2008年10月 1日

幸せのとんぼは‥‥

清原和博、現役引退。

東京にあこがれ夢破れて、故郷大阪に帰り、そしてバットを置く―。

高校時代の栄光、夢を持って迎えるはずの「プロ最初の一日」に涙を流し、あこがれだった球団を打ち倒す時に涙を流し、そして、夢を捨てきれずその球団へ。今までとはまるで違う環境でのとまどいと悩み、怪我で思い通りに動かなくなっていく体、そしてあこがれだった球団からの戦力外通告と故郷・大阪への里帰り。
一人の男がプロに入り、そして23年後、多くの人に見守られながら引退するまで、本当にドラマチックな選手の一生を見せてもらった。

『とんぼ』はやっぱり一人で北へ北へ向かってあこがれの大東京に出てきた自分にとっても、懐かしい思い出の曲だ。
うまくいったり行かなかったり、きっとそんな日々の暮らしと重ね合わせている人も多いと思う。


そして、今年はもう一方の「K」桑田真澄も引退した。

小さい頃に見たKKの記憶は今も鮮明だ。
特に当時最強だとおもっていた(応援していた)、蔦監督の池田高校(エースは水野)を完膚無きまでに打ち砕いたあの日の事は忘れられない
幼心にショックでもあったわけだが、あの日からあこがれの存在は変わった。

通算5回の甲子園出場、優勝2回、準優勝2回、ベスト4・1回。
ホームラン13本(桑田も歴代2位の6本を記録)

数々の記憶や思い出を残してくれた清原、桑田両選手に感謝。

時代は進む。

それでも、日本プロ野球歴代5位525本塁打とその活躍する・そして苦悩する姿はずっと記憶に残り続ける―。

♪BGM:とんぼ/長渕剛

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧