2008年7月20日

F1'08 Rd.10 ドイツGP 決勝■ドイツは涼しいらしい

梅雨明けした東京は暑いが、2年ぶりのホッケンハイムは20度前半‥‥涼しそうだ。

キミは予選でも冴えず、ツルーリとアロンソ2台の不確定要素を挟んでしまって苦戦確実。
同ポイントでトップを争う他の2台はグリッドの最前列に並ぶ。
予選までは完全にマクラーレンムードなのだが‥‥マクラーレンが勝つならば、コバの初勝利を見てみたいモノだ。

スタートではソフトタイヤを選択する車が多いようだ。

軽タンク予選+あまり持たないソフトで1stをとっとと終えると言う作戦か?
決勝開始、以下ネタバレゾーンへ

※CAUTION ネタバレ注意 クリックで表示 CAUTION※

スタート!!
フロントロウの2台、特にトラブルもなく、そのまま1コーナーを駆け抜ける。
中団で大回りする車があるが‥‥概ね安定したスタート。
クビサが好ダッシュを決め、キミ、アロンソ、ツルーリを食って4番手にジャンプアップ!!
1周目でハミルトンが早くも後続との差を突き放しにかかっている。

3周目の1コーナーでアロンソ果敢にツルーリを攻めるも、結果挙動を乱し、キミに食われる。
キミはツルーリにつき合っていてはよろしくないのだが‥‥。
その間にもハミルトンはどんどん後続を離していく。

!!14周目コバ、ストップ?
アレ?居るじゃん、FIAしっかりしろ!!

17周終わりでハミルトンが先陣を切ってピットイン!!
キミの前に戻る‥‥orz‥‥キミ、ダメすぎる。
クビサもin。

次のラップでツルーリ、アロンソが立て続けにin。
次、マッサin。
さらにもう1周後、コバin。
ようやくキミin‥‥散々走ったので、ツルーリ、アロンソの前に出たことは出たが、彼らより3周も多く積んで予選に負けて、序盤押さえ込まれた挙げ句、トップから大きく離されてしまっては全く意味無し。フェラーリはまたも愚かな作戦を‥‥争う相手はココじゃないだろうに。
イタリア体制になってホントにダメになったよね、このチーム。無能すぎる。

1stでロングランをやったグロッグ、アロンソの前に出てくる。
お、バトンvsバリチェロ、鈍亀HONDAバトル中(丸い地球が亀の甲羅のようだ)。
なんだ、バトンがミスっただけか。

ソフトをはきつぶしたクビサにタイヤに優しいフェラーリ・キミが近づいてきている。
!!ココでグロッグがメインストレートで大クラッシュ!!
最終コーナーの立ち上がりで突然リアサスが壊れてスピンしながら斜め後ろからピットウォールに突っ込んだ。大丈夫か?

S.C.in!!
ハミルトンのリードがリセットされる。今後の展開はどうなるのだろう?

救出されるグロッグ。
大事には至ってないモノの、グロッグはダメージを受けていてかなりつらそう。

ピットレーンオープン!!
一気にたくさんのマシンが入る、が、ハミルトンは入らず。
このギャンブルは吉と出るか凶と出るか?‥‥ギャンブルを打つ必要は無かったと思うが、ソフトタイヤで長いスティントを走るのがそんなに不安なのだろうか?
キミはマッサの後で大損。また、アロンソの後ろだ。。
アロンソはヴェッテルに押し出されるように白線踏んづけ。
ウェバーは白煙を吐きながら‥‥よろよろと‥‥。
変なタイミングで一貴in。こちらも意味不明作戦。
あ、ウェバー止まった。寂しくたたずむ。

残り27周でS.C.out!!

コバvsクビサ!!
コバやった!!マッサも食え!!‥‥無理か。

キミ、ヴェッテルに夢中のアロンソをかわす。
傷心のアロンソ(うそ、キミに詰まったアロンソ)、続けざまにニコにも食われる。

ソフトのキミ、ヴェッテルをかわし、ようやく入賞圏内‥‥orz‥‥。
さらに、序盤の苦戦がウソのよう、そこに存在しなかったかのようにツルーリをかわして、だが、7位‥‥orz‥‥。

ハミルトンは毎ラップ2秒ずつ引き離しながらどんどん逃げる。
あ、呪いの元凶、MSだ、(・∀・)カエレ!!

DC、バリチェロ接触でダブルスピン。
‥‥爺達、若者達に苦言呈してないで、しっかり走れヨー。

あ、ハミルトンin!!
マッサ&コバに食われる‥‥ギャンブル失敗!?
やっぱりソフトがイヤだったんだろうなぁ。

コバvsハミ、注目のチームメイトバトル勃発か。
あら~、コバあっけなく先行させてしまった‥‥オーダーだね。

ココでトップを走行していたハイドフェルドin!!
ハミルトンの後ろ、コバの前4位で戻ってきた。
こちらは作戦成功だな。キミもこうすれば良かったのに‥‥あ~あ。

お!ハミルトンがマッサに追いついてきた!!
ハミルトン!マッサをかわす!!マッサ、逆襲のアタックを狙うも、失敗。
この2人の間にはドライバーとして明確な差がある。

‥‥今まで話題に上っていなかったが、こっそりトップを走り続けるピケ、ひょっとしたら燃料が足りてしまうのか?今季、チーム初表彰台はピケ?
‥‥そんな中、ヒトリでチームを引っ張ってきたアロンソ、スピン。痛々しい。

だが、ピケのトップ走行も終わりを迎える。
追いかけてきたハミルトンがピケをあっさりクリアして、遂に(というか、あまり苦労してない)トップの座を取り戻す‥‥う~む、マクラーレン+ハミルトン強いな。

後方ではキミがクビサをかわして6位にアップ。6位だってさ‥‥。

残り3周、ネルソン・ピケ、初の表彰台なるか?
今までの体たらくを考えると、あまりに幸運過ぎる出来事なのだが、それを生かすも殺すも本人次第。肝心な時に頑張れるというのは大事なことだ。

「琢磨と交代?」とかいうニュースが出た時は「サッサと交代」とかも思ったが、やっぱり懐かしいピケの息子、若いドライバーの芽が簡単に摘まれないのもF1の未来にとっては重要だ。
ピケ、初めての表彰台を獲得。

ハミルトン、紆余曲折はあったが、結果的に圧勝で優勝。
「抜ける時にスパッと抜く」ドライバーが強いと言うのは歴史が示している。
「抜けない」マッサとキミ、MS時代に出てきたドライバー達が持つ「抜けないF1」に飼い慣らされたドライバー達の悩みなのか?

ポディウムのピケ、初々しい。
親父は23回もF1で勝ったが、彼はドコまで迫れるか?
同郷のマッサも背中を叩いて祝福している。

それにしても、今回はルノーの優秀なピットとフェラーリの無能なピットの差がもろに出たレースだった。マクラーレンは我流を崩さず、淡々と戦っただけだ。
コレからは暑いレースが続く。天気がマクラーレンに味方するのもココまでだとは思うが、フェラーリが今のままではお得意の自滅パターンに入っていってしまいそうだ。

フェラーリの文句ばっかり書いてきたが、キミのしょぼさもファンとしては閉口もんだ。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧