2008年6月15日

人がどんなに頑張っても

‥‥天災はそれを凌駕し続けるのか?

土曜日の地震。

長い長い揺れで揺り起こされた、気怠い週末の朝。
地震だと言うことに気づいて、いつでも逃げ出せるように慌てて着替えて、TVをつける。
どうやら震源は関東圏では無さそうだが‥‥。

地震の揺れの周期と継続時間から「遠くで大きな」地震が起きたと言うのが感覚的に判ったが(中越地震と似たような感覚)、「どこで」までかは全く判らない、東か?北?か西か?
NHKの地震速報が「東北でM7、最大震度6強」ということを告げる。
「東北‥‥」

あちこちで壊れる壁、歪んでひび割れた道路、崩落した山、崖‥‥自然の驚異の前に人類がいかに無力であるかと言うことを思い知らされる。

亡くなられた方のご冥福と、被災された地方の一日も早い復旧を祈るしかない。

それにしても、やはり最近天変地異の類が多いような気がしてならない。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧