2014年4月 6日

F1GP 2014 Rd.3 バーレーンGP予選

早くも第3戦目か。

実は予選生で見るの今年初だったり(毎週仕事にあたる)。
バーレーン初のナイトレースと言うことで、薄暮状態から予選スタート。

フリー走行は完全にメルセデスの独壇場。
ハミルトンとニコだけの戦い。

それ以下は、フォースインディア、ウイリアムズ、マクラーレンとメルセデスPU勢がずらりと並んだ。

可夢偉は健闘の16番手。
ロータスの2台は相変わらずのずんどこ状態。


■Q1
まず、グティエレスがタイムを刻む。
そのタイムをヒュルケンを筆頭に各車が上回っていく。

10グリッド降格ペナルティが決まっているリカルドは…ヒュルケンを上回ってトップタイム。
メルセデス。圧倒的に速い。
ニコ、さらに上回って、ハミ。

セブはどうだ?
7番手どまり、ジェンソンより後ろだ。

可夢偉、現在13番手。
余裕ぶっこいているウイリアムズの2台が前に入ると仮定して15番手。
ぎりぎりで残って欲しい。
キミよりも前か。
さすがに抜かれるだろうな。

ここでボッタストップタイム!!
さらにヒュルケンベルグが塗り替える。
可夢偉16番手。やっぱり厳しいか。

セブ、ソフトを突っ込んでも7番手がやっと。

ベルニュ、ソフトで10番手。
クビアトも順位をあげる。

キミ、苦戦中。でも、5番手。
ビアンキ、16番手!!
可夢偉が抜いたが、マルドナド、マグヌッセンが上回って、だめだった。
グロージャンが最後にマルドナドを抜いて、16番手。

可夢偉は結局19番手で終えた。
グロージャンを邪魔するスーティル、これはえぐい。
ペナルティ対象にな…るだろうなぁ。

17マルドナド
18スーティル
19可夢偉
20ビアンキ
21エリクソン
22チルトン

メルセデス以外ソフト投入。
スーティルxアロンソさん、グロージャンxスーティルの2件でインシデント。
スーティルはどっちもいけるのか!?(笑)

■Q2
真っ暗な闇に映し出される、サーキット。
…見る分には綺麗だな。
10月の鈴鹿の夜は冷えるのでイヤですがね。

今度はボッタスさんが最初にコースイン。

キミが34秒台に入れてきた。
ハミルトン33秒台で楽々トップ。
今度はニコがハミルトンを上回ってトップタイム!!
ジェンソン、アロンソさんを上回って、4番手。

ハミルトン、余裕の態度。

セブ、ワンアタックに賭ける。
去年までは、これが伝家の宝刀だったのだが…。
膨らみすぎ?

8番手、これはQ3進出も厳しいか?
ボッタス、マッサそれほぞ伸びず、6、7番手同タイム。

ペレスが来てしまった。
セブ、敗退。
3番手でQ3進出を決めたリカルドとは対照的な結果。

11セブ
12ヒュルケンベルグ
13クビアト
14ベルニュ
15グティエレス
16グロージャン

以外なのはここまで好調だったヒュルケンベルグがQ2落ち。
グロージャンはこれが精一杯。

セブ、がっくり。
今年、ここまで好調だったトロ・ロッソ勢も全滅。
憤懣やるかたない表情のグロージャン。

メルセデスパワーとその他の差が、鮮明になってきた。
そんな中Q3に残ったのは、リカルド、アロンソさん、キミ。

■Q3
またもボッタスさんからアタック。

ニコトップタイム!!
ハミ届かず。
タイミングをずらして出たジェンソンだが、不発。6番手。
リカルド、これは4輪コース外に出てしまったか?

残り3分。
キミは1回のアタックに賭ける。
キミ、厳しい。思いっきりロック。
がんばって5番手に食い込む。


ハミ、あきらめた。
リカルド!!3番手!!チーム起因の10グリッドダウンがあまりにもったいない。

ロズベルグ今季初ポール。

1ニコ
2ハミ
3リカルド
4ボッタスさん
5ペレス
6キミ
7ジェンソン
8マッサ
9マグ
10アロンソさん

というトップ10。
不運続きだった、キミ、がんばった。

トップ3、リカルド、すごいな。
セブが不甲斐ないのか?
近いグリッドで2台がスタートする明日の戦いがどうなるか楽しみでもある。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧