2008年8月23日

日本野球が死んだ日

目を真っ赤に充血させて、うなだれてマウンドから降りてきた岩瀬を見ないようにする、ベンチ内の選手やコーチ陣―。

何なんだ、この代表は?

試合後、帽子を取り握手を求める相手チームの首脳陣に対して、せめてものカラ元気なのかも知れないが、帽子も取らず偉そうに背中を叩く代表監督―。

何なんだ?この監督は?

選手達は精一杯やったかも知れないが、謎の選抜に謎の起用。
ホントに目指す姿の見えないチームだった。

何なんだ?

スモールベースボールを掲げていたはずなのに、守れない中途半端な中距離砲を起用し、結局、それが攻守ともに足を引っ張る。

こつこつタイプのバッターが球に食らいつくバッティングをしている中で、大雑把に棒切れを振り回し、相手投手を楽にする、難しくもない小飛球を追いかけきれずにヒットにしてしまう、イージーなヒットを長打に変えてしまう不注意、気落ちしているとはいえ、別の選手の鬼気迫る好プレーの後にそれを全くの無にしてしまうプロとしてはあまりに恥ずかしい落球―目指す野球が違う選手達を別の枠にはめ込んだって、持っている能力を発揮できるわけがない。適材適所を欠いていた。

―誰が見てもそうとわかる精神面の不安定さから来る不調で、普段の能力の1/10も発揮できていない選手にこだわって、一人の投手に3敗を記録させてしまう(日本人1大会最多敗戦?)。彼の青ざめた顔は見えなかったのか?

まだまだ投げられる投手の駒はあったはずだ。この短期決戦の中で何故彼にこだわる?

細切れ過ぎた継投については結果論でしかないので、あえて批判しないが、「何故?」が目立つ選手起用に采配だった。

予選で全力を尽くして権利を勝ち取り、本大会に行きたかったのに選ばれなかった選手も居た。彼らに申し開きが出来るのか?
アマチュア選手達の最大の夢舞台を奪ってまで参加したのにこの体たらく。
アマチュアのベテラン達も怒っている

彼らは最後の五輪野球で何を残したというのだろうか?
せめて、次の試合で何かを残してくれるのだろうか?

つ~か、単に悔しすぎるだけなんだけどね。

追記

それに対して、李スンヨプ。
アソコで打てなければ、いくら彼でも国民から袋だたきに遭うだろう場面で、見事に主砲の役割を果たした。敵チームながら見事な集中力と、精神力だと思う。まぁ、岩瀬の落ち込み具合が李よりも酷かったと言うのもあるだろうが。

日本の選手は緊張感が悪い方向に出る選手が足を引っ張りすぎた。
青木とかは緊張感を上手くコントロールして見事な働きをしていたと思うが、マイナスがあまりに大きかった。

李の打席の時に韓国の1塁走者が間をとろうとタイムを取ったが、その時と悪い予感がよぎり、「もう1回、日本側もタイムを入れるべきだ」と思ったが‥‥そんな気持ちは伝わるわけもなく(野球には往々にしてあるパターン)。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧