2008年10月19日

F1'08 Rd.17 中国GP 決勝■銀対赤のラスト2

中国GP@上海

時間が3時スタートなので、レース終了は5時前後。
雨の可能性40%。
天候変化がレースをどう左右するのか?

ポールはハミルトンその横にライコネンは、富士同様。
どんな展開を見せるのか?去年は爆笑の結末だったが‥‥。

スタート!!

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

上位陣は無難に独特な1コーナーに飛び込んでいく。
後方でTOYOTAの一台が飛んでった。どっちだ?ツルーリだ!!
アロンソVSコバはコバがとって、2強4台が上位に。
と思ったら、バックストレートでアロンソがやり返した。

ツルーリは最下位ながらレースを続けている模様。ノーズ交換して復帰。

アロンソに競り負けたコバライネン、ペース上がらず。
ツルーリ、結局どうしようもなく、ピットに戻ってリタイア。
どうやらブルデーとぶつかった模様。こちらも大きく順位を落としている。

LAP5
ハミルトン、ファステストを出しながら徐々に後続を引き離し始める。
ソフトタイヤのフェラーリ勢はバランスがいまいち。

LAP10
ようやくライコネンに火が入ったようでファステストラップを出してハミルトンとの差を縮め始める。
雨の可能性が20%に。

ハミルトン、リヤを大きくスライド。
去年のようにタイヤを痛めるのでは?

10グリッド降格を食らったウェバー、早くもピットイン。

14周終わりでマッサ&アロンソin
マッサの予選はミスだった。

次ラップでハミルトンin。ライコネンもin。ハードタイヤにチェンジ。

ハミとライコネンの差が徐々に開き始める。
‥‥このまま終わりそうだなぁ。

LAP24
ピケ、in。ロング>ショート>ショートな構成。
LAP25
ランキング3位のクビサ、長い1stスティントがようやく終わる。
クビサもハード。ロング>ショート>ショート。

LAP31、32
一貴、グロックようやくピットイン。

ハミは余裕でレースをコントロールしている。
雨でもこないかなぁ。

コバ、不運、タイヤパンク。
コンストラクターズはフェラーリが圧倒的有利に。
なんとかハミ溜めに引っかからずにピットへ‥‥。
これで17位までドロップダウン。

LAP36
注視していたコバも消え、アロンソ2回目のピット。
ソフトに変え、6位で復帰。

次のLAPでマッサin。4番手で復帰。
マッサとライコネンの間には明確な差がついてしまっているが、どうやって入れ替えを行うのか?去年の最終戦はライコネン後入りだったが。

さらに次のLAP。
またも、ハミ、ライコネン同時in。

ライコネンの後ろにマッサ接近。これはやるっぽいな。
少しでもポイント差を詰めなきゃだしな。

LAP40クビサin。

それにしても、退屈なレースだ。

残り9周
ライコネンとマッサの差がますます接近。

残り7周
マッサ、いないようにライコネンを抜く。
‥‥まぁ、ペナルティは無いと思うけど、ライコネンゆるめすぎ。

波乱もナニもなく、ファイナルラップ。

ハミルトンポールトゥウイン+ファステストラップ記録の完勝。
勝ち数マッサにで並び、7ポイント差がついた。
以下、マッサ、ライコネン、アロンソ、ハイドフェルド、クビサの順。
これでクビサの挑戦も終わった。

表彰台前。
ライコネン、いすに座って「やれやれ‥‥」って表情。
ハミルトン、トロフィーの底が外れてしまった。
やっぱり中国製?
シャンパンファイト、ヒトリグビグビやるライコネン。
いつも通りだ。

さぁ、今期も残り1戦。
結末や如何に?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧