2008年5月23日

F1'08 Rd.6 モナコGP フリー走行#1&2■モナコとインディ500と日本人

‥‥というわけで、モナコGP。

今週末は世界3大レースのウチの2つモナコGPと、インディ500が開催される豪華な週末だが、正直な話、ヨーロッパのヒトはインディなんてどうでもイイだろうし、逆にアメリカ人にとってはモナコなど眼中にないだろう。
自分もどちらを見るのか?と聞かれればもちろんモナコだが、インディ500も気になる。
武藤英紀はインディ500ルーキーで唯一、初日にグリッドが決まる「ベスト11」内の9位に食い込んで見せた。残念ながらロジャー安川は最後の最後で予選落ちに終わった。

対するF1の日本人ルーキーの一貴君はどうだっただろう。
初日フリー走行の結果はP1=15位、P2=9位のタイムを記録。
それなりに期待できる位置だが、フリー走行での位置を予選で保ててないのが気がかり。

ところで、日本人は伝統的にモナコで成績を残せていない。
予選では琢磨が2004年に8位に入ったのが唯一のトップ10(琢磨はマカオで活躍しており、行動サーキットが全くダメというわけではない)。
一貴の父、中嶋悟は特にモナコを苦手にしていて、2度の予選落ちを喫した(そのウチの1回目、88年はバランス最悪だったが、一応HONDAエンジン搭載車だった)。

中嶋悟、鈴木亜久里、片山右京、井上隆智穂、中野信治、高木虎之助、佐藤琢磨―7人の日本人トップドライバー(一人、謎の男もいるが)がのべ16回決勝レースに出走しているが、誰一人ポイントを獲得できていない。

悪しき伝統は8番目の若者によって打破されるのか?
それとも日本人の願いはモナコの呪いの前に敢えなく蹴散らされてしまうのか?

ちなみにフリー走行初日トップはハミルトン。
モナコ2回目、去年はチーム内の歯車がきしみ出すきっかけとなったモナコGPをどう乗り切るのか?2位は一貴君のチームメイトであるニコ。やっぱり彼は速い。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧