2008年3月 8日

音♪劇場~C~

行ってきた~。

ヒトに教えられるまで、公演が今日であることをすっかり失念していて、「今日はのんびり風呂でシャナでも読むかぁ~」とそっちの準備万端な状態だったり‥‥ダメだこりゃ。

‥‥とまぁ、オレ自身の至らなさはさておき、『音♪劇場~C~ 蒼い空を越えて』、だけど非常に良かった。

親と子の心のつながりの深さをちょっと不思議な出来事で包んだ、感動のストーリー。

クライマックスで感極まる客席の男どもの鼻をすする音が‥‥ホントに感動できる話でした。
この脚本にはやられたと思う。

激しい感情を表に出した演技‥‥麻里安ちゃんの新しい引き出しを見た気がする。
石毛佐和さんは前回同様重要な役柄を見事にこなしたし、永井真衣にゃんは今回も元気いっぱいだった。
そして、宏リンの男の子(?)以外の演技も初めて見た。色っぽかった。
残念だったのが、直ちゃんの出番の少なさ(5人しか居ない舞台で、唯一、キャラ絵すら無いのはどうなのさ?)だが、全ての登場人物が重要というわけにもいかないだろうし‥‥その分ライブパートではじけてくれたのでそれでヨシかな?

詳しいレポはまた後で書くとして、ホントにイイ朗読劇だったと思う。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧