2008年12月 7日

8チーム?

ウィリアムズのチーフエグゼクティブであるアダム・パーによると、3月オーストラリアGPのグリッドに並ぶチームが8チームになってしまう可能性があるとかないとか‥‥。

2009年エントリーが決定している中、HONDAが一番最初に白旗を揚げたモノだから、他のチームも足抜けしやすくなるというのはなきにしもあらずな所だ。

‥‥続くのはどこなのだろうか?
噂に上がり続けているのは、『最も初優勝まで遠いワークス』の記録を伸ばし続けているTOYOTA。そして、自分のトコロ以外にスポンサーが居ないレッド・ブル(&トロ・ロッソ)。

パーの言う「8チーム」を信じると、TOYOTAと言うことになるが?
確かにHONDAよりもTOYOTAの方が、企業としてこの不況の影響を大きく受けているが、さすがにHONDAの直後というのは、日本企業としてはやりにくいだろう。

それにしても、第3期HONDAはチームでの参戦を反故にしたり、エントリーを締め切った後に撤退してみたり‥‥スポーツをやる企業としては問題ありだ(会社の運営としては正しいのかも知れないけれど)。
ライバルだった各自動車メーカーも同じように不況で青息吐息の中、続けようと努力している状況でのこの行為に「HONDAは信用できない」と思っているのではないだろうか?
不況が去り、またモータースポーツの機運が高まってきた時、HONDAが参戦を拒否されなければよいが‥‥(まぁ、F1と言うカテゴリー自体が無くなってるかも知れんが)。

ところで、HONDAの撤退でエクレストンが興行主に約束している最低出走台数を割り込んでしまってんじゃ無いだろうか?まぁ、チームを売却できれば問題ないのかも知れないが、この後2チーム3チームと欠けて行ったら、1チーム3台エントリーとかの時代が来てしまうのかも知れないなぁ‥‥1台を若手に与えて、結果が良かった2台のポイントを合わせてコンストラクターを争うとかね。

‥‥コスワースエンジン搭載でTOYOTA、ルノーは当然の話、メルセデスやBMW、フェラーリも撤退してしまって、全チームプライベーターな時代がやってくるのか‥‥?
まぁ、それはそれで良いのかも知れないが、いや、良くない。
‥‥でも、打開策は見つからないんだよなぁ‥‥。
つ~か、エクレストンの妻が離婚して持って行く1000億円が正しく分配されていれば、救われるチームもあるのになぁ‥‥。

思いつくまま、全くまとまりもなく今のF1を嘆いてみた。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧