2009年4月 4日

F1’09 Rd.2 マレーシアGP フリー走行3&予選■フェラーリ無能作戦発動!!

F1とは関係ないところでショッキングな出来事があり、テンションだだ下がり中、

年度末年度頭進行で死にかけている中、あっという間に第2戦、マレーシア。
フリー走行3は遠くに真っ黒な雲を見据えながらスタート。
‥‥結局降らなかったけど。

フリー走行3、体調不良のアロンソ、厳しそうだなぁ。

相変わらずブラウン、ウイリアムズ、レッドブル、TOYOTA、そしてフェラーリが現在の5強と言ったところか。ただ、上位と下位のタイム差が少ない。コレだけレギュレーションとマシンのスタイルが変わったのに、ココまで持ってくる各チームの技術力はすごいと思う。

予選はスコールが心配だが‥‥。

サテ、18:00。
そろそろスタートだ。

■Q1
雨を気にしてか、ウイリアムズ、フェラーリなどは早めのコースイン。

一貴君が最初にタイムアタックだが‥‥1分38秒台。
まぁ、ハードでは普通のタイム。
キミ、なんといきなりソフトアタック‥‥なのに、コースオフ‥‥orz‥‥。
マッサもソフト。

上位チームでもソフトじゃないとQ1突破すら難しそうだ。

なんて事欠いた途端、うげっ、バトンハードタイヤでフェラーリ2台を凌駕‥‥ハードですよ、ハード。コレは速すぎる。
バリチェロも2番手に。

一貴君は2度目のアタックでソフトで2番手に入れてきた。

残り3分でTOYOTAツルーリがソフトでトップに。
バリチェロもソフトでアタック。
バトンは結局ハードの1アタックのみ。
残り2分を切って、各車続々とアタック!!

あれ?マッサ?
16番手でなんとQ1落ち。マシントラブル?
‥‥ん?キミも14番手‥‥どうやら作戦ミスみたいだ。
P3中継時、森脇さんが「フェラーリは下手」と言っていたが、ホントにそうだ。
去年から言っているがイタリア色を強めるに従ってどんどん力を失っている。

トップはソフトでタイムを出し直したバリチェロ。
最下位はルーキーブエミ。
その他、Q1脱落はピケ、インドの二人。

■Q2
雨を予測かウイリアムズ。
またも一貴君がいの一番にアタック。

キミ、またもアタック失敗‥‥orz‥‥。

バトン、33秒台!!!
‥‥こりゃ、ライバルはいないよ。

あ~一貴、ダメだった。
アロンソ、すごい!!何とか10位に割り込む。

ブルデー
コバ
ハミ
一貴
ハイドフェルド
がQ2落ち。

去年のチャンピオン、形無しだ。

■Q3
さて、Q3だが、川井ちゃん情報によると新品のソフトを持っているのはバトンx3とバリx1、キミx1だけらしい。
他車はQ2までで全力を使い果たしているというのに‥‥ブラウンGP、恐るべし。

キミ、ニュータイヤでも4番手‥‥ダメだこりゃ。
5グリッドダウンが決まっているバリチェロ、トップに。

それを上回ったバトン、ポール。
2番手はツルーリ、3番手はヴェッテルだが降格で13番手、4番手はバリチェロこちらも降格で9番手。予選5位だが繰り上がりのグリッド3番手はTOYOTAのグロックで次がニコ。ウェバー、クビサと続いてキミは9番手‥‥2つ上がっても7番手‥‥コレはダメダメだ。10番手に食い込んだのはマシン性能差を補うアロンソ。

‥‥それにしても、バトン。
タイム差以上に余裕の展開っぽい。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧