2008年4月20日

ダニカ、史上初!!

ダニカ・パトリック(AGR)、インディカー・チャンピオンシップRd.3 インディジャパン300マイル(ツインリンク茂木・スーパースピードウェイ)で初優勝。
1910年代から続く長いインディカーチャンピオンシップの歴史(※)で、初めて女性ドライバーが表彰台の頂点に立った。

2005年デビューのダニカ・パトリックは4年目でこの快挙を成し遂げた。
デビュー当初から「いつ勝ってもおかしくない」と言われ続けていたが、あと一歩の壁が高く、なかなか勝てないでいたが、AGRの作戦と自身の落ち着いた走りで勝利を勝ち取った。

雨にたたられ予選は中止、そして、予定されていた昨日の決勝もコースに水がしみ出し、1日順延―何とか漕ぎ着けたレースは第1周目で、注目のマルコ・アンドレッティがクラッシュでいきなりのフルコースコーション。
日本期待の新星・武藤英紀はピットでトラブル。ピット中にイエローが出たため、コースに入ろうとしたペースカーを抜く際に痛恨の加速ミス。フロントウイングを壊し、早々に上位争いから脱落。

久々の登場となったロジャー安川もブレーキトラブルで離脱。

徐々に残り周回が減っていく中、最後は燃費レースとなった。
残り10周を切った段階で上位4台が続々ピットへ、5位のエリオ・カストロネベス、6位のダニカ・パトリックがトップを争う展開になったが、既にカストロネベスのペンスキーも残りガスが少なく、全力走行できず、抵抗することなくパトリックにトップの座を明け渡した。

そして、最後の3ラップを落ち着いて走りきって、遂に初の女性ウイナーが誕生した。

いや~、「いつかは勝てる」「近いうちに勝てる」と言われながら結局勝てずに終わってしまうドライバーが非常に多いレースの世界。
イイチームにいるウチに勝てないと、勝てないドライバーの烙印を押され、その後不幸な展開になってしまうリスクもあるが、やっぱりイイチームにいないと勝つ見込みさえほとんど無い。

その時にその場所にいて、自分の仕事をしっかりやり遂げる。
見事な初勝利だったと思う。

次は武藤英紀に頑張ってほしいモノだ。

(※)現在のシリーズであるIRLの歴史は1996年以降の12年。
1911~1955 AAA時代
1956~1979 USAC(79年チーム側がCARTを組織、独立。80年以降Indy500のみ運営)
1979~2008 CART(96年にIRLがIndy500を擁して独立。今年IRLに併呑される)
1996~     IRL

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧