2004年6月12日

酔っ払って、戦争へGO!

小泉無能、海の向こうに行って調子こいて、
『ニッポン、参戦』を約束してキター!!

‥‥帰ってきて、火だるまだな、こりゃ。

2004年6月11日

苺たん

法制審議会(法相の諮問機関)人名用漢字部会「人名用漢字の範囲見直し案」をまとめた

原案によると、新たに加えられる主な漢字は「撫」「湊」「桔」「梗」「燕」「匂」「苺」「煌」「袖」など。
これまでも人気が高かった「撫子(なでしこ)」「桔梗(ききょう)」「雫(しずく)」「舵(かじ)」などの
名前も可能となる。(共同通信ニュース抜粋)

‥‥いままで、苺って漢字、名前に使っちゃいけなかったのね~。知らなかった~。苺、GO!GO!~。
アニメキャラのような名前の子供が大量発生しちゃったりなんかしたりして。

‥‥まぁ、『名が体を現さない』無茶な名前付けて、お子さんに恨まれないように。

癌とか呪とかも使えるようになるかもだってさ~。
『悪魔クン』騒動って昔あったなぁ。あの子はどうなったのだろうか?

早ければ10月ごろから利用可能になるとのこと、それまでに生まれてしまったら意味ないのね~。

2004年6月10日

だっる~

お仕事でお疲れモード。
今週末は死んだな。

‥‥というわけで何も内容がないよう~。
来てくださった方、すまソ。

2004年6月 2日

怖い時代だ

犯罪の低年齢化が叫ばれる昨今だが、
小学校内で女子児童(11)による同級生(12)殺害という事件が起こった。
これは日本の犯罪史上初のものらしい。

過去には酒鬼薔薇少年の犯罪や、昨年の少年が幼児を殺害した事件があったが、
こちらは自分より小さな個体に対する攻撃性や性癖というものが犯罪に結びついている。

今回の事件の原因については今のところ不明だが、
「『女子が同級生の女子』を『1対1』で殺害」と言う点で、
過去の少年たちが起こした事件と違いを感じる。

『カッターナイフで失血死するぐらい切りつける』というところに驚きを感じるが、
これが、怨みや嫉み、相反するモノを受け入れられないがために起こした犯罪だとすると、
成人の恨みによるそれとなんら変わらない。

少年法の改正について事件が起こる度に叫ばれているが、このままなのだろうか?

これからの捜査で真相が解明されるのだろうか?
成り行きを見守りたい。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧

日々ノ彼是: 2004年6月: 月別アーカイブ