2013年3月18日

F1 2013 Rd.1 オーストラリアGP決勝■今年最初の栄冠は誰に輝く?

雨に翻弄された予選から約5時間。
いよいよ最初の決勝レース。

今年からCS中継ではピットロード(パルクフェルメ)オープンのタイミングから始まるということで、従来より20分早い。
この時間のグリッドが見られるのは嬉しい。
ご機嫌なジャッキー・スチュワート。

森脇さんも色々と解説が忙しいですね〜。
グリッド上ではやる事が無いのか、今宮さんもブースに入っている。
川井ちゃんは取材中。

レース開始15分前。
ピットロードクローズ。

ヒュルケンベルグはスタート出来なさそう。ドライバーが両方変わった(可夢偉を放出した)ザウバー、予選ではグティエレスがクラッシュしたりと、順調だったオフシーズンテストとは打って変わって、トラブルの続く開幕戦となった。

さて、10分前。
グリッドラインナップ紹介画面が「アメリカンモータースポーツ」っぽいな。

間も無くフォーメーションラップ、去年の序盤ではなかなか予選で前に出られず苦戦したセブが去年の鬱憤を晴らすべく、ポールから突っ走るのか?
ハミ、アロンソさんが待ったをかけるか?
キミがクールに勝つのか?
マシンだけで無く、作戦面でも不調なマクラーレンはどうなる?

ここで、気になる情報、セブ、テレメーターがない状態でスタートとなってしまった。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※


■スタート!!

セブは普通の出足。
マッサ&アロンソさんのフェラーリコンビが良い!!
‥‥というか、ウェバーのスタート、今年も最悪。あっという間にフロントロウから飲み込まれていった。

ハミをかわしたアロンソさん、1周でポジションチェンジするかと思ったフェラーリ2台はマッサが前のまま。
コチラも好スタートを決めたキミ。ハミを素敵にオーバーテイク!!

ミサイルマンvsペレス。
今年一番ぶつかりそうな二人が接近戦!!

4周目、ジェンソン早くもピットイン。
走りすぎた予選の作戦が裏目に。予選は中途半端に他車を見守らずに、いけると思ったタイミング(最後にタイヤ交換できるぐらい)で、ピットを出るべきだったと思う。

ウェバーも入った。
ジェンソンからアンダーカットされるか。されない!!

セブのペースが上がらない。
フェラーリの2台が来た。
後ろにキミもいる。

セブ入る!
キミがアロンソさんに這いよる!!
フェラーリ、マッサからピットに入った。
ディ・レスタ続く。
アロンソさん次のラップで入って、キミも入っちゃった。
ちょっともったいないが、セブが好タイムをマークしているので、仕方ないか。

セブ、早くもペレスに迫る。抜いて、4位にアップ。
マッサ、アロンソさん、キミ‥‥続々と「オーバーテイクされショー」のペレス。
マクラーレン移籍してこうなるとは思ってもみなかったか?

現在、ハミ、ニコのメルセデス勢がレースを先導。
ハミようやくピットイン!
8番手で戻る。
ニコもIN。

ここで、復帰初戦のエイドリアンがトップに躍り出る!
彼を筆頭に上位4台数珠繋ぎ。
キミも追いついてきた。

ペレス、入った。
ウェバー、早くも2回目のピットイン!
グロも入った。
アロンソさん、前が詰まっているので、ピットへ!!

エイドリアン、すごい粘りだ。
ここで、最初のピットに入った。セブも真後ろで追随。

アロンソさん早めのピットイン作戦成功!!
セブもエイドリアンも食って前に!!
これはまずいとセブがペースアップしてエイドリアンを抜く。
次のラップで入ったピットに入ったマッサだが、遅きに失したか、3人の後ろでコースに戻る。

セブ、アロンソさんを追いかけるも、予選のようなキレキレの走りでは無い。

8分後にまた雨?

マルドナド、スピンアウトでリタイア。
空回りしてるなぁ。このままではボッタスに食われるぞ。

3番手を走行していたニコ、マシントラブルで止まった。
これがメルセデス・クオリティ。

雨が来た!!

アロンソさんがまだ2セット目のハミを追い詰める。
激しい戦いでアロンソさんがかわした。
ハミはそのままピットイン。
タイヤに優しくない彼の走りで残り周回を走りきれるのか?

キミは2セット目のタイヤで逃げ続ける。
これは、またアレができるのか?
入った!!
流石、キミ!

フェラーリ、2回目とは逆にマッサから入る。
ウェバーの前、6番手で戻る。
セブが入る。マッサの前、5番手。
ジェンソン、グロ8番手争いの二人。

アロンソさん入った!!
ココが勝負の分水嶺‥‥と言うほどでも無く、状況は君が圧倒的に有利。
予定されたタイム差通りにキミの後ろで戻る。

リカルドリタイア。
ハミやはりタイヤが保たず、もう一回入ることに。

迫るアロンソさんとエイドリアンをかわすキミ、マッチレースか!!
エイドリアンはタイヤ交換規定を果たすために最後のピットに入りスーパーソフトに交換。

ペースコントロールしているキミ、アロンソさんとの差を一気に開く!!
徐々に詰めてきた差がまた広がって、4周前の状態。
これは決まったか、残り10周。

少し雨。

ハミとエイドリアン、仲違いしているかつての友人同士のバトル。
ハミが抜く。エイドリアンのスーパーソフトがささくれまくってひどい状態。

颯爽とキミ。
追うアロンソさん。
だが、セーフティリード。
残り5周。

残り3周!!
キミが自己ベストでアロンソさんは前車に詰まって危なかった。
これで一気に2秒広がる。
キミ、締めのファステストラップ!!
さらに2秒引き離して、残り2周。

ファイナルラップ!!
キミの走りに余裕のロータスクルー。

コホン、さて、今年1発目、やりますよ、イイですか?
せーの!!

キミ、キタ━━━━━━━━\(゚∀(゚∀゚)∀゚)/━━━━━━━━ッ!!

わーい、ミカの記録に並ぶ20勝!!
思えば、ミカがチャンピオン獲った頃が、見ていて一番ドキドキしたなぁ‥‥。

以下、2位 やっぱり巧者、アロンソさん
3位 テレメーターとか無いと走りにくいよね、多分のセブ
4位 今年は去年よりかなりよさげ?マッサ

優勝しても、無線の声はいつものキミ節。落ち着いてます。「Yes!!」とか言いません。

5位 おとなしかったハミ
6位 セブとの差はやっぱり腕の差?ウェバー
7位 今回の殊勲賞、2年ぶりのエイドリアン
8位 インド強いか?ディ・レスタ
9位 これはヨーロッパシリーズまで厳しいか?ジェンソン
10位 無事に戻ったが、キミとの差は何?ミサイルマンまでが入賞。

そして、びっくりする事実、何と、新人全員完走。
昨日、へたくそと書いてスミマセン。テヘペロ。
でも、輝く走りを見せたドライバーは皆無だった。

さて、早くも今週末はマレーシア。
ココは雨がらみでまたまた予想が難しいレース。
アロンソさん辺りが巧者振りを見せつけそうだが、タイヤに優しかっただけで無く、きっちりと最後にファステストを出す速さも見せつけたキミ、かつて放出したフェラーリの鼻を明かすことは出来るか?

と言うわけで、開幕戦オーストラリアGP終了!!

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧