2008年6月 9日

F1'08 Rd.7 カナダGP 決勝■クビサ!!やったぞ

カナダGP決勝、去年はS.C.x4の大乱戦をしっかり走りきった、ハミルトンが記念すべき初優勝をポールトゥウインで飾った。
クビサのあまりに衝撃的なクラッシュ。未明にどきどきだった。
琢磨の爽快な抜きッぷり。未明に大喝采だった。

今年はどんなドラマが待つのだろうか?

ポールは2年連続でハミルトン。
フロントロウにはクビサが並び、キミ、アロンソがトップ4を形成。
キミは奪われたランキングトップの座を取り戻すことができるか?
去年、ここからあらゆる流れが変わってしまったアロンソはにっくきハミルトンに一矢報いる事ができるか?

お、バーニー。ホントに独自レースを始めるつもりなのか?
F1って名前の商標権はバーニー(FOM)が持ってるんだよなぁ。

一貴君にはお得意の納豆走法でしっかりと生き残ってほしい。
やる気のないバトンと昨日マシンを壊したヴェッテルがピットスタート。
ブルデーはギヤボックス交換で最後尾から。

コース上あらゆるところで路面の補修が行われていて、決勝レースに向けて波乱の種になりそうだ。

フォーメーションラップ。
無事に終えて、いよいよスタート!!

珍しく平穏無事なスタート。
アロンソはニコに差されるも、続こうとしたマッサは押さえきって1周を終えた。
一貴君は2つポジションアップで10番手。入賞圏に近い位置で走れそうだ。


10周目、ハミルトンが先行して逃げを打つ。
ピケ、TOYOTA勢を連続してパス。
ツルーリを抜くときにちょっとヒットしたが、まぁココは、大目に。

13周目ハイドフェルドvsコバ。

一貴君、バリチェロトレインに長々と引っかかっている。
スーティル、最初のリタイア。マシントラブル。インド力としては良い位置だったが。

15周目、ようやくキミがタイムアップして、クビサを追い詰める。
あ、インド燃えだした。コースマーシャル、へっぴり腰で消火中。鎮火。

S.C.!!
たったこれしきでS.C.が出るのが、カナダならでは。
今までのギャップが一気にリセット。

ドンケツバトン(やる気なし)、ピットへ

周目、一貴君、長々と前に居座っていたバリチェロをようやくかわす!!

上位陣ピットオープンとともに、大挙してピットへ!!
あ~~~~~~~~~~~~
キミ、ハミ、ニコ
ピット出口でクラッシュ!!!!!!
なんとランキング、1位2位、2人がリタイア!!

クラッシュの原因は赤信号で止まったキミにハミルトンが追突したこと。
ハミルトン、てめぇ、次戦出場停止だ!!
なんで、よりによってキミ側に???

え?この混乱に乗じて一貴君3位に!!
マッサピットへ。給油失敗?

S.C.タイミングを使うのがうまくないのか?アロンソは11位。

鈍足バリチェロトレインで1位のハイドフェルド以外、全車大渋滞。
マクラーレンとフェラーリの速いほうがともにいなくなったこのレース、BMW初優勝の目があるか?
とにかく、一貴、何とかしろ!!

‥‥あら~ピケ、スピン。
ドジッ子だなぁ‥‥そろそろ堪忍袋の緒が切れるんじゃないのか?

ハイドフェルド、ピットインでな・なんと!!ホンダと一貴!で1-2???

地上波大騒ぎだろうなぁ‥‥浮気してみる。
あまり騒いでなかった。
右京ちゃんが冷静だった。

戻ってきた。
CS、地味中継だなぁ。

ハイドフェルドは満タンタンクでこれでピットなし。
うまくクビサだけを前に行かせて、アロンソは前に出さないところは不調とはいえ、さすがベテランだ。
アロンソはハイドフェルドを抜けない。かなりじりじりしてるだろう。

32周目、ここで一貴君in!!あり?2ストップ?

トップのバリチェロ、ようやくin。
まだ入らず粘っていたデビもようやくin。

さて、どんな順位になっているか?

デビも、バリもソフトにチェンジしている。
そして、一貴君はバリの後ろ。完全に作戦ミスだな。
これだけ抜けないってのを身をもって体験しているのに、意味不明作戦だ。
まぁ、カナダなので何が起こるかわからないが。

最後まで粘ったグロックがトップ。何周走るんだ?

ピケ、リタイア。回る、壊す、遅い。今年3人目の2世はダメッ子だ。

クビサvsハイドフェルド!!
BMWに初優勝をもたらすのはどちらだ!!

クビサ、ガンガン走って後続とのタイム差を広げる。
ハイドフェルドは未だアロンソの追撃をかわし続けているっていうか、コース的に無理?

あ~~~~~!!!!!!
アロンソクラッシュ!!
やってしまった!?

S.C.??
入らない!!
この事故はどうやらギアトラブルが原因のようだ。

あ~一貴、バリチェロに当たってしまった~~~~‥‥orz‥‥。
そして、ピットロードでフロントウイングがタイヤ下に潜り込んで曲がりきれずクラッシュ。
あ~あ。

‥‥と、落胆している暇もなく、ガンガン差を開けたクビサ!!
僚友、ハイドフェルドとの差をセーフティーゾーンの24秒にまで広げて、どきどきのピットイン!!
無事終われ~無事終われ~。

無事終わった!!

ハイドフェルド来るも、クビサは1コーナー通過済み!!

サァ、サァ、後21周、無事に走りきってくれ~~~!!

バリチェロを抜こうとした、コバライネンごとオーバーテイク!!
マッサ、自身最高のオーバーテイク!?

後はまったりムード?
‥‥にならないのがカナダGP!!

フィジケラスピーーン!!
ノーズがコース上に残っておる、S.C.を見越して、各車続々ピットイン!!
マッサ、コバ、バトン、ウェーバー‥‥。
S.C.は?

?
?
入らない?

結局S.C.は入らなかったが、同時にピットに入った各車、最後の戦いへ突入。

バリ、ミスってコースオフ。
TOYOTAの2台にかわされて6位までドロップダウン。
さらにマッサにまで抜かれて7位に。
体力的に「もう、だめ」って感じか?

バリvsヴェッテルvsコバ、7~9番手の激しい争い。
いよいよ、レースは残り5周。

指で十字を作る3位D.C.のスタッフ。

うわっ、マッサ、ツルーリを抜き去って5位!!

それぞれの戦いはまもなく終わりをむかえる。

‥‥来た!!
クビサ、自身とBMWに初優勝をもたらす!!
おめでとう!!!!
去年、背筋が凍るようなクラッシュを体験したコースで今年は初優勝。
ホントに運命は不思議な物だ。

2位はハイドフェルド!!
1-2で栄光栄冠に花を添える!!(BMWに初優勝をもたらすのは自分だと思っていたハズの本人は複雑だろうが)

3位は粘りのD.C.、今季初ポイント。

そして、なななんと!
クビサ、42ポイントでランキングトップに立つ!!


走ってくるベテランD.C.もうれしそう。
去年のヴルツみたいだ。
あ~、やっぱり、ハイドフェルドふてくされてる。それでも、クビサをたたえる。
クビサはとてもうれしそうだ。
初めて聞くポーランド国歌。
新鮮だ。

ドイツ国歌なのね、BMWは。
スイスじゃないんだ。
29戦目での優勝はMSより早いそうだ。
シャンパンまみれのタイセンもうれしそう。

トップ3インタビュー
クビサ、冷静だなぁ。
ハイドフェルド、長いなぁ。やはり、本人は相当悔しいだろう。
D.C.は普通にうれしそうだ。

ハミがキミを撃墜して始まった乱戦は、クビサとBMWの初栄冠で終わった。
去年のレース後は彼の無事を祈るばかりだったが、今年帰ってきた彼は一回りも二回りも大きく成長していた。
ホントによかった。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧