2009年3月29日

F1’09 Rd.1 オーストラリアGP 決勝■信じた人たちに祝福の美酒を

ついに2009年シーズン最初のレースの幕が切って落とされる。

フロントロウ独占のブラウン、初陣での栄冠なるか?
最後尾のカーナンバー1はゴールまでたどり着けるのか?
フェラーリはウイリアムズはアロンソは?

ペナルティを受け、ピットスタートを選択したトヨタの2台を除く全車、無事にフォーメーションラップへ出て行く。

■スタート!!
シグナルがブラックアウトして、60回目のシーズンがスタート!!
ブラウンの2台は?
バトンは無事スタート!!
対するバリチェロはスタートできず、後方に飲み込まれていく!!

‥‥と、中団、1コーナーで多重クラッシュ発生!!
マクラーレンレッドブル?と言うことはコバとウェバー?詳細はまだわからず。

バトン、ヴェッテル、マッサ、クビサ、ライコネンの順で2周目に突入!!
あっと言う間にバトンが4.5秒リードを築く。
先ほどのクラッシュに巻き込まれたハイドフェルド、スーティル、ウェバー、コバライネンがピットへ。
先ほどの多重クラッシュは遅れたバリチェロも絡んでいて、左にBMWのハイドフェルド、真ん中にレッドブルのウェバー、ブラウンのバリチェロ、右にマクラーレンのコバライネン、後ろにインド力のスーティル、5台が絡んだ模様。

そして、そのマクラーレンのコバライネンが今期リタイア第1号。無念。
ソフトタイヤのハミルトン、カーナンバー1の意地でどんどん追い抜いていく。

開始数ラップが過ぎて、ソフトタイヤでスタートしたキミがニコに攻められている。
デグラデーションがかなり厳しい様子。
キミ、たまらずピットへ!!

今度はマッサが追い込まれている。
スーパーソフトスタートのフェラーリ勢、苦戦。
そのマッサを先頭に、クビサ、ニコ、バリチェロが連なる。

タイヤを替えなければどうしようもないマッサもin!!
ハミルトンもin!!
クビサも続く!
これで上位のソフト勢は全員タイヤ交換。

ヴェッテル、in。
ニコ、in。タイヤがはまらない!!
折角の健闘に水を差すチームの大チョンボ。

あ~、一貴クラッシュ!!
本人無事だが、これはSC出るか?

その間、バリチェロin。
バトンもin。大量に給油。

そして、S.C.in!!
バトン、タイミングもばっちり。
さすがロス・ブラウン、作戦も冴え渡る。
しかし、大量リードを失ったバトン。
この先、どんな試練が待つのか?
‥‥それにしてもS.C.中の隊列組み直しに時間がかかるなぁ‥‥。


再スタート!!
残るレースはタイヤが鍵を握る!!
あら~、再スタート1コーナーでピケ、ニコと争ってコースアウト!!
対照的にアロンソはKERSを見事に使いこなしてオーバーテイク!!
‥‥まぁ、仕方ない、差がありすぎだ。

リスタートも無難に決めたバトンは何事もなかったかのように快走。
後続を引き離していく。

27周目マッサ最後のピットへ!!

ミスった両Jr.がピットウォールで苦い表情。

むう、バトン独走ですなぁ。
無難に走ることは天下一品のバトン。
前に立てば持ち前の安定走行で気づけば残り周回も20周。

クビサin!!
キミもin!!キミはマッサには勝てそう。よかったx2。

‥‥って思ってたらキミ、緊急ピット?
あ~あ、またかよ。
‥‥原因はスピンだった。今年もダメダメっぽい‥‥orz。

ヴェッテルin最後のピット2番手は確保か?

フェラーリに負の連鎖。マッサもスローダウン。
こちらはマシントラブルの様子。
昨年のコンストラクターズ王者もふがいない戦いだ。

バトン、残り12周でファイナルピットイン!!
多少ピットアウトまで時間がかかるも、余裕を持って1コーナーへ飛び込む。
残り7周、バリチェロinこちらは4番手死守なるか?
あれ~ニコに先行を許した~。
‥‥と思いきや、バリがニコを抜き返す!!
あれだけごたごたがあっても4位か。ブラウン安定感も高い。

バリチェロに抜かれたスーパーソフトのニコ、続々と抜かれていく。
やはりスーパーソフトの耐久力には問題がありそうだ。
ニコ、うなぎ下がり。
4位だったのが、結局9位までドロップダウン。

最後はやはりタイヤが鍵を握りそうなこのレース、
クビサがヴェッテルに追いついてきて、気になる若手のバトル勃発
クビサが圧倒的に有利だが、ヴェッテル、守り抜くことは出来るのか?

あああ~~~!!!あたった~~~~!!!
当たった後そのままもう一回絡み合って、お互いのフロント部分を打ち付け合う。
ともに興奮している中身そのままに壊れたマシンで走り出すも、空力のバランスを欠いた両車はともにウォールにヒットして万事休す。
若気の至りだ。

ふたたびS.C.inか?
そして、棚ぼたでバリチェロ2位に浮上?
このままブラウン、1-2フィニッシュ?

あ、S.C.入った!!
その時点でバリチェロが2位。3位はハミ?‥‥いや、ツルーリだ!!
S.C.残り3周で入ったので、これで、バトン優勝確定(止まらなければ)!!


‥‥そして、バトン、歓喜のゴールイン!!
バリチェロもアップダウン激しいレースのラストに2位表彰台を確保。

チームのデビューレース優勝は1977年、ウォルターウルフレーシング以来。
さらにチームのデビューレースでポールトゥウィンははるか昔、1955年シルバーアロウ・メルセデス以来、54年ぶり3回目(最初はF1初開催時のアルファロメオ)。
しかも全ラップ首位の完全制覇。

そして、バトンにとっては通算2勝目。


去年までHONDAのスーツを着てきたバトンにバリチェロ‥‥そして、3位は唯一残った日本チーム(地上波はコレばっかだ)TOYOTAのトゥルーリ。一緒に並ぶ誇らしげな顔のロス・ブラウン‥‥

追記

レース後、ツルーリにS.C.中の云々で、25秒加算ペナルティ。
ツルーリは入賞圏外の12位に落ちハミルトン以下11位までの順位が繰り上がる。
9位のブルデー(眼鏡君)が繰り上がり入賞。トロロッソは苦境の中2台入賞。
TOYOTAはこの裁定に抗議。
ブラウンGP以外のレース結果は現在『暫定』となっている。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧