2008年9月 7日

F1'08 Rd.13 ベルギーGP決勝■寒そうなスパ、寒そうなライコネンは?

関東地方は豪雨だったが、スパは雨上がり。
上位陣はソフトタイヤを選択。
ただし、乾いてない部分もある。
オー・ルージュの一部ではまだ水しぶきが上がる。

さて、問題の1コーナー、ラ・ソースを無事にくぐり抜けられるか?
昔、琢磨がMSにドツかれたことがあったなぁ。
ライコネンは最初のラップでなんとしてもコバライネンは食っておきたいところだが‥‥。

長いフォーメーションラップもようやく終わり、いよいよスタート。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

ハミルトンは問題なくトップを守り、ライコネンがマッサをかわして2番手。
コバライネンが大失敗、2桁順位までドロップダウン。
ツルーリ、シケインでスピンアウト。

ライコネン、早くも2周目のケメルでハミルトンをパス。
あ、ハミルトン、2周目のラ・ソースでスピンしていた。

スタート失敗のコバがオーバーテイクショーを見せる。
山間部は結構綺麗な青空が見えているので、コレからは乾いていくと思われる。

タイヤ温度の影響か濡れているセクションはマクラーレンの方が速そうだが、タイヤが持つのか?‥‥コバ、クビサをパス。
前半戦で善戦したBMWだが、さすがに後半戦に入って差が大きくなってきた。

ヘリからの空撮。‥‥うわ~、絶景カナ絶景カナ。
ティルケサーキットとは一線を画するモノがあるなぁ。

あら~、コバ、ウェバーを突き飛ばす。コレはインシデントもんだな。
ウェバーがピットに戻ってクビサ漁夫の利。

11周終わりでまずは、ハミ、in。
ソフト&短いストップ。マクラーレン、軽タンだったか?

コバ、やっぱりペナルティー。ドライブスルー。

次にはいるのはライコネン。今回はマッサより軽かった。
ライコネンはハミルトンより4台前で戻る。珍しく良い展開。
次にマッサ。アロンソ。上位陣続々ピットイン。

クビサの1stスティント、長いぞ。ハミルトン、長いこと頭を抑えられている。

15周目、ピケクラッシュ。S.C.は?惰性で動いて安全地帯へ。
コバ、ドライブスルーで、HONDAの辺りまで転落。

ハミ、ようやく視界が開けるも、1位ライコネンより3位マッサの方が近くなっている。

あら?バリチェロ、力なくリタイア。
ブラジル人だけが消えていく。次はマッサ?

25周目終わりでライコネン、in!!
続いてハミルトンもin!!
スティントはショート>ショート>ロング。タイヤもソフト>ソフト>ハード。
作戦通りではないだろうか。

マッサ、in!!何かが起こるか?
‥‥何も起きず。

ハミ、好タイムでライコネンに追いすがる。

33周目、クビサが給油ミスで8位まで転落。
結果、トロ・ロッソ勢が5-6を占め、BMWの2台を食う。

残り7周、ルノーの無線が雨の話題を‥‥。

セクター1で雨!!
残り6周で何を起こすか、スパウェザー!!

残り4ラップとはいえ、1ラップが長いスパ、じれったい展開。
ハミがいよいよライコネンの1秒以内に入ってきた。

ペースコントロールをしているのはライコネン、対するハミルトンはシケインでスライド。
2秒差に。
いよいよ雨は本降り!!

シケインの立ち上がりでハミルトンショートカット、一瞬譲るが、あ~1コーナーの飛び込みでハミルトンが前!!コレはアリか?

そして雨は本降りに。
ハミルトンとライコネンの2台は周回遅れと一緒にバタバタ。

!!ライコネン、クラーーーーーーーーーッシュ!!
終わったな。

いよいよファイナルラップ!!
3番手のアロンソ、スタンダードウェットに履き替えて巻き返しか?

そのまま、ハミルトン優勝。
コレでチャンピオンに大きく近づいた。

3位の時にタイヤ交換作戦をとったアロンソ、結局、4位に終わって作戦失敗。
その前のラップでタイヤを替えたハイドフェルドはごぼう抜きを見せて3位に。
表彰台に片手をかけたブルデーは7位まで転落。

それにしても、ライコネンはラ・ソースでハミルトンを撃墜しておくべきだったな。
やっぱりライコネンは寒かったと言うことで‥‥終戦。

あ、ハミルトンの追い抜きに審議。
コレでタイムペナルティとか出たら、ライコネンは死に損。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧