2007年12月10日

老害でしかないあの年寄りは消えるべきだ

‥‥とか、F1関係者が書いたら訴えられるんだろうね~。

さてさて、このところのF1についてアレコレ。

ルノー有罪だが、罰は無し!!
ただし、新たな嫌疑が出た場合その限りではない。

どこかのイギリスチームみたいな最初の審判だが、ルノーには機密を漏らすぞと脅すチャンピオンはいない‥‥つ~か、彼は既に抱き込んでいてる‥‥と言うことで、ルノーはスパイ疑惑から逃れることに成功!!

F1から離れることが出来ないマクラーレンと、状況がこじれたら簡単に撤退してしまうだろうルノーとの差というか‥‥いずれにせよ、来期もアロンソはF1で走り続ける。

2008年から10年間の"エンジン開発凍結"が決定
来年3月31日までにエンジンを提出
さらに
空力のテストに関する大幅制限
風洞は1チーム1基まで

‥‥F1オワタ。
もうこうなったら、ワークスはフェラーリ以外全部撤退して、70年代のF1になればいい!!
マシンの素材も金がかかるカーボンを捨てて、アルミハニカムモノコックのウェッジシェイプでグランドエフェクトじゃ~~~!!‥‥危険すぎるな。

極めつけは、

FIA英紙で批判記事を書いた元F1ドライバー、マーチン・ブランドルを訴える

‥‥言論統制かよ‥‥ブランドルの記事は尤もな事を書いているだけなのに‥‥。

モズレー、気が狂っているとしか思えない。
長い間、一人の人間に権力が集中すると腐敗すると言うが、F1は既に根っこまで腐ってしまっているようだ。
‥‥スポーツの運営組織なんて悪の秘密結社であった方が面白いと言えば、そうなのだが。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧