2012年9月22日

F1GP2012 Rd.14 シンガポールGP 予選■一騎打ちに割り込む者有り?

予選レポートの前に。

先週木曜日、84歳で亡くなられたシド・ワトキンス博士に哀悼の意を捧げます。

F1の安全性向上の多くは彼がいたからこそ成し遂げられたもので、サーキットの医療体制の充実、今では当たり前になったオープニングラップをドクターカーがついて回るようになったのも彼が始めたことの一つ。

著書によると、まだ「勇猛果敢」だった当時ドライバーに否定的なことを言われたそうだが、最終的には、すべてのドライバーの尊敬を得て行ったのは、やはり教授の人柄と真摯な取り組みによるものだと思う。
きっと今頃天国で仲の良かったアイルトンや先に逝った仲間たちと一緒にのんびり魚釣りでもしている事だろう。

ご冥福をいのります。

さてさて、鈴鹿直前エキゾチックなナイトレースのシンガポールGP。
F1公式アプリのコース図も金色に光っていて綺麗。
背景はほとんど表示されてないけど。

プラクティスは全てセブがトップタイムを記録。
今季全ドライバー中初。
対抗馬はハミ&ジェンソンのマクラーレン勢。
アロンソさんを追う面々としては、彼との間に何人挟めるかが課題となってくる。

キミ、可夢偉辺りはフリー走行非常に厳しく今回はダメそうだ。
決勝のタイヤ作戦でどれくらい巻き返せるかというところだろう。

ソフトとスーパーソフトのタイム差があまりに大きいので、予選はQ2落ちして決勝に賭けると言うのもあるかもしれんな。


■Q1
ペレス、シケインカット。
おっと、キミコースオフ。
ニコ、ジャンプ。
ハミ、コースオフ。
場外走行祭りだな。

ハミルトン、白メット判りにくい。
しかしトップ。

キミ、スーパーソフト投入。
厳しい。

可夢偉ピットの中でノックアウト決定。無残。

18 可夢偉
19 ペトロフ
20 コバライネン
21 グロック
22 ピック
23 カーティケヤン
24 デ・ラ・ロサ

■Q2
グロージャン、スピン、リヤを当ててしまった。
セブ 1分46秒台!!
ハミが更に上回る!!

ブルーノ、マシンを壊して、The End。
ハミとセブだけが圧倒的タイム。1秒離れてジェンソン。
以下、アロンソ、ウェバー、キミ。

グロージャン、キミのロータス勢がアタック開始。
上位3台以外はリトライが必要だ。
ここまで全セッショントップだったセブのパーフェクト記録は途絶えるが、
まぁ、最終的に予選トップならば問題なしだ。

今走った方がタイムは良さそう。
マッサダメ、キミ、ノックアウト。
MSギリギリで帳尻合わせてきた。9番手。

11 ヒュルケンベルグ
12 キミ
13 マッサ
14 ペレス
15 リカルド
16 ベルニュ
17 ブルーノ

むー。

■Q3
セブ vs ハミの一騎打ちの様相を呈してきた、今年のシンガポールGP予選。
出来るだけアロンソさんを後ろに追いやっておきたい。
レッドブル&マクラーレンで2ndグリッドまでを占めてしまいたいところだろうが、
アロンソさんもそうは問屋が何とやらって感じか?
1アタックに全てを掛ける。

ジェンソンのタイムをハミが大きく上回る。
猛烈に速いなぁ。
セブはジェンソンより後ろ。
ひとまず、この3台だけが1stアタックを完了。

アロンソさん、ウェバーがコースイン。
セブ、ジェンソン、ハミも出た。

つーか、急がにゃアタック出来んぞ。
メルセデスは出ない。
アロンソさん、タイム出てない…いや、ハミのタイムが無茶なだけか。
マルドナドが2番手。

アロンソさん、3番手どまり。
セブ、マルドナドにやられた。
うわーっ。
マルドナド、ウゼー。

1 ハミ
2 マルドナド
3 セブ
4 ジェンソン
5 アロンソさん
6 ディ・レスタ
7 ウェバー
8 グロージャン
9 シューマッハ
10 ニコ

の順。

セブ vs ハミになるかと思っていたが、ハミだけが圧倒的な状態になってしまった。

明日は、アロンソさんの前にたくさんの人を詰め込みたい所なので、マルドナドがアホなことしなければ良いが。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧