2010年3月27日

F1GP 2010 Rd.2オーストラリア 予選■時差がないので家から出られないぞ

久々に自国ドライバーが好調で盛り上がっているオーストラリアGP(ドライバーズチャンピオンはサー・ジャック・ブラバムとアラン・ジョーンズの2名、計4回獲得)。

フリー走行3ではトップに地元ウェバー、2位アロンソ、そして3位にMSで「早くもアゴ魔神復活?」な状況。
ニコの影が薄くなっていくるるるる~~~~。頑張ってくれ~。


ところで、やっぱりHRT危ないなぁ…。
フリー走行3ではブルーノもチャンドックもトラブルでストップ。
特にチャンドックは見所であるアタックタイミングでイエローの原因となってしまった。もし、自分が観客として見に行ってたらむかつくだろうなぁ~。

どうにもXトラック社製のギアボックスに原因があるみたいだが、同じコスワースを使うウイリアムズが新興チームにギアボックスを提供してはどうだろう。

…というわけで、フリー走行の順位は、まぁ、「参考まで」というレベルだろう。


さて、第2戦オーストラリア予選はどうなるか?

■Q1
24度、晩夏のメルボルンは灼熱バーレーンと比べると涼しい模様。
最初に出てきたのは、緑白赤のイタリアンリウッツィとP3ではトップ4に割って入った俊足エイドリアン、予選でも割り込みたいところだ。

車載に映るのはゲームで走りなれたメルボルン(いつも開幕戦だったからねぇ)のコース。相変わらずだ。

チャンドック、マッサ、ブルーノ、ペトロフ、MS…続々とコースイン。
サポートのGTレースでの多重クラッシュで、メインストレートにかなり砂をまいてしまった様子
これは最初に飛び出したインド力の2台、ちょっと損だ。
まぁ、Q1は脱落者がほとんど決まってるからなぁ…。

マッサ、アタック失敗。コースは大渋滞中でアタックが難しい。
そんな中、アロンソがきっちり決め、トップタイム。

マクラーレン勢もコースインして全24台がコースイン。
地元ウェバー、アロンソがいい隙間を見つけてタイムアップ。

ドライバーの略称、DLRって…あ、デ・ラ・ロサか。
KOBとKOVとKUB、アナログなウチのTVだと間違えやすい。
シューマッハ、SCHでなく、MSCなのね。Rはいないのに。

残り5分。
トップはセバス。
セバスチャンというと、長瀬…解る人だけ解って。

チェッカー

脱落は予想通りの新興6台と…残念なペトロフ。

以下、
19 コバ
20 ツルーリ
21 グロック
22 ディ・グラッシ
23 ブルーノ
24 チャンドック
…って、後で並べなおそうと思って、予選前に書いたとおりに並んでくれた。

何故か最後にニコが好タイムをたたき出し2番手に飛び込んだが、イミフ。

全車107%以内に入った模様。

■Q2
空模様は下り坂。
気温の低下とともにタイヤも厳しくなっていく。
気温は21度。明日のトワイライトレースはかなり冷えるかも。

ハミ、トラブルか?14位のままピットに納まる。

バトンが3番手に食い込んでくる。

とっととピットに納まったハミだけがタイミングをずらしてコースイン。
アタックラップ中、アウトラップの車に邪魔されなければ良いが。

アロンソ、リウッツィがピットアウト。
嫌がらせのようなタイミング(笑い)で各車コースイン!!
友人のニコはきれいに譲った。
まぁ、普通に走れば、余裕だろうが。
…でも、7番手。苦戦。

4強がガッツリ上位を固めている中、9位、10位、はたまたその間に割り込んでくるのは誰だ?

…と思ったら、エイドリアン、バリ、クビサがハミを食って、ハミ、大ピンチの状況でのラストアタック。

あ~ハミ、あきらめた、11位でQ2落ちだ~。
バトンが4位なだけにヨソウガイな結果。
かっ飛ばすのはコース上だけにしろ~~~!!
2戦目にして、4強の8台の1台が消えた。

トップはいつもどおり天才・セバスチャン。

11 ハミルトン
12 ブエミ
13 リウッツィ
14 デ・ラ・ロサ
15 ヒュルケンベルグ
16 カムイ
17 アルグェルスアリ
の順。

■Q3
さぁ、ポールをとるのは誰だ?
2連勝を狙う、フェルナンド・アロンソ?
現在のF1最速男、セバスチャン・ベッテル?
地元を沸かすか?マーク・ウェバー

セブは得意の1アタックを選択した模様。
風がかなり強くなってきた。

雨?
ウェイティング無しでとりあえずタイム出しておいたほうがよいのでは?
ウェバー、アロンソ、MSがオプションでさっさとコースイン。
セブもコースイン。

現地は徐々に暗くなっていく。
セクター1ではウェバーがアロンソを凌駕。
アロンソきっちり走ったのに、ウェバーががあっさりクリア。

それをさくっとベッテル!!23秒台突入!!
ミスったのにこのタイム。
は・や・す・ぎ・る
アロンソも今のRBRの1発のタイムには歯が立たない。

残り4分。
いよいよ最後の戦い。

バトン、王者の根性を見せて、アロンソの次。
あ。Q2落ちのハミさんだ。

残り2分を切って各車アタックラップへ。
マッサが5番手。

アロンソ、自己ベストをたたき出しながらのアタックもRBRを食えない。
ウェバーもタイムでず。

セバスチャン。ポール決定!!
開幕戦に続いて7回目のポール達成。
ウェバーも2番手でフロントロウに2台並べた。
初めてだそうだ…去年もなかったのね。

MSはニコに負け、7番手。

1 ベッテル
2 ウェバー
3 アロンソ
4 バトン
5 マッサ
6 ニコ
7 シューマッハ
8 バリ
9 クビサ
10 スーティル

…クビサ&エイドリアンは上位チームに乗せてあげたいなぁ~。


ドイツの仕返しをオーストラリアでやった(笑い)とベッテル。
ウェバーはポールを取れず、残念。

明日の天気はイマイチ?
どんな結果になるんだろう?
個人的にはウェバー壁に頑張ってほしい、セバスチャンのサポートを。
ん~、1周目、荒れそうだなぁ~。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧