2008年11月 2日

F1'08 Rd.18 ブラジルGP 予選■決戦前夜

アナウンサーよ、ジョゼじゃないぞ、ホセだぞホセ。

さて、いよいよラウンド18、最終戦ブラジルGP予選。
ビジョンに映るハミルトンには大ブーイング。
対するマッサには大歓声(まぁ当然だろう)。
ヒル以来、12年ぶりのイギリス人、そして史上初の黒人王者か?
セナ以来、17年ぶりのブラジル人王者か?

敵の敵は味方?アロンソにも大声援。
そして、このレースが最後となるクルサードはどんな走りを見せるか?

そして、明日は雨の可能性が高いらしいぞ!!

■Q1
最初にアタックした地元ピケにも大歓声が送られる。
いつもと異なるヘルメットを被ったバリチェロ、これが最後のF1になってしまうのか?

5分、マッサが登場。
ブラジル人大盛り上がり。
‥‥富士でもこれぐらい盛り上がりたかったのう‥‥。

最初のアタックでトップに立ったのはハミルトン。
ライコネンは2アタック。マッサは5ラップでタイムを出してきている。

グロックスピン!!コース上なので大きな影響はないが、バランスがとれていない模様。
コンストラクターズ3位確定のBMW勢は苦戦している。

残り2分50秒、マッサトップに立ってスタンド大興奮。
ライコネンが2番手。

一貴、あ~。ニコには勝ったものの、16番手で2回目のブラジルもQ1落ち。
クルサードは何とかQ2進出。
ブラジル人もそろってQ2へ。

■Q2
まず、ライコネンが11秒台に入れて、マッサがそれをわずかに上回る。
さらにそれをわずかに上回るハミルトン。
コバライネンが4位でアロンソが5位で最初のアタックを終える。
‥‥っと、ベッテルがアロンソを食って5番手に。

グロックが2回目のアタックで3番手に食い込む。

ライコネンはタイムをのばすことができずに5番手止まり。
ウェバー12番手に対して、ベッテルは2番手を出す。
ブルデーも8番手と完全にトロがブルを食う。

ブラジルの2人、ピケ(11位)、バリチェロ(15位)、最後の予選だったクルサードも14位とココでノックアウト。

■Q3
いよいよグリッドが決まるQ3。
残り3分を切ってココまでトップのマッサがラストアタック開始。
マッサはさらに削ってトップ、ハミルトンは2番手止まり。
ライコネンがハミルトンの前に飛び込んで2番手。
‥‥と思いきや、ツルーリが2番手に立つ。彼がどんな勝負の綾になるのか?

そして、ハミルトンは結果4番手。偶数グリッドからのスタートになった。
軽いタンクのマッサ、明日はあまり得意ではない雨。
どんな展開になるのか?

泣いても笑ってもあと1レース。
どんな結末が待ち受けるのだろうか?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧