2008年9月19日

琢磨、8台中6番手。午後の後半は雨。

注目のヘレステスト3日目、佐藤琢磨はどうなったのだろう?

■Jerez 9/18
1. セバスチャン・ベッテル Red Bull-Renault 1′18″001/37 laps
2. ニック・ハイドフェルド BMW Sauber 1′18″167/70 laps
3. ルーカス・ディ・グラッシ Renault-Renault 1′18″999/36 laps
4. ペドロ・デ・ラ・ロサ McLaren-Mercedes 1′19″281/39 laps
5. アレキサンダー・ヴルツ Honda 1′19″499/79 laps
6. 佐藤 琢磨 Toro Rosso-Ferrari 1′19″574/49 laps
7. 小林 可夢偉 Toyota-Toyota 1′19″863/47 laps
8. 中嶋 一貴 Williams-Toyota 1′21″892/60 laps(※'09仕様空力)

※午前中にセットアップ走行を行い、昼前から計時走行を行ったとのこと。
その後、午後半分程度まで走ったところで雨となり、以降走行中止(F1通信さま)。

琢磨より下が日本人しか居ないのが気になるところだが、まぁ、ハイドフェルド、デ・ラ・ロサと琢磨以外の5人は前日を走っている中、久々のF1ドライビングかつ初体験のマシンとしてはまずまず実力を見せられたのではないだろうか。

出来れば、HONDAのヴルツよりは前に行って欲しかったが(願望)。


で、一番気になるところの「同じマシンで走った昨日のブエミのタイム」と比較すると‥‥。

■Jerez 9/17
1. クリスチャン・クリエン BMW Sauber 1′19″537/84 laps
2. セバスチャン・ベッテル Red Bull-Renault 1′19″878/60 laps
3. セバスチャン・ブエミ Toro Rosso-Ferrari 1′20″209/88 laps
4. ゲーリー・パフェット McLaren-Mercedes 1′20″602/52 laps
5. 小林 可夢偉 Toyota 1′20″759/94 laps
6. ルーカス・ディ・グラッシ Renault 1′20″853/90 laps
7. アレキサンダー・ヴルツ Honda 1′21″123/71 laps
8. 中嶋 一貴 Williams-Toyota 1′23″171/61 laps(※'09仕様空力)

ベストラップでは、琢磨の方がコンマ6秒程度良く、今テストでのラップ数以外にも、今までのSTR3(=RB4)での走行時間を考えると、「まぁ、ブエミ(今年20歳)にはまだまだ負けんよ」と言ったところか。他チームの「上げ幅」を考えるともう少し‥‥と欲張ってしまうが。

今までのF1経験はチームに見てもらえただろうか。
そして、来期に向けてどんな展開が待っているのだろう?

とりあえず、霧の山中でお目にかかれるのを楽しみにしたいところだ。

前戦に引き続き、今回のテストもトロ・ロッソが話題の中心だ。
今シーズン前にトロ・ロッソのことで日本人がこんなに騒ぐなんて想像だにしていなかったが。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧