2009年4月18日

F1’09 Rd.3 中国GP フリー走行3&予選■天才は忘れた頃にやってくる?

昨秋走ったばかりな気もする、上海。
相変わらずEXPO席が残っているのね。

今回のフリー走行も好調だったニコだが、開始早々、わずか5分で「ハミルトンの砂場」へ突入‥‥あいた~。

中国人コースマーシャルの作業にドッキドキのニコ。「マシン壊すなよ!!」と言わんばかりにクレーン車の作業に割り込んで、結局、撤収のお手伝い。
撤収されたマシンを撮影するマーシャルが居たりと、相変わらず中国GPのマーシャルはレベルが低い‥‥ちゃんと教育しろよ。

それでも、再び走り出して最後にはトップタイムを出すところは「プラクティスチャンプ」(練習王者<ありがたくない称号だな)なだけはある。

さてさて、予選はどうなるのだろう?

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■Q1
最初に動いたのはフィジケラ。

フェラーリもルノーも結局クビサもKERSを使わず。

フェラーリはいきなりソフトタイヤでアタック。
追い込まれてますなぁ‥‥。

おっと、ウェバーも「ハミ砂場」にはまりそうになったが、幸運にもさっと抜け出る。

‥‥むう。
各車ソフトを使わねば、Q1突破もままならない状態だ。
好調のトヨタ勢もハードで臨んだ最初のアタックでのタイムだと下位に埋もれてしまう。

残り3分。
ニコが良いタイムでトップに立つ。
それでもウェバー、バトンと次々にトップタイム更新。

あ~。クビサ、ついにQ1脱落~TT。
なんと18位。
混迷を極めてますなぁ‥‥。

その他、脱落組はいつものインドにピケ、ブルデーの5人。

一貴、ぎりぎりの15番手。
しかし、ニコとの差を考えると、今後が危ういなぁ‥‥。

マクラーレンはやっぱりかなり上げてきている様子だ。


■Q2
‥‥誰も出てきませんなぁ‥‥。

まずは、一貴登場。
続いてニコ、バトンの2階建てディフューザー軍団。

キミ、前車との間隔を目一杯開けて、一発に掛ける!!

バリチェロ、35秒台に入れてくる。

キミ、がんばって3番手。

その後、ウェバーがトップに立ち、ハミルトンも2番手に食い込んでくる。
コレまでの2戦とは少し傾向が異なるか?

残り3分。
各車一斉にコースになだれ込む。

まずはバリチェロ、だがミス。
バトンはトップタイム。

一発勝負の天才ヴェッテル、キタッ!!トップ!!

マッサは13番手。
今回はQ2落ち。少し良くなったぞ(笑い)。

コバもタイムを出せず12位で、Q2落ち。
一貴もダメ。どん尻15位。
グロック(14位)とハイドフェルド(11位)もQ2止まり。


ヴェッテル、ウェバー、バリチェロ、バトンとレッドブル、ブラウンの順に並んだ。
レッドブルの速さは何なのだろう?

アロンソはさすがのQ3進出、ハミもトップ10に帰ってきた。
キミは9位に踏みとどまる。
ブエミが小生意気にも10位に入ってきた。

■Q3
さて、ポールは誰?
3戦連続のバトンか、久々のバリチェロ?天才の爆発ヴェッテル?それとも?

まずはアロンソ。
今回もたくさん積んでるんだろうなぁ~。

ウェバーのタイムをバリチェロが上回ってトップに。

ハミ、7番手。

ウェバーがタイム更新、バトンは届かず、3連続ポールならず。

ヴェッテル~~~~~~~!!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
YES!!YES!!
2度目のポール!!!
叫びまくってますなぁ~。
またも1発アタックで、「全然走らないモン」作戦、大成功。
あ~、エイドリアン現地でコレを見たかったろうなぁ~。

そして、アロンソはびっくり2番手!!!
今度は軽くして先に出る作戦か?

ブラウン勢が予選4位、5位とトップ3にも入れないという、驚きの予選結果。
明日の決勝は前の2戦とはまったく異なる展開が見られそうだ。

‥‥その前に搭載燃料発表を待たねば。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧