2009年11月 1日

F1’09 Rd.17 アブダビGP 決勝■いろいろあった2009年シーズンも

笑った人も泣いた人もみんなまとめてラストレース。
来年はまた違ったF1がやってくる。

HONDA撤退の余波が消えないまま訪れた混迷の2009年プレシーズン。
元HONDAチームは参戦できるのか?
バトン、バリチェロ、いったい誰が乗るのか?

トロ・ロッソでの参戦を目指す琢磨はどうなるのか?

新ルールのマシン、超ダサい。
フェラーリは見た目、そこそこだけど‥‥ルノーひどすぎない?

‥‥そしてテストで発覚したマクラーレンの新車が酷く遅いこと。

そして、さまざまな衝撃がやってきた2009年シーズン開幕。
最後の2テストにしか出てこなかったブラウンの圧倒的速さ。
2階建てディフューザーのルール問題。
ライゲート。
FIA VS FOTAの分裂騒動。
モズレーの引退とトッドの就任。
そして、マッサに訪れた不意な事故。

いろいろあった2009年シーズンはバトンとブラウンGPが前戦でチャンピオンを決定しているが、この組み合わせは開幕7戦目が終わって以降、長いこと優勝していない。

中盤以降グランプリの主役にたったのは天才ヴェッテルと初優勝を果たしたウェバーのレッドブルコンビ、序盤不調だったマクラーレン、フェラーリの旧2強。久々に優勝を果たして気を吐くバリチェロ‥‥バトンによるバトンのためのGPだった開幕7戦が嘘のような展開になった。
それでも、1人で7戦目までを支配した貯金は大きく、取りこぼしも多かったレッドブルは安定感でポイント的にはブラウンの後塵を拝してしまう結果になった。


スタート!!

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

ハミがKERSを使って安定したスタート。
上位は大きな変動もなく1周目を終える。

あ~バリチェロ、フロントウイングを踏まれた!!
その破片がバトン車に?
それにしても毎度ウェバーは後ろの車に容赦ない。

序盤、ハミはヴェッテルをなかなか引き離せない。
2番手のヴェッテルは燃料多めだぞ。

おお~、3D画像、すげー。
画自体がすごいわけじゃないが、リアルタイムでの置き換えは面白い。

この時点でファステストラップ、1分40秒台か‥‥予選と変わらないな。
まぁ、予選が遅いだけなのだが。

フェラーリ陣営はなすすべもなく低迷中。
こんなんじゃ、ポイントすら夢のまた夢だな。

バリチェロがトラブルにもめげず、好走中。
バトンよりいいタイムを出している模様。

ハミ、コースオフ。
ヴェッテルとの差が大きく減ってしまう。

ヴェッテルの後ろのウェバーもタイムアップしてトップ3の差が縮まってきたが、ウェバーはヴェッテルより軽かったはず。

来年からの給油禁止について川井ちゃんが述べる。
「わかりやすくなる。」
‥‥でも、川井ちゃんは暇になるな。

15周終わりで最初にバリチェロ、続いてファイナルBMWのクビサがIN。
バリはウイングはそのままでキミの前に戻る。

次のラップでハミIN。バトンIN。
バトンは大量に積み込んでラストを短く?

重いバトン、カムイに抜かれてしまう。

ウェバーがIN。
VS ハミはどうなる?
ハミの後ろ。
ニコ、ブエミIN

ヴェッテルIN!!
トップ入れ替わるか?
入れ替わった!!
かなり差がついた!!

アルグェルスアリがスローダウン、今レース初のリタイアか?
アルグェルスアリはガス欠?
なんと、間違えてッドブルのピットに飛び込んでしまい給油できず。

う~む、チームカラーが似すぎているから起きた問題だな。

あら~ハミが戻ってきた!!
そのままリタイア。
ブレーキに問題があったようだ。
このグランプリ好調だっただけに、残念なラスト。

アルグェルもそのまま止まってしまった様子。

現在、カムイ3位。
このまま行けば、初ポイントはゲットか?
ツルーリを食ってしまえば、来期レギュラー確定だ。

バトンにバリチェロが迫っている。
キミは燃料満載のブラウン勢に阻まれて、カムイとの差がどんどん開いてしまっている。

空撮‥‥それにしても、きらびやかなコースだな。
個人的には緑の多いサーキットのほうが美しいと思うが。

そろそろ半分。
1ストップ組はどんなタイミングで入ってくるか?

フィジケラIN。
キミIN。
顎、マッサ師弟の見つめる中、晒し者状態レースが続く。

カムイIN。
大量に燃料を積み込んで‥‥11位で戻る。
川井ちゃんの計算では現在5位。
久々の日本人の活躍に地上波はお祭り状態だろうなぁ。

コバIN。キミをパス。でも、地味。
フィジケラ、ドライブスルーペナルティ‥‥ダメダメだなぁ。
あまりに地味な一貴がピットイン‥‥話題にもならず戻っていった‥‥寒い。

ノーピットで現在11位、ルノーラストランだが、ズンドコ状態のアロンソの前にカムイ。
コース上、唯一の軽タンアロンソ、カムイに仕掛けるか?
抜いた。カムイは無理せず。アロンソはそのラップ終わりでピットへ。
一刻も早くフェラーリに移りたいだろうが、そのフェラーリも仲良くズンドコだったり。
トップはヴェッテル。
独走中。
ライバルはいない。

ニコが2回目のピットでコバの前に戻る。
ポイント圏外。

ファイナルBMWのクビサIN。
カムイより後ろの9番手。

2番手、ウェバーがIN。
特に問題なく、6番手で復帰。


バリとニックが同時IN。
BMW速い!!
どうやら、チームメイトツルーリとの直接対決。

1ポイントを争って、クビサとブエミ激しいつばぜり合い。
ヒット!!クビサが順位を落とす。

ヴェッテル、バトンIN
ツルーリIN。
さぁ、カムイとの差は?
ちゃんとカメラには映らなかったが、カムイが前。

マシンが全く映らないフェラーリのピットはナオミ・キャンベルがうろうろ。
トッドがいるから仕方ないか。本人もフェラーリピット以外居場所ないだろうし。

のこり11周あるが、もう大勢は決しただろう。
ツルーリ的には戦略こそ違うが、わずか2戦目のしかも日本人のルーキーに負けてしまうと言う最悪のレースだろうなぁ‥‥。

大勢は決したとか書いたが、バトンがウェバーに迫ってきた。
のこり5周。
バトン必死に攻めるも、結局そのまま。

ヴェッテル、ウェバーの順でレッドブルが1-2フィニッシュ!!
3連勝でシーズンを締めくくった。
惜しいところまで行ったが、バトンは最後まで決めきれず。
バリチェロが4位に入り、ブラウンがレッドブルに続いた。

ラストBMWのハイドフェルドが執念の5位。

カムイは6位で記念すべき初ポイント獲得。
2戦目での初ポイントは中嶋悟以来?
当時は6人までしかポイントをもらえなかったが、カムイも6位と言うことでアリ。
日本人ドライバーとしても1年以上ぶり、久々のポイント獲得。

7位ツルーリはスーティルのことばかりに目が行き過ぎたか?
作戦こそ違うが、ルーキーのしかも「日本人」のカムイに負け、面目丸つぶれ。

8位ブエミまでがポイント獲得。

以下、ニコ、クビサ、コバ、キミ‥‥あんな大きな看板しょってるのに、ダメダメなレースだったねぇ、フェラーリ。
13位、一貴、最終戦まで全く目立てず。来期のシートが心配だ。
ルノーラストレースほとんど姿が映らなかったアロンソは14位。
リウッツィ、フィジケラ、スーティル、グロージャンまでが完走。
リタイアは序盤のハミルトン、アルグェルだけ。


聞きなれた感のある、ヴェッテルのドイツ国歌&レッドブルのオーストリア国歌。
すでに貫禄すら感じられる。
来期のヴェッテルは楽しみだ。

ただし、今季の2強は来期の2強ではないだろう。
マクラーレン、フェラーリの開発力は伊達ではないだろうし、すでにデザイントレンドは今年1年で確立されている。来期はKERSも無くなり従来のマシンバランスの元、最初から2階建てディフューザーに対応したリア周りのマシンがきっちり開発されて開幕戦から投入されるだろう。

驚くほどドライバーの入れ替わりが少なかった2008-2009シーズンオフ。
2009/11/1現在、多くの有力ドライバーのシートが確定していない状態、かつ新規チームの参戦で多くの新人、懐かしの復活組の参戦できっとドライバーのラインナップはがらりと一新して、その面でも盛り上がると思う。

今期はシーズン中、何人かのドライバーがサーキットを去ったが、その代役ドライバーが軒並み活躍できなかった状況を考えると、今季のテスト禁止ルールはやはりマイナス面が多かったと思う。マッサの事故に関しては完全に不可抗力で、そういったケースですらドライバーテスト(オーディション)できないなんて、全くナンセンスだ。ウイリアムズのルールを守る(自分たちのために)という姿が醜悪なモノに見えてしまった。

それから、予選の燃料関連ルールとそれにまつわる燃料搭載量公開ルール。

最初はおもしろいような気もしたが、結局、搭載量と予選順位の関係でレース展開が見えてしまい、かつその通りになってしまうことが多くて‥‥「F1が川井ちゃんの計算に支配されている(笑い)」状況はやっぱりよくない!!
給油自体禁止でこのあたりのルールは無かったことになるので、来期はナニも見えないコース上で抜くしかないレースが帰って来る‥‥と思いたい‥‥誰も抜けずに1週目の順位で決着がついたりして‥‥orz‥‥。

とりあえず、来期のシートがどうなるのか?
まずはこれからしばらくの間コレが一番の話題になるだろう。

個人的にはキミ>マクラーレンで心置きなくキミを応援できる状態になってほしいが‥‥あと、キミがいないと、suzukaにおにゃのこが来なくなる‥‥なんてな。

今シーズンOFFのCSでの過去レース特集は、1970年代特集か‥‥って、俺、このDVD持ってますが‥‥今宮さんがあのシンプルなナレーションにかぶせてあれこれ話すのかなぁ?

最初は、ヨッヘン・リントがモンツァで事故死しながらもチャンピオンをとった衝撃の1970年から。くそモズレーからこき下ろされていたスチュワートのすごかった時代。新鋭・エマーソンの登場と戴冠。ラウダのチャンピオン獲得と事故と復活。グラウンドエフェクトロータス78・79の登場、マリオとロニーの光と影、英雄・ジルの登場、ウイリアムズオイルマネーで躍進‥‥な70年~80年のF1だ。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧