2008年9月 6日

F1'08 Rd.13 ベルギーGP予選■巻き返すのか?フェードアウトか?

都内は「滝のような」豪雨でヌカパー!の人はひょっとしたら映ってないかも。
ケーブルなので今のところは大丈夫だが、こちらもちょっと心配。

欧州ステージもいよいよ終盤、ベルギーGP@ドライバーから愛されるスパ・フランコルシャン。
さてさて、「スパと言えばライコネン」なのだが、今年はP2でスピンしたり、P3でもパッとしなかったり、なんだか復活の期待薄である。

予選の天気は曇り。山岳地帯で7kmを越えるスパだけに、天候が変わりやすく「スパ・ウェザー」は有名だが、雨によるドラマはあるのか無いのか?

初ポールに初優勝。様々な「初」を演出してきたスパ。
天候次第では何が起こるかわからない‥‥でも、細かく区切られた今の予選方式だと昔ほど「想定外」な状況にはなりにくいんだけどね。

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

■Q1
P3開始時には濡れていた路面もドライだ。
最初のアタックは無難に‥‥ハミルトンが46秒台の好タイム。続いてコバ。
マッサが2アタックでマクラーレンの間に割り込み(フェラーリは1周ではタイヤが暖まらないようだ)

フリー走行時からわかっていたことだが、HONDAの2台と一貴君が大苦戦だ(HONDAは苦戦じゃなくていつもと同じくだな)。

コバ、もう1回出ていってハミルトンを上回るトップタイムを記録。
マッサがコバの後ろに入ってまたもマクラーレンの間に割り込み。
以下、ハミルトン、ライコネンの順。

!!と思ったらブルデーがトップに!!
なんてこったのトロ・ロッソ!!完全にアニキチームを食ってますなぁ。
琢磨もテストでいい結果を出せるといいのだが。

一貴君は全く冴えず、結局、19番手。

■Q2
とりあえず、最初のアタックではマクラーレン>フェラーリ状態。
続くのは執念の男アロンソ。

ラストアタック開始。
マクラーレン、フェラーリ、BMW、トロ・ロッソ、ルノー、レッド・ブルな感じのQ2だった。
TOYOTAの2台はQ2落ち。

■Q3
集中できないのでFEZは消します(独り言)。
南から分厚い雲がモクモクと接近中。
雨は来るのか来ないのか(来ない)。
途中で雨が来ると面白いことになるが、10位以下に落ちてしまうことはない。

7分時点で最初のアタック、マッサが最初にタイムを出して、ライコネンが、そしてハミルトン&コバライネンが上回るタイムを出して、マクラーレンが1-2、フェラーリの2台の間にハイドフェルドが割り込む、Q2終了時と同じ状態。

ニュータイヤに履き替えてラストアタック‥‥だが、フェラーリは1回アタックのみでいいのか?
上位はマッサ、ハミ、ライコネン、コバの順にアタック開始。

マッサをハミルトンが悠々かわしてトップに、ライコネンはまたも遅い。マッサにも負ける。
コバがライコネンをかわして、M>F>M>Fの順。
ライコネン、またもトップ3インタビューに出てこられず。もうダメポ。

2チーム4台より後ろは、ハイドフェルド、アロンソ、ウェバーの順。
明日は雨でも降らんとどうにもならんなライコネン。
このままではチャンピオンシップからフェードアウトだ。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧