2008年12月13日

共通エンジンとメダル方式、とりあえず回避。

全面的なレギュレーション変更に同意■F1Live.com

今週行われたFIAとFOTAの会合での決議内容が公表された。

モズレー、エクレストンの老害2人が提案した共通エンジンとメダル方式だが、来期はともに不採用。

ただ、エンジン、空力、テストについては大幅な制限。
1チーム当たり年間20基しかエンジンを使えない。
風洞は60%、速度50km以上のモノは使えない。
シーズン中のテストは禁止(どうせ抜け道はあるのだろうが)。

‥‥と、大改正とは行かないレベルだが、アレコレ変わるらしい。
HONDAとか、お金をかけまくって1/1風洞を作っていたが、まるっきり無駄なのだろうか?
まぁ、撤退したので、どのみち関係ないが。
エンジン数制限はエンジンブロウ自体が少なくなっているから、それほど問題はないか?
テスト禁止だと、ますます若手の習熟走行が出来なくなるのでは?

2010年からは独立系チーム(いつからこんな言い方をするようになったんだ?)に対して、年約6億865万円でエンジンを供給することになったらしい。
で、そのエンジンを2012年まで使う必要があって、独立サプライヤー(要するにコスワース)のエンジンを使用する場合は2008年12月20日までに契約を締結させないといけないらしい‥‥となると、再来週には再来年以降のエンジン供給体制も決まるわけで、色々見えてくるかも知れない。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧