2009年9月30日

祝・個人的「ねじれF1」から脱却

鈴鹿を前にストーブリーグがにわかに活気を帯びてきた。
‥‥今年はアロンソ問題がマッサの事故の影響で発表を遅めた分、動き出したかなり遅い。本来ならば、イタリア後からアレコレ決まってくると思っていたのだが。

それはともかく、ようやく「アロンソフェラーリ入り」が発表されそうで、おかげさまでキミがフェラーリから追い出される。何ともかんとも。「キミが追い出される」と言う状況は嬉しくないが、個人的には「嫌いなチームに好きなドライバー」という「ねじれF1」から解放されるので、来年の秋は心置きなくキミ+マクラーレングッズを買おうと思う。

それにしても、よりによって「アロンソとMSが同じチーム」なのが笑える。

フェラーリとマクラーレンのドライバーズラインナップがほぼ決まったところで、他のチームもバタバタ動き出したようだ。

アロンソ移籍で空いたルノーにはクビサ、クビサのチームメイト、ハイドフェルドはウイリアムズ復帰が伝えられていて、先行き不透明のBMWはやっぱり忌避されている模様。その結果、一貴はやはりウイリアムズを追われてしまいそうだ。
ウイリアムズの現エース・ニコは遂に「勝てる車ブラウン」を得られそうで、ニコ好きとしてはコチラの動向も楽しみ。ニコが来るブラウンの二人は王座争奪戦モードなので正式な動きはないが、バトン残って、バリ放出の線が強い。

TOYOTAは現状二人とも来期の確約がないために「いよいよ撤退?」と言う噂もあるが、日本人を乗せてもう1年やるんじゃないかと思う。じゃないと、TDPやった意味も全くないしねぇ。一貴?カムイ?

RBRは現状維持、トロはアルグェルスアリ出して、他カテのビッグネーム、第4のセバスチャン、ローブが来るのか?
インドはスーティルともう一人は‥‥フィジケラ、やっぱり出戻るか?

現10チームで「かつてBMWといわれたチーム」以外はおおよそ見当が付く状況になってきたので、残りの4チーム「マノー」「USF1」「カンポス」「ロータス」が気になるところだが、エクレストンは「USF1はダメじゃね?」と早くも参戦前撤退の可能性を勝手に予想しているが、コレは「風説の流布」とか「営業妨害」にならんのか?

USF1には、懐かしのヴィルヌーヴブランドが復活?なのかで、カンポスはスペインxスペイン?ロータスとマノー辺りに日本人の誰か(琢磨だが)乗れないかなぁ‥‥無理かなぁ‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧