2008年1月 7日

フェラーリ、早いなぁ‥‥

年明け早々、フェラーリの新車発表。
そして、2007年ワールドチャンピオン キミ・ライコネンの手によってフィオラノにてシェイクダウン。

今年のキミの愛馬となる、F2008。
去年はマクラーレンMP4/22の方が中低速サーキットで速いという傾向があったが、今季はどうだろうか?

キミは余裕あるコメントを出しているので、今季も頑張ってほしいモノだ。
キミがカート以外の下位カテゴリーをほとんど経験していない面が多少気にはなるのだが‥‥。

写真はこちら

サイドポンツーンの落ち込み具合がさらに進み、曲面はますます有機的になり、ヌメヌメ感が増していて気持ち悪い(笑い)。コクピットも小さくなり小型化されているそうだが、トランスミッション4戦継続使用の為、ギアボックス重量が増しているので、総車体重量は増えている。


ニューマシンによりも気になるのは、「MSがフェラーリのスポーティングディレクター職をオファーされたが辞退した」と言うニュース。
ヤツがレースの度にコースに来られると、キミが困るので、ひとまずは良かったと言うところか?

それにしても、トッドの希望はことごとく叶わず、MS黄金時代の体制はほとんど消滅したようだ。
そうなると気になってくるのは、トッドの秘蔵っ子であるマッサとフェラーリの関係だが‥‥。
09シーズン、アロンソはフェラーリにやってくるのか?

年明け早々、来年のことを書くのもどうかと思うが、どうやらルノーとアロンソとの契約にはパフォーマンス条項がある模様だ。キミもルノー・アロンソのことには全く言及していない(=ライバルにならない?)し、アロンソのルノー在籍はやはり腰掛けで終わりそうな気がする。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧