2008年1月 2日

魂狩られオブジイヤー2007 ~PART1~

ただいま、実家に帰省中です。

普段とはかなり異なる時間の流れに戸惑いながら、『魂狩られオブジイヤー2007』、すでに2008年に突入してしまっていて、いまさら感がありまくりですが、恒例なので今回もやりまっせ~(似非関西)。

さて、今回のアシスタントは‥‥
千早:如月千早です。2007年はどのような年でしたか?私は、たくさん歌うことができた充実した一年でした
春香:去年もいろいろなものをもらえてうれしかった天海春香で~す
雪歩:‥‥す、すみません。‥‥何故か謝ってしまう、萩原雪歩です
律子:え~秋月律子です。この面子を見ると、私しか役に立ちそうにないので、適当にがんばらせていただきます

すら:'06とまるっきり同じ面子だけど、結局、これが一番落ち着くと言うことで‥‥

■スポーツ部門オブジイヤー
律子:さて、まずはいつものとおりスポーツ部門だけど‥‥

すら:あ~、もう、言うまでもなくキミです。ライコネンです。最高です

千早:夏ごろには完全にあきらめムードになっていましたが‥‥
雪歩:そこから怒涛の追い上げ、わたし、びっくりして気を失ってしまいました~
律子:まぁ、そんな冗談はおいといて、久々に応援しているドライバーが勝ったので、最終戦のブラジルでここの管理人は深夜に狂喜乱舞していました
千早:深夜というか明け方に近い時間帯だったと思います。近所迷惑はいけません
雪歩:でも、めったにな‥‥あう~、す、すみません~
春香:次は何年後なんでしょうねぇ~?
すら:キミ!来年も狂喜乱舞させてくれ!!

律子:あと、言っておかねばならないワースト・オブ・ジ・イヤーがあるわね。
千早:そうですね。これはよくありません!!
春香:あ~わたしが当てます!!あれでしょ!!雨の‥‥F1!

すら:そう、「ワースト」は言うまでもなく雨のF1富士スピードウェイで行われた、日本GP。
本気で中止にして金返してほしいと思った。レーススタート前に意識が跳びそうになった

律子:まったく進まないシャトルバス、楽しくない・食べ物がうまくない・TOYOTAの押し付けがましさだけが目立った会場、観客とドライバーの体のことなんて何も考えていないレースオーガナイズ‥‥どれをとっても21世紀の日本GPにはあるまじき体たらくだったわね!私に仕切らせればあんな‥‥じゃ、このコーナーは雪歩に締めてもらいましょう!!

雪歩:あ、あ、あのっ!あ、穴を掘って埋まっておいてください!!

すら:お後がよろしいようで‥‥

■音楽部門オブジイヤー
すら:このサイトではアニソン/ゲームソングを選ぶのが当然なので、ぐるっと振り返ってみよう。

『真赤な誓い/福山芳樹』
すら:熱かった、暑苦しい位に熱かった。燃え燃えですよ~!!
律子:叫んでたわね~。
千早:珍しく男性歌手の歌ですね‥‥。
すら:いや~、この曲は漢の魂を歌っているよ。すっげー好きだった。実際は'06秋発表の曲だけど。
全員:うぉうお~うぅお!!うぉうぉ~うぉお!!だっだららら~ら!!

春香:アニメ版『のだめ』の『Allegro Cantabile』/SUEMITSU &THE SUEMITH~。
千早:ピアノ+ボーカルのスタイリッシュな曲でしたよね。

すら:それから、忘れちゃいけない。360版アイマスの各曲。
『まっすぐ』『relations』『私はアイドル』『GO MY WAY!』『My Best Friend』『思い出をありがとう』
‥‥どれもこれも名曲で、アイマスが「アイドル育成ゲーム」たるところを示してくれた。
雪歩:エンディングでも使われた『まっすぐ』はなんだか「がんばらなきゃ」と思える曲ですぅ~。
千早:私は『relations』が好きですね。
春香:ごまえ~はいろんなところで流行ったね~。

律子:ごまえ~と言えば、同じ神前暁先生作曲の『もってけ!セーラーふく』/平野綾、加藤英美里、福原香織、遠藤綾もすごかったわね~。
雪歩:あの曲も何度もリピートして聞いてましたね~。
すら:本編は途中で見なくなったけど、曲はずっと聴いてたなぁ‥‥。

千早:573プロ系の曲ですけど、『スカイガールズ』の『Virgin's high!』/MELL、結構聴いてましたね。
雪歩:『怪物王女』の主題歌『BLOOD QUEEN』/美郷あきも素敵でした~。
春香:『みなみけ』の『経験値上昇中』!

律子:結構、当たり年だったの?
すら:数は多いよね。

律子:変わったところで、2007年後半のオタク世界を席巻した初音ミク。
それを知るきっかけになった曲が『Levan polkka』。
すら:それにしても、中毒性の高い曲に、かわいい絵の組み合わさった傑作だったなぁ‥‥ほかにもいろいろな曲が生み出されたけど、この曲のインパクトにかなう曲はなかった。ボーカロイド第3弾も楽しみ。これは買う予定だよ。
律子:発表・発売が待ち遠しいですね!

亜美・真美:こっちも聴いてNE→☆

千早:い、今、何か出ませんでしたか?
雪歩:‥‥私も、一瞬、双子の姿が‥‥
春香:ふたりとも、疲れてるんだよ~、きっと。


千早:そういえば、07年の後半はMASTER ARTISTシリーズばかり聴いてましたね。
すら:ホントにそうだ。ウチのiPod touchはほとんどそれ専用プレーヤーだったかもしれない。
律子:「目が逢う瞬間」「キラメキラリ」「いっぱいいっぱい」「Kosmos,Cosmos」‥‥etc,etc。
すら:お気に入り曲がたくさん出たシリーズだったなぁ~~。

千早:‥‥いろいろと並びましたが、いったいどれがオブ‥‥ジ?‥‥イヤーなんですか?

すら:「魂狩られオブジイヤー音楽部門」は、ここまであげてなかったけど、

声が聴こえる』/今井麻美!!

「レビューを書く」とか言ってたくせに最終的にレビューを書けなかった曲

悲しいけれど、切ないけれど、清楚な白い花のように凛々しく生きていく‥‥同アルバムジャケットの白いドレスを着たミンゴスの写真とともにとても印象深い。
今となっては普通に書けるが、当時ミンゴスは前の事務所を辞めて音信が少なくなっていた時期で、ファンとしてはどうなるか非常に心配していた。そんな折に出た意味深な曲だったので、レビューをしようと思ってあれこれ書いたが、結局、支離滅裂な内容になってしまい、公表することなく消してしまった。
その後の新事務所決定の発表がどんなにうれしかったことか‥‥。

さらにiPod touch発売時のパニックのときにもこの曲しか入っていないtouchを幕張まで持っていったり、思い出深い1曲になった。

というわけで、『今、一番生で聞きたい曲』のトップにずっと君臨し続けているのだ。
早く聴きたいですよ~~~~~!!!‥‥と叫んでみる。

千早:‥‥ぽ。

律子:明日に続きます~。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧