2008年9月 2日

選挙のための選挙ではなくて、政治のための選挙をしてくれ

引き続き、福田康夫政権放棄事件について。

政治的能力の限界、本人のプライド、自民の都合を守ると言う3点セットと「国民を守る内閣総理大臣の座」を天秤に掛けた結果、前者が勝っていたのだろう。

政治的能力の限界‥‥「あなたとは違って自分自身を客観的に見ることが出来る」総理は自分の国のことも客観的に見て「ダメだこりゃ」と思ったのだろうか?

本人のプライド‥‥彼が内閣官房長官だった頃、常に皮肉っぽい振る舞いをしていたが、そもそも能力が無いことが露見しないための目くらましでしかなかった。
結局、国政を執る順番が自分に回ってきた時には何も出来ず、元々敵であるはずの野党が「邪魔をするから政治が出来ない」とはなんと無惨な‥‥。

結局、「福田赳夫の息子」でしかなかった。元々苦労を知らないボンボンでプライドだけはやたら高い。「このままではボクのプライドが傷ついてしまう、だから逃げてもいいんだ!!」
‥‥1年前、精神的なモノから来る病気になった誰かさんの轍を踏んでしまっている。

自民の都合‥‥自民は民主との差を出すために、勝つ見込みのない若手を自民党総裁選に立候補させることによって「開かれた自民党」のイメージを国民に植え付けようとしているが、もとより麻生禅譲が前提となっている状態での行為だけに全くもって茶番。

彼らの「イメージ選挙」を行っている間、臨時国会は後回し。
さらにその後、税の無駄遣いの最たる首相指名選挙実施(億単位の金が飛ぶ)。

国民生活は日々刻々と破綻に向かって行進しているというのに。

‥‥まぁ、「小沢民主」も「大いなるトラップ」かも知れないが‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧