2009年3月 2日

進むも茨、止まるも茨?

バトンが報酬大幅カットに同意
失職をもたらすマネジメント・バイアウト
(F1Live.com)

HRF1いよいよロス・ブラウンによるMBO成立か?

だが、MBOが成立しても、半数以上のスタッフが解雇されてしまう模様だ。
HONDAからの資金は元々ブラックリーのチームを閉鎖するために必要な金額だったわけで、それを元手にチーム運営を行うのだから、解雇されてしまうスタッフに渡すお金があるわけなど無い。彼らはHONDAではなくブラウンから解雇されることになるわけで、違約金もなく単純に「失業」してしまうらしい。進む事で泣く人々もいるわけだ。

対照的に「止まって」泣くことになるのは、ブラウンをはじめとして、バトン、残ることが出来る半数以下の有能なエンジニア、加えて参加台数が足りなくなって困るエクレストン‥‥という、いわゆる「上の方」の人々。

昨シーズン、あれだけ「来年こそは」と言い続けたブラウンの新車、見てみた行きはするけど、思い入れはないし、活躍してもしなくても複雑な気分になるんだろうなぁ‥‥。

で、ドライバーも年俸の半額を供出するバトンとブラウンとのつながりが深いバリチェロが有力とかいう魅力に欠ける状態だし‥‥。
むう、どうなっちゃうんだろうなぁ。

正直、貧乏チームが底辺のマシンを落ち目のドライバー乗せて走らせるより、金のあるチームが勝てそうなドライバーを3人走らせる方が、シーズンが盛り上がったりして。「フェラーリの3人とマクラーレンの3人とBMW(ルノーでもレッドブルでもイイが)の3人が数ポイント差で争う」状態とか‥‥。
むう。夢がなさ過ぎか。

こうなったら、ブラウンvsインド力vsウイリアムズの独立系チーム逆御三家による独立チャンピオンシップ!!(あ、牛軍団も入れとくか)
87-88年の「ジム・クラークカップ」&「コリン・チャップマンカップ」のように「何とか」カップって冠して‥‥「何とか」は‥‥ん~。
エコノミーカップ?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧