2009年9月28日

F1’09 Rd.14 シンガポールGP 決勝■

2回目のナイトレース、去年は文字通り「セーフティーカーレース」になったが、今年の結末や如何に?

バリチェロがギヤボックス交換で5グリッド、ハイドフェルドがバラストの積み間違い(<なんだそりゃ)の修正、ギアボックス、エンジン交換で8番グリッドを袖にして、ピットからのスタート。

このレースの結果次第では、ヴェッテルとウェーバーのチャンピオンシップが終わってしまう可能性アリ。ただし、グリッドは圧倒的にレッドブル陣営に分があるので、ひょっとしたら再び混戦に戻ってしまう可能性もある。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

スタート!!!
ポールスタートのハミが、まっすぐに出て、3番グリッドのニコが続く。
圧倒的に奇数スタートが有利だ。

アロンソもいい出だしを見せたが、オープニングラップ中に、ウェバー、グロックに抜かれて元の木阿弥。

グロックと紛らわしいグロージャン、いきなりピットイン。
またもブレーキトラブル。
どうやら彼の走り方に起因するみたいだ。
そのままリタイア。

有利な状況からスタートしたハミは徐々に後続を引き離していくが、KERSに問題があるみたいだ。
ウェバーはアロンソをコース外から抜いたので、アロンソに順位を譲ろうとするが、アロンソを追い抜いたグロックまでも先に行かせなければならず、大きなロス。

後続では「3秒遅い」アルグェルスアリが前に出てしまって、14位以降最下位リウッツィまで大行列。抜くに抜けない。

グロックのミニウイングが外れて、コース上に落ちたままイエロー状態が続く。
お、取りに行った!!がんばれマーシャル!!

いの一番にヴェッテルIN!!
バリチェロの後ろに戻ってしまった!!
まぁ、そんなに多くのラップを走る必要はないが。

ニコ、IN!!
あっ、ピットレーン乗り越えちゃったぞ!!
これはペナルティ確実だろう。
痛すぎる。

バリ、IN!!
ピットアウト、これは難しい。
普通にコースを走るより難しいな。

20周目でトップのハミIN!!

あ~、ニコ、ドライブスルーペナルティ。
ハイドフェルドとスーティルがクラッシュ!!
ニックは完全にもらい事故、かわいそうに。

S.C.IN!!

スーティルがノーズ交換
アロンソ、IN!!
コバ、バトン、一貴各車ピットへ!!
キミ、ピットタイミング悪いな~。

バトンは作戦がめちゃくちゃだ。
ニコは去年はそれに救われたS.C.に今年は酷い目に遭わされそうだ。
アルグェルスアリ、ピットアウトでミス。
つ~か、ろりぽがぴくっと動いた。

バトンが8位まであげたのと対照的に、キミは14位までドロップダウン。
それにしても毎度のことだがこんなときのフェラーリはヘボい。あまりヘボすぎる。

S.C.アウト。
ギャップはリセットされた。
ニコ、2周後にペナルティをこなすが、14位までドロップダウン。
嗚呼無情。

おかげさまで、ヴェッテルが2番手まで上昇。
グロックが3番手。

以下、アロンソ、バリチェロ、コバ、バトン、ウェバーの順。

後がないヴェッテルがスパート!!
ハミを猛追!!

ニコ、変なタイミングでIN。S.C.狙いの完全にギャンブル。
確かにこうするしかないが。一貴、GO!か?
ピットアウトで危うく壁に当たりそうになる。
ん~、ギリギリ。

ほかのみんなも狙えばいいのに。
まぁ、タイヤの磨り減りとかあるからギリギリに入るほうがベストだけど。

あ、ヴェッテル車のミラーが飛んだ。
危ないなぁ~。

ニコ、ゲロ遅のアルグェルスアリを追い抜いた。
40周目、ヴェッテルIN。
7番手で戻る。

あら~ベッテル、スピード違反!!
こりゃダメだ~。

さらに、縁石またいで、ディフューザーも壊してしまった。
むざむざチャンスを失ってしまった。
獲得ポイントが減ってしまったので、チャンピオンシップに関してはほぼTHE END(前戦終了時から言っているが)。


これで、アロンソが労せず表彰台圏内。

ヴェッテルIN。
ジャックがいる。
ヴェッテル、9番手で戻った。

あ、一貴がウェバーを追い詰め‥‥ウェバーIN、ブレーキがおかしいか?
ピットで大きくタイムロス。
レッドブル勢、レースを失した(ヴェッテルはまだ終わってないが)。

一貴、入賞圏内突入。

あ~ミカ~。

グロックIN、6番手で戻る。

あ~ウェバー、クラッシュ!!

S.C.は‥‥はいるか?

各車緊急ピットイン!!
余裕のあるハミはS.C.が入る、入らないにしてもここで入っておくべきだ。

アロンソはステイ。

結局、S.C.は入らず。
ブレーキディスクが壊れている危険な状況だっただけに、ウェバーは大きな事故にならなくて良かった。

ハミもマシン不調?
バトンが事実上唯一のライバル、バリを食うために猛追開始。

ブエミ、アルグェルスアリ、同時リタイア。
これで、RBR陣営ヴェッテルしか残っていない。

アロンソ、IN!!
ヴェッテルの前、3番手だ。

残り10周。
ポイントリーダーのバトン、最後のピットへ。5番手で戻る。
直下のライバルバリチェロを食って、ウマー。
ここ数戦、優勢に進めていたバリ、涙目。


残り8周。
バトンがヴェッテルに追いついてきた!!
どうやら手負いのヴェッテルを食いに行くようだ。

おおっと、バトンの右フロントも厳しいみたいだ!!

クビサ、一貴、キミ、1ポイントをかけて三つ巴のバトル。

ロスからバトンに「これで満足しよう」の指示。
「わかった」素直に従うバトン。

ハミ、余裕のクルージング。

いよいよファイナルラップ。
ハミ、余裕のポールトゥウィン。
2番手はグロック、鈴鹿を前に久々の表彰台。
アロンソ3位。なんと、今季初表彰台。もっと乗ってるかと思った。

無念、4ポイント零れ落ちたヴェッテル、4位。
5位は御の字バトン。チャンピオンに一歩前進。
6位バリチェロ、こちらも失意。

それにしてもチリと埃がすごい。
コバ、クビサまでがポイント獲得。

一貴、ポイント獲得ならず‥‥。
キミ、悲惨な10位‥‥orz‥‥。

今回はちょっと多めの6台リタイア。

コンストラクターズはマクラーレンがフェラーリにわずか3ポイント差に迫ってきた。
マッサの事故以来、孤軍奮闘ここまで表彰台に上り続けたキミだったが、もう一人が戦力にならない状態でハミコバ(6戦連続入賞)ダブル入賞の前にいよいよ風前の灯。

むう、ハミは好かんがやはりすごいな。

来週はいよいよ鈴鹿!!
3年ぶりの鈴鹿に帰る!!
俺も帰る。
ナイトレースで時差ボケのF1サーカスはいよいよ東の果てに!!

まちどおしい~。
つ~か、HONDA服しか持ってないのにどうしよう‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧