悪化の一途。
MSスピン!
ギリギリ砂場に入らず。

これは、フェラーリ勢、MSは無理かもしれん。

アロンソさんでさえスピン。
なんとか壁を免れた。
赤旗要求!

もうタイム短縮は出来なさそう。

赤旗。
残り6:19。

天気は回復するのか?
これ、ひでーわ。

降り続きますなぁ。

ホワイティングオフィシャルインタビュー。
へー。
S.C.に大歓声。
日本と一緒。

客席>ピットクルーみんなでウェーブ
ニコ&ロスウェーブ!

ドクターシド!
お年召しましたのう。

キミ、KERS復活!

現地時間15時7分再開決定!
マルドナドが一番にピットロード。
グロージャン、ブルーノ、ニコ…ひとまず各車ウェット。

キミと可夢偉がインターミディ。
かなり濡れている可夢偉たまらずタイヤ交換。

キミはウェットだった模様。

後であればあるほどお得か?

ハミ、トップタイムだがアタック終了。
可夢偉コレハキビシイ。

グロージャン、コースアウト!
マルドナド、アロンソさん、タイムアップしたが、これはアリなの?
ジェンソンは落としたのに。

可夢偉、またもやチームに潰される。

11 ディ・レスタ
12 可夢偉
13 ニコ
14 リカルド
15 ブルーノ
16 ベルニュ
17 ペレス

■Q3
アロンソさん、ポールポジション!
いまいち伸びなかったウェバー、2番手止まり。
タイヤチョイスに失敗したMSが巻き返して3位。

1 アロンソさん
2 ウェバー
3 MS
4 セブ
5 マッサ
6 キミ
7 ヒュルケン
8 ハミ
9 マルドナド
10 グロージャン

長い中断で疲れた。
やっぱり不運なのは、ジェンソンだなぁ。
反面、MSは負のスパイラルから脱した感アリ。

2012年7月 2日

科学アドベンチャーLIVEって

日本GPとだだ被りじゃないか~TT

去年のアニメ版シュタゲイベントは超絶にどうしようも無いお仕事と被ったし‥‥縁が無いのかなぁ‥‥。

むぅ。

2012年6月10日

F1GP2012 Rd.7 カナダGP予選■深夜放送はつらいよ

今回、川井ちゃん東京か~。珍しい。

カナダだと、全セッション見られる。
フリー走行はハミが速かった。
慇懃無礼なルーキーが突然チャンピオン候補として牙を剥いたのが2007年のカナダGP。
それ以来、彼の得意コースとなっている。

ジェンソンは、P1、P2ともにトラブルで殆ど走れず。

現在ランキングトップのアロンソさん、開幕当初の走らないマシンはもう完全に過去のものとなったようで、アロンソさんはいうまでもなく、マッサもそこそこの位置につけている。

唯一の2勝チームである、RBR。
セブ、ウェバーともに上位に入ってきそう。

以下、メルセデス、ロータス、ザウバー、インド群雄割拠な予選になりそう。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■Q1
上位陣ではP3で止まってしまったニコが先陣を切る。
おっと、可夢偉芝刈り機。
ハミ、ジェンソン順調にタイムアップ。
可夢偉、アロンソさんが15秒台に入れた。
おー、シューマッハトップタイム。

ここまで唯一のノータイム、王者セブがアタック。
スパッと4番手タイム。

9番手タイムの可夢偉15秒321までもがスーパーソフト投入。

ここでセブがトップタイム!
ハミ、ヒュルケンベルグもスーパーソフト投入。
暖まりにくいからなのか?

ベルニュ、ケータハムの2台に負けた。
これは厳しい。何のためにブエミとアルグを切ったのか?

18 コバ
19 ペトロフ
20 ベルニュ
21 デ・ラ・ロサ
22 グロック
23 ピック
24 カーティケヤン

デ・ラ・ロサ、頑張ったなぁ~。

■Q2
誰が落ちるか?予測不能。

あ、ジャックじゃん!
ツルッパゲ!
川井ちゃん、スルーした。

フェラーリ勢はソフトのまま。
こっちの方が合うと言うのか?

ヌコ14秒台に入れてきた。
ハミが上回る!
セブ、さらに刻む!
可夢偉、現在15番手と苦戦中。

ニキだ。

一旦ピットに戻って、ラストアタックに賭ける。
その間に未アタックのアロンソさんがコースイン。
2番手タイム。安泰か?

可夢偉、厳しいか?
7番手に上げてきた!
だが、各車タイムアップであっという間に9番手。

マッサ、ギリギリ10番手に入れた。

キミ、ギリギリ10番手、マッサがタイムアップでラスト、怒涛のタイムアップ!
可夢偉ノックアウト!
マルドナドスピンでジ・エンド!

11 可夢偉
12 キミ
13 ヒュルケンベルグ
14 リカルド
15 ペレス
16 ブルーノ
17 マルドナド

がQ2落ち


■Q3
4強とグロージャン、ディ・レスタがQ3に残った。
ハミ、ジェンソンがコースインだが、ジェンソンはソフト!
マッサがトップタイム!
セブ、13秒台に入れた!

お。エマーソン!

アナウンサー、バカだなぁ。

ジェンソンはこれでおしまい。

セブ、さらに削って来た!
凄い!
ハミ、及ばず2番手!
アロンソさんはタイムアップならず。

1 セブ
2 ハミ
3 アロンソさん
4 ウェバー
5 ニコ
6 マッサ
7 グロージャン
8 ディ・レスタ
9 MS
10 ジェンソン

セブ、ようやく今季2回目のポールポジション!
2勝目に一番近い位置だが、はてさて。

1234567891011

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧