2009年3月 3日

新兵器?左のTE

左手キーパッド「n52te」を購入した(ちょっと前の話だけど)。

別にネットゲーマーでもないし、FPS好きでもない(ていうか、むしろ苦手、酔う)。
そんなオレが何故こんなゲーマー御用達アイテムを購入したかというと、「フォトショップとかsaiを楽して使うため」なのである。

フォトショップ、sai共に優れたグラフィックツールでショートカットも色々とカスタマイズ可能だ。だが、右手にタブレットのグリップペンを持ちながらだと、どうしてもペンの細さを変えたり、拡大縮小させたりしにくかったりする。
(Intuos3にもボタンとスクロールパッドがついているが、どうにもこのスクロールパッドと相性が悪く、いつも意図しない入力をしてしまうので、切っていたのだ。)

まずは右手にペン、左手にトラックボールという作戦を思いついたが、トラックボールのボタン数は多くてもせいぜい5~8。これでは出来ることに限界がある。
そんなことを話していると、相方が「左手用ゲームパッドにしたら」とアイデアをくれた‥‥なるほど。

0304n52te_000.jpg‥‥と言うわけで、毎度のごとくアマゾヌ。
他機種(ロジクールG13等)もチェックしてみたが、ルックスが一番良かった「n52te」に一目惚れ。機械はやっぱり見た目も大事ダヨなぁ‥‥まぁ、国産機があれば手のサイズなども考慮して、そっちを選ぶかも知れないけど。
‥‥翌日、届いた。日英(米)中韓‥‥国際色豊かなパッケージ。

0304n52te_003.jpgそそくさとUSBポートに接続して通電。青い光がきれ~。キチンと認識された。

その後は、フォトショップとsaiを起動してショートカットとteのキー設定をアレコレいじり倒す。アマゾヌのレビューにもあるが、teの良いところはキー設定をte自身に保存できて、監視ソフトなどが不要な点だ。

‥‥しばし、設定。人差し指のホイールにペンの太さ変更を割り当て、親指で操作する十字キーの上下に拡大縮小、左右にペンの堅さを割り当てた。

その他、キーは左端にctrl+zとctrl+yを設定。後は最下段にコントロール、シフト、Altキーを割り当て、よく使うキーを人差し指、中指で触る当たりに設定。
フォトショップのドローはコレだけでほぼ全て可能。
saiもブラシツールのショートカットキー設定をフォトショップ同様に割り当て(ブラシツールのショートカット設定、実は今までよく調べなかったので知らなかった、単にダブルクリックして、キーを設定すれば良いだけ‥‥なんということだ)。

実はコレを使って、この前のサークルカットや千早バースデー絵を描いていたりする。機能が増えた分、左手を酷使するので疲れるが、効率はとても良くなった。

次は、metasequoiaの設定をしなきゃなぁ。

‥‥制作環境はどんどん良くなっていくんだけどね~。
あふぅ。

♪BGM:Questions?/中村優

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧