2012年7月 7日

F1GP2012 Rd.9 イギリスGP予選■雨に転ぶのは?

ブリティッシュウェザーに悩まされたフリー走行、P3はなんとかハーフウェットで走れたが、最終盤に雨が降り出した。

で、予選なのだが、シルバーストンは既に雨。
予選でどんな波乱が起こるか?

森脇さんは、ジェンソン推奨。
途中から雨ならバトン有りだと思うが…この天候だと「ついてないね」というパターンが繰り返されそう。

しかし、イギリス人、傘に寛容だな。目の前で差されたら何も見えない。
鈴鹿の客が行儀良いだけか?

ピット出口、大渋滞。

■Q1
雨粒がどんどん大きくなる中、グリーンライト。
キミ、いきなりKERSトラブル。
うおっ、かなりの雨。

可夢偉、先陣を駆ける。
一気に路面状況が悪くなっていく。

可夢偉の最初のタイムをMSとマッサが上回る。

ハミ、トップタイム!
?雨強くない?

可夢偉、トップタイム!
下にはハミ、MSが続く。

セクター1は乾いているか。
マルドナドがトップタイム。
可夢偉塗り替える。

ハミ、DRS使えるか?なわけね~よ!

ジェンソン18番手。
タイム出ず。
2本目のタイヤ投入。遅きに失した感アリ。

ニコとジェンソンという思わぬQ1落ち争い。

ジェンソン、間に合った。
最終アタック。セクター2で1.5秒の猶予。

アホグロックがメインストレートでスピン!
ジェンソンペース落としてQ1落ち。

やっぱりマクラーレンの作戦は間抜けだった。
ついてないねと言うところまで、最初に書いたとおりになった。

もうマルシャとか出てこなくて良いのに。

18 バトン
19 ペトロフ
20 コバ
21 グロック
22 デ・ラ・ロサ
23 カーティケヤン
24 ピック

■Q2
これはかなりひどいウェット。
インターを選んだフェラーリ勢、これはムリポ。

ウイリアムズもだ。
アロンソさん、戻る。マッサも。
1周の遅れが大きな損にならねば良いが。
その間にもコースコンディションは悪化の一途。
MSスピン!
ギリギリ砂場に入らず。

これは、フェラーリ勢、MSは無理かもしれん。

アロンソさんでさえスピン。
なんとか壁を免れた。
赤旗要求!

もうタイム短縮は出来なさそう。

赤旗。
残り6:19。

天気は回復するのか?
これ、ひでーわ。

降り続きますなぁ。

ホワイティングオフィシャルインタビュー。
へー。
S.C.に大歓声。
日本と一緒。

客席>ピットクルーみんなでウェーブ
ニコ&ロスウェーブ!

ドクターシド!
お年召しましたのう。

キミ、KERS復活!

現地時間15時7分再開決定!
マルドナドが一番にピットロード。
グロージャン、ブルーノ、ニコ…ひとまず各車ウェット。

キミと可夢偉がインターミディ。
かなり濡れている可夢偉たまらずタイヤ交換。

キミはウェットだった模様。

後であればあるほどお得か?

ハミ、トップタイムだがアタック終了。
可夢偉コレハキビシイ。

グロージャン、コースアウト!
マルドナド、アロンソさん、タイムアップしたが、これはアリなの?
ジェンソンは落としたのに。

可夢偉、またもやチームに潰される。

11 ディ・レスタ
12 可夢偉
13 ニコ
14 リカルド
15 ブルーノ
16 ベルニュ
17 ペレス

■Q3
アロンソさん、ポールポジション!
いまいち伸びなかったウェバー、2番手止まり。
タイヤチョイスに失敗したMSが巻き返して3位。

1 アロンソさん
2 ウェバー
3 MS
4 セブ
5 マッサ
6 キミ
7 ヒュルケン
8 ハミ
9 マルドナド
10 グロージャン

長い中断で疲れた。
やっぱり不運なのは、ジェンソンだなぁ。
反面、MSは負のスパイラルから脱した感アリ。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧