2009年6月22日

もはや自動車レースでなくチキンレース。

モズレー、法的手段を撤回して、交渉のテーブルを目指す。しかしチームは‥‥。

先週末、FOTAが新シリーズ設立をぶち上げてから数日。
モズレーはいよいよ危機感を持ったか?当初まくし立てていた「法的手段に出る」と言う発言は次第に弱まり「交渉のテーブルに着く用意がある」と翻意。

だが、FOTA側は現在のトコロ、それに応じる姿勢を見せていない。

FOTAにとっては、「交渉のテーブル」ではなくて、「フィナンシャルレギュレーションの完全撤回」や「モズレーの退陣」が最終目標だろう。

間抜けなルール変更(KERS)や朝令暮改(毎年のように行われるエンジン規定の変更)、行き当たりばったり裁定(カスタマーカールール)。モズレーが居なくなれば無駄遣いもなくなるんじゃないだろうか?

‥‥でも、シブチンF1も分裂シリーズも実はちょっとだけだったら見てみたかったりして。ニコ、残ればワールドチャンピオンは堅いと思うが、どうやらFOTA側に付きたいみたいだ。有力ドライバーがみんな新シリーズについて、ダニカと一貴がF1チャンピオン争いをしたら‥‥堪らないなぁ‥‥orz‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧