2008年3月16日

F1'08 Rd.1 オーストラリアGP 決勝■

今年もF1が始まった。
新王者、元王者が沈む予選で若手がどんな走りを見せるのか?

新たなる日本人チャレンジャー、中嶋一貴、頑張って欲しい。

以下、追記欄

追記

シグナルがブラックアウトして、スタート!!

予想ガイに各車すっきりしたスタートを切ったが、あっという間に1コーナーで多重クラッシュが発生、そして、SC、IN!!
マッサがフロントウイングを壊している。
一貴も巻き込まれてピットイン。
地元ウェバーとフィジコがリヤイヤ。

キミとアロンソがジャンプアップを果たした模様。
おっ、琢磨も10位だ。こういうところは抜け目ない。

バトンもリタイヤ。
アンソニーはスタートを決め、琢磨を抜いたにもかかわらず、集団の中クラッシュ。
とことんツイてない。

それにしても、ホンダ・バリチェロ、キミの追撃を良く抑えている。
今期は去年ほどズンドコ状態では無さそうだ。

15周、2番手クビサピットへ
17周でトップハミルトンIN。ハイドフェルドの後ろで盤石。

18周、ようやくキミがバリを抜いた。あ~長かった。

25周目、1コーナーでマッサxデビクラッシュ。
デビのマシン大破で今期2度目のSCIN!!
琢磨、面白いタイミングでピットイン!!

ピットレーンオープンとともに、アロンソ、クビサ、一貴‥‥続々ピットイン!!
‥‥キミは、入らず作戦を守る。

この展開で誰が特をしたのか?

あああああ~~~、キミ対コバ、キミがミスってコースアウト!!
一気に最下位まで後退。全く無意味なアタック。
マッサもさっきのトラブルが原因?コース上でストップ。
直後にキミがピットin。意味不明作戦。
マシンもドライバーも作戦もガタガタ。なにやってんだろうね。

ピケストップ。続々止まるマシン達。善戦の琢磨、マシンが息絶えた‥‥。

アロンソ、右に左に激しいプッシュでクビサを追う(ただし、アロンソはもう1回ピットあり)。

一貴君、9位、ポイント圏内まで後1つ!!
‥‥そういえば、ピット終わってるぞ!!おおっ!!ひょっとするか?

キミ、スピン。ダメだこりゃ。なにやってんの、このチャンピオンは?ちょっと呆れた。
うわえおっ、TOYOTAグロック、大クラッシュ!!マシンを出られない。
コース外の芝生に乗り上げてジャンプしてマシンが壊れた。
壁に当たってないのにこの大破‥‥大丈夫だろうか?

SCin好走していたバリチェロ、燃料が足らず、無念のピットイン。
直前にピットに入ったハミルトン、それにしても運のいい男だ。
アロンソは去年のカナダでもコレで歯車狂っちゃったんだよなぁ‥‥。

いざ、残り10周!!
ファイナルバトル。

‥‥あ~~~~~、一貴、フロントノーズを壊してピットイン、クビサに追突したか?

ガラスのフェラーリ?キミにもトラブル発生!!
結局最後まで持たず、残り4周でキミしずしずとマシンを止めた。
一貴のポイントまたも復活!!
ベテランルーキーセバスチャン・ブルデーもマシンストップ‥‥折角4番手だったのに‥‥

ハミルトン、全く持って盤石、問題なくトップでゴール。ロンも満足?
ハイドフェルド2位
ニコ3位、初表彰台おめでとーーーーー!!
4位アロンソはお見事と言うしかない。
コバ、アロンソを最後にしとめたと思った後の失速で結局5位、非常に残念。
ピットを赤信号で出たバリチェロ6位なのか?おそらく審議で失格になると思うが。
一貴君初ポイント7位!!
お父さんのF1デビューレースと同じ順位だ!!(まぁ、一貴は2戦目だが)

結局、走り切れたのは一貴君までたったの7台、最後に止まってしまったチャンプカー4連覇のブルデーもデビューレースで8位1ポイント獲得。

そして、表彰台。
嬉しそうなニコの姿を見て、満足の表彰台だった。コレからもっと見せて欲しい。
旧友のハミルトンと抱き合って喜ぶ姿にはちょっとじーんと来た。

久々のサバイバルバトル、コレが実力を反映しているかと聞かれると『?』だが、かなり面白いレースだった。あと、ドライバーのミスが多かった。電子制御禁止の影響はやはり大きいようだ。路面悪いコースなどは、昔のレースのようにドライバーのテクニックが大きく物を言いそうだ。
キミとフェラーリには大いに失望させられた(果敢なアタックは評価できるが、それでも)。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧