2009年1月20日

ルノーがっ、ルノーがッ

いよいよ'09テストも本格化。
それに合わせて、ルノー、ウイリアムズ、BMWザウバーの3チームが相次いでニューマシンを発表。

以下、フォトレポートを見ながらアレコレ。(All Photo from AutoSport.com)

まずは、クラッシュテスト不合格など、攻めたデザインが予想されるルノー



白い布に隠された新車。
そのシルエットからドーサルフィンは健在であることが判る。


‥‥緊張の除幕‥‥ていうか、ドライバーふたりのスーツが既にアレなんですが。


‥‥な、なんじゃ、こりゃ~~~~~~!??
ドーサルフィンのオレンジと黄色の縞々は熱帯の蛇?
派手なスペイン親父のパンツ?

‥‥まぁ、止まっている横からの写真などでは判断できない笑撃の1枚を‥‥

思わず吹いてしまった。
橙の豚?うわ~うわ~。キッツイなぁ‥‥。
カラーリングに関しては、elfがTOTAL(親会社)に変わったせいもあり、今まで暖色系を辛うじて締めていたダークブルーすらも消え、それが赤に‥‥いやはや何とも‥‥orz‥‥。
イエローとライトブルーという難しい2色を見事にまとめていたルノーは何処へ消えたのか?

美を捨てて、実を取ったと言うのか?
フランスメーカーにしてはあまりに質実剛健なデザインだ。

俺がF1を見始めてから最も不細工なマシンかも知れない‥‥。
どうなんですか、コレは?

次、ウイリアムズ
カラーはテスト用暫定色。
おそらく例年通りのような白+紺色で開幕を迎えると思われる。


暗色系は今期のトレンドである「ぼってりしたシルエット」が目立たず締まって見えるというメリットもあるが、それでもスマートな作りだと思う。


カラーリングも相まって、課題の正面ビューも悪くない。
‥‥でも、プロストモデナを思い出す‥‥コレは悪口か?


‥‥それにしてもあまりにもあっさりとした新車発表だなぁ‥‥。
レノボも失ったし、RBSは金融危機で‥‥。
そっちの方が気になった。

ラストはBMWザウバー


うっ、地味。


正面写真。
このカラーリング、この姿‥‥。
ノーズ形状こそ違うが、何故かアレを思い出さずには居られなかった。
そう、セイウチ君こと、ウイリアムズFW26・BMW

まぁ、笑撃シーンの連続に今は笑っていられるが、レース本番が始まってこの大きな気持ちを保つことは‥‥きっと無理だ‥‥。

あ~あ、何だかなぁ~。

追記

あ~コレを考えると、TOYOTAはかなりマシなデザインかも知れない。

‥‥が、見た目が全てではないのがこの世界の恐ろしいところだ(当たり前か)。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧