2010年3月13日

F1’10 Rd.1 バーレーンGP フリー走行~予選■新旧入り交じりて

速いのはどのチームだ?
速いのはどのドライバーだ?

バーレーンで遂に開幕したF1 2010年シーズン。

昨日・今日と3回のフリー走行を経て、徐々に2010年開幕戦のアウトラインが見えてきた。最後にフリー走行を制したのはフェラーリに移籍したアロンソ。
2番手に1955年以来のメルセデスを操る「2nd?」ニコ。
MSは4番手。自ら「錆付いた」と表現したスピードは回復するのであろうか?
もう一人帰ってきた昨シーズン重傷を負ったマッサは3度チャンピオンとのコンビ。
アロンソとの関係はどうなるのか?

ウェバー&昨年ランキング2位セヴァスチャン・ヴェッテルのRBR、マクラーレンのチャンピオンコンビがおそらく4強。

その下に続くのは、ルノー?インド力?
カムイのザウバーはウイリアムズ、トロ・ロッソあたりとのQ2進出争いだろう。

問題の新興3チーム、ロータス、ヴァージン、ヒスパニア・レーシング・テクノロジーはフリー走行でも苦戦していたが、いったいどうなるのだろうか?
Q3ではヴァージンはタイヤを飛ばしていたし‥‥HRTのチャンドックに至っては結局4時間の間、1度もエンジンに火が灯ることもなかったし‥‥大丈夫か?

まぁ、SAF1の時も「遅い新チーム」を応援した身だ。
もう少しの猶予期間は必要だと思うが。

‥‥さて、今までずっと(ミカが抜けて以降、特に琢磨が居なくなって以降は1人横綱状態で)応援していたキミがWRCでころころ転がっている今シーズン、個人的には、天才・セバスチャンと、MSの支配に抗って彼を返り討ちにすべく頑張るであろうニコを応援しながら見ていきたいと思う。

最年長のMSがどんな走りをするのかは楽しみではあるが。

■Q1
まずはアロンソが1発目のアタックでOKタイムを刻む。
これはもうピットでパエリアを食っていても余裕だろうが、2回目のアタックに臨んでいる。

マッサ、バトン、ハミルトン
ニコ、MS続々とタイムを刻んでいく。

下位は…ついに出たッ、チャンドック…オプションタイヤで10秒落ちのタイム。
ちなみに『FIAの規約では「少なくとも1回のプラクティスセッションに参加していないドライバーはレースでスタートできない」と定められている(ESPN F1)』のだが、あの状態かよくぞ出てこられた。
セナ、6.4秒落ち‥‥むぅ、コレって107%ルールが復活したら引っかるよなぁ‥‥。
(ちなみにトップタイムを115秒とすると123.05秒が107%だから、HRTの2台は引っかかってる。)

まずはヴェッテルがトップタイム。
当然、上位陣はプライムタイヤ(硬い方のタイヤ)。

残り3分を切って、中堅以下のチームだけでなく上位陣も登場。
テスト機会が少ないから出来るだけ走って、データ収集しなくちゃだもんなぁ‥‥。

カムイは…現在「F1クラス最下位」の18番手。
このままではQ1落ちしてしまうぞ。

アロンソ、早くも1分54秒台を叩き出し、トップに立つ。
エイドリアンが3番手に飛び込む。

カムイは15番手に何とか上げる。
ロサ15番手。
カムイはぎりぎり17番手でQ2進出。厳しい開幕戦になりそうだ。

落ちたのは新チーム6台+ハーフスピンを喫したアルグェルスアリ。
18 アルグェルスアリ
17 グロック
20 ツルーリ
21 コバ
22 ディグラッシ
23 セナ
24 チャンドック

‥‥ブルーノ、やっぱりチーム選択がアレだったのでは?

■Q2
Q1は基本的に脱落する7台中6台が決まっているので、実際のところ上位陣は本気を出す必要すらない。
「実力がわかるQ2」。
それは今期も変わらないだろう。
トップ10グリッドを占めるのはどのチームだ?

まずは元気良く「走るレッド・ブル缶」となったヴェッテル登場!!
オプション選択。
ニコ、ウェバー、アロンソもオプション。
やはり重要なのはQ2だ。

‥‥それにしても、追加部分のバンプ、酷いなぁ。画面見てて酔う。

ヴェッテル1分54秒035。良いタイムだ。
アロンソ、ウェバー、エイドリアンが54秒台タイムを出す。
MSはタイムが出ない、55秒台。

残り2分、バリチェロを除く各車、一斉にアタック開始!!

セクター2のバランスに苦しむカーナンバー1のバトン、苦戦中。

カムイはタイムアップできず。
バトン、ぎりぎり10番手でQ3に残った。

11 バリ
12 リウッツィ
13 ヒュルケンベルグ
14 ロサ
15 ブエミ
16 カムイ
17 ペトロフ
がQ2でノックアウト。
カムイ、デ・ラ・ロサに負けっぱなしだったなっぁ‥‥。
早いところ何とかしないとマズいぞ。

Q2トップタイムは爆速のヴェッテル。
クビサとエイドリアンの実力者が4強以外でQ3に残った。


■Q3
10台だけになったコースにアロンソ、マッサ、ハミ、バトンと、MSの居ないこの数年を彩ったおなじみの面々が飛び出していく(キミが居なくてさみしいが)。

‥‥車載で見れば見るほどリズム悪いなぁ、追加部分。
これじゃ走っているドライバーはノレないだろうなぁ‥‥。

1回目のアタックは念のためタイムだったみたいで、2回目のニュータイヤが本命アタック。
RBRとメルセデス勢は1発勝負に出た。

‥‥ヴェッテル好タイムでキタッ!!
ここで、残りタイム0。
フィニッシュ!!
1分54秒101!!
セブ!!セブ!!

今年はこの天才がやるか?やるのか?やってほしい!!

重傷からの大復活・マッサが続いて、予選でポールを獲ってフェラーリ入りを強烈にアピールしたかったであろうアロンソは3番手どまり!!

今年最初のトップ10は以下の通り。
1 ヴェッテル
2 マッサ
3 アロンソ
4 ハミルトン
5 ニコ
6 ウェバー
7 MS
8 バトン
9 クビサ
10エイドリアン

上位はやはり「4強8台」で占められた。
最後までニコに負け続けたMS、やはり錆付いているなぁ~。

‥‥決勝はセブに後ろの2台を押さえ続けてもらい後ろが大混戦になる展開を望むが、やっぱり、マッサvsアロンソの一騎打ちなんだろうなぁ~。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧