2008年6月 4日

アイフォーンは孫さんの元へ

iPhoneって、カタカナで書くとアイフォーンなんだってね~。
あいぽねが可愛いと思うのだが‥‥Phoneをぽねとよむのは‥‥馬鹿デスカ?

‥‥馬鹿話はさておき、その発表以来、日本ではどのキャリアが販売権を取得するのか?
「DoCoMo(<旧表記)に決まってるよ」
「SBMでしょ!ボス自ら発表会に駆けつけたし‥‥」
憶測ばかりが飛び交っていた(‥‥と言っても、我がWILLCOMは蚊帳の外だったけどね)、AppleのiPhoneだが、結局、孫正義の行動力が勝ったのか(いや、かなりの額の上納金を飲んだのだろう)、SoftBankMobileが販売権を取得。

現在、「白戸家のCM」と「低価格戦略」で勢いのあるソフトバンクに新たな武器がと言うところか?
ただ、昨日SBMの夏モデルが発表されたばかりで、この発表なので、買い控えに繋がらないか、ちょっと気になるけどね。

隠れオタ的には音楽プレイヤーと携帯電話は切り離したいので、正直なところ興味のある商品ではないのだが、この端末の登場で日本の携帯電話の仕組み、端末開発に対する発想、市場が変化を見せてくれるようになることを願う‥‥。

まぁ、日本の携帯は別の部分で凄いので、一旦iPhoneを買っても、飽きたり、使い方になじめなかったりして、戻ってくるヒトも多いとは思うケドね。
その時に取りこぼさないような魅力的な端末が出てると、よりよいのだが。

追記

で、「アイフォーン」だが、「アイホン」との商標上の混乱を避ける為もあってか、「アイフォーン」で落ち着くことになったらしい。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧