2008年2月19日

HDDVDなくなるの?

HDDVD、風前の灯火‥‥。
約2年にわたって繰り広げられた次世代映像記録光ディスクの覇権争いも、かつて「犬猿の仲」、「水と油」と言われた、SONY+松下の推進するBlu-ray陣営が東芝のHDDVDに対して勝利すると言う結末に落ち着きそうだ。

HDDVDは現行DVDとの親和性の高さ―PCの記録メディアとしての優位性や手持ちのDVDメディアをフォーマット変換無しにHDDVDに記録することが可能(無論、著作権保護がかかるが)―をウリにBlu-ray製品より先に市場に登場したが、最後まで容量が少ない、旧い技術だというマイナスイメージを払拭する事が出来ず、敗北しようとしている。

そもそも、この争いは日本の家電メーカー、MS、Intel等のコンピューター関連企業、ハリウッドの映画会社などそれぞれの企業の利権が複雑に絡み合い、折角訪れた新しい映像時代のスタートに大きく影を落とすことになった。

企業の利権争いから生まれた今回の停滞がコンテンツ業界に及ぼした影響は大きい。
新しいメディアのスタンダードが決まらず、パッケージが右往左往している間も世の中(特にネット社会)は絶えず動き、ファイル交換によるDVDソフト違法流通(4G程度のコンテンツであれば今のブロードバンド環境でも負荷はかかるがやりとりは可能)というコンテンツにお金を払わない層や、さらに「別に見れるのであればYouTubeやニコ動でイイじゃん?」という画質に対して執着を持たない層の人々が多数生まれている。

既にハイビジョン制作(フルHDではない)されているアニメは、DVDという1996年発売の時代遅れのメディアに足を引っ張られ、その本来の魅力を再現できるのは一部の有力コンテンツだけと言う状況が続いている。
TVで放送された品質より低品質なモノでは、敢えてそれを買ってまで再び見る必要もなく、結局、画質にこだわらない層の増加に一役買う事になってしまっている。
「作って出しゃ売れる」という時代はとうに過ぎ去り、今はDVDを作っても売れない冬の時代だ。

春に発売される新劇場版ヱヴァンゲリヲンは、DVDであの美しく書き直された世界をどれぐらい再現できているのか不明だ。結局、BD版を買い直す羽目になるだろう。

この一つの戦争の終結によって、今後、BD版のコンテンツが適切な価格で提供されるようになれば、高精細でモノを見たいというマニア層を呼び戻すことは出来ると思うが、お手軽にコンテンツを視聴することが出来るようになった後の世界で、どれぐらいパッケージメディアが復権できるか、非常に不透明だ。
確かにHDコンテンツを無圧縮でそのままやりとりするのは今のネット環境では難しいが、PCの品質の良い動画コーデックを使うと、かなり小さいサイズに圧縮してAV(≠エロビデオ)マニアではない一般の視聴者にとって充分視聴に耐えうる動画が作成可能だったりする(自分もこちら側に属すると思う)。
利用者不在の争いは、コンテンツ、家電、メディアにとって何を残すのだろうか?

ちなみにこのサイトでは2004年9月に初めてPS3+BD-ROMについて触れているが、既に2008年。両陣営の争いを傍観する結果になり、未だにどちらのドライブも入手していない。買うDVDのタイトル数も数年前に比べたら、激減している(その分、通常放送の視聴を頑張っているが。大変)。買っても1回だけ見てその後は埃を被っていたり、開封すらしてないモノもある。最近、1本のDVDを複数回見たのはTV放送無しの『ストレイト・ジャケット』だけだ。

かつてのエヴァのようにディスクがすり切れる程見たくなる作品が超高精細で見られる日は近いのか?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧