2009年4月26日

F1’09 Rd.4 バーレーンGP 決勝■悲願は叶うか?

TOYOTAの宿願成るか?
初のフロントロウ独占で機運の高まるバーレーンGP
勝手知ったるコースで予選は燃料少な目のアグレッシブな作戦に出た。

「停滞すなわち後退」のF1、資材&資金&テスト不足のブラウン、徐々にパフォーマンスが落ちているようだが‥‥このまま飲み込まれていってしまうのか?

上位陣では3番手のヴェッテルが一番燃料を積んでいたと言うのが、予想外だった。
もう少し積んできたかと思ったが、ブラウン勢よりも重い。
これは期待できるか?

上位陣はみなソフトタイヤを装着。
オーストラリアではまったくもたなかったこのタイヤがレースにどんな影響を及ぼすのか?
そして、5番手にまで戻ってきた、上位唯一のKERS搭載車マクラーレンのハミルトンはどう出るか?

S.C.スタートだった前戦にはなかったフォーメーションラップを終えて‥‥。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■スタート!!
トップは2番グリッドのグロック。

ハミ、KERSパワーでバトン、ヴェッテルとかわして3番手にアップ
ヴェッテルはバトンにもかわされ、5番手にドロップダウン。

しかしハミ、バトンに2週目にあっさり逆転を許し、TOYOTAの2台-ブラウンの順。

2周終わりでクビサと一貴が早くもピットへ。ノーズ交換。

TOYOTAの2台は順調に周回を重ねる。
マッサ、ハイドフェルトもフロントウイングを傷めて緊急ピットイン!!


グロック>バトンの差は徐々に開いている状態。

お、マッサ17位‥‥惨めだ。

ヴェッテルvsバリチェロ!!

TOYOTA・グロック11周終わりで早くもピットイン!!
9秒8。

続けざま次の周回でツルーリin!!
こちらは8秒台でピットアウト!!
グロックよりも前に戻る。

さて、バトンは後何周走るのか?
タイムアップしながら周回を重ねる

ツルーリvsアロンソ。
軽くなったアロンソが見事にツルーリをパス!!
ツルーリは粘りたかったと思うが。

12周終わりでバリチェロin!!
10位で戻る。

ツルーリ、ニコに襲われている。
15周目
バトンin!!
ハミもin

バトンがツルーリの前に入って、(事実上の)トップ交代!!
さらにハミもグロックの前に入ってしまった!!


ヴェッテルスパート中!!
16周目、アロンソin

バリ、ピケに怒りを表すもお門違い。何考えてんだか?
ソフトのバリチェロ、一刻も早く抜きたいのだろうがKERSパワーでピケ逃げる。
ようやくかわした。

20周目、ヴェッテルin!!
さあ、どこに戻る?
ツルーリの後ろ!!実質3番手に復帰!!

TOYOTAの1-2はやはり砂漠のマボロシだったのか?
ツルーリに迫るヴェッテル!!行け!!

キミ、ようやくin!!
たんまり積んで戻る。

バトン、徐々に差を広げてトップ快走中。

ツルーリvsヴェッテルは続く。
なかなか追い抜くまでは行かず。
ハミ、バリも追いついてきた。

‥‥TOYOTA、燃料&タイヤ作戦が完全に裏目に出てしまった。
フェラーリまたもKERSトラブルか?

とうとうバトンとツルーリの差が10秒あいてしまった。
その間にバリチェロが後ろに追いついて、2位~5位の4台が行列。
リチャード・ブランソン、ご機嫌。

‥‥と思ったら、バリチェロin!!
タイヤはソフトのまま3ストップ作戦。

バトン-ツルーリは毎ラップ0.5~0.8差でバトンが差を広げていく。

ロスの目の前に黄色い物体‥‥あ、バナナだ‥‥。

一貴in‥‥現在、最後尾。
目立ちませんなぁ。

キミ、久々の見せ場!!
グロックを追い詰める!!
‥‥つ~か、グロックが遅すぎるだけみたいだ。
さくっと行け!!

あ、グロックピットに逃げ込んだ!!
ソフトにチェンジ。3ストップに作戦変更。
すでに優勝争いどころではなくなってしまった。

マッサ哀れ、21周を残したこの時点で周回遅れに‥‥。

バトン次のラップでin!!
ツルーリもin!!
ハミもin!!

上位、ステイはヴェッテルのみどれぐらい飛ばして来るか?
ハミの前にバリチェロ(もう1回ピット必要)が挟まった。
ハミとしてはうっとうしいだろうが。
ソフトのバリチェロ、ツルーリをパス‥‥もクロスラインでツルーリ死守。

ヴェッテルようやくin!!
これはツルーリをかわすぞ!!
‥‥‥‥行け!!

前に出た!!
2番手!!(キミ除く)

TOYOTAの悲願は彼岸へ潰えた。

キミin!!
タイヤ交換ちょいミス!!
さすがヘタリアクォリティ
キミ、そのせいでグロックにかわされるもKERSパワーで切り替えした!!
5位は行けるかなぁ~。

ヴェッテルにツルーリが追いついてきた!!

のこり10ラップ!!

バリ3度目のピット。
戻って‥‥あ、キミの前かよ。5番手はバリチェロ。
フェラーリ、ハードでのバランス悪し。
厳しそうだ。

バトンは悠々クルージングモード。

一貴、このレース最初のリタイア。

マッサvsフィジケラの熾烈な争い(笑い)に巻き込まれないようにバトンは安全策。

のこり3周。
キミ、ひたすらグロックから逃げ続ける。
KERSは逆の使われ方をしているなぁ‥‥。

いよいよファイナルラップ。

そして、バトントップでゴール!!

今季4戦3勝。
チームの資金・資材・テスト不足‥‥F1において「停滞は後退」と言われる中、開幕戦で見せた圧倒的な実力差は薄れたと思うが、まだまだチーム+ドライバーの「安定感」分の差はある。
スタートで抜かれたハミルトンにてこずらなかったのがポイントになった。

2位は天才・ベッテル。
燃料を積んでも予選で速かった。
新ディフューザーを積んだ後、どんな走りを見せてくれるか?
モナコが待ち遠しい。

3位はポールスタートのツルーリ。
シーズン前散々走ったバーレーンでもTOYOTAの悲願は叶わず。
04シーズンのB・A・R HONDAに似た展開だ。

4位はハミルトン。
マクラーレンの上昇カーブはすごい。
さすが老舗だ。

5位はバリチェロ。
バトンの差は如何ともしがたい。
3ピットは無駄だったかも。

ついにキミ6位で3ポイント獲得。
‥‥フェラーリの今季は終わったかも。

7位は2番手スタートのグロック。
タイヤ作戦ミス(?)で沈んでしまった。

8位しぶとくポイント獲得したのはアロンソ。
こちらもさすがである。
ちなみに立場が危ういと言われているピケはこのレース10位。
アロンソが8位と言うことを考慮すると、よくがんばったと思うぞ。


S.C.フィニッシュ、赤旗終了、レース終始雨‥‥今季4戦目にして、ようやくフツーのレースが終わった。


5週で4戦。
忙しすぎる春のフライアウェイもいよいよ終わり、次はヨーロッパに帰ってスペインGP。
散々な目に遭わされた旧勢力はどんな巻き返しを図ってくるのか?
まだまだ興味津々の'09シーズンは始まったばかり。

■今日の一句
○安定感 地味でもそれで 勝てばよい
バトン、散々「地味地味」と書いてきたが、強いマシンのときはそれがよい。
04シーズンの安定感を思い出す。
ロスの作戦もそれを後押ししていると思う。

○土曜日の 歓喜はいずこ またも散る
TOYOTA、今回も勝てず。
軽タンで強奪したポールだったが‥‥。
動かなくてもいいときに動いてしまった作戦負けだろう。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧