2007年11月18日

どんでん返しのFポン最終戦

レースネタばっかりでスミマセン~。

今日はフォーミュラニッポン(以下、Fポン)、今季最終戦鈴鹿が開催された。
注目は、ブノワ・トレルイエ(mobilecast IMPUL)、小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)、松田次生(mobilecast IMPUL)によるチャンピオン争い。

トレルイエが45ポイントのトップで断然有利。
終盤、マシンの戦闘力アップにより急激に追い上げて生きた木暮が41ポイントで追いかけ、同じく41ポイントの松田はシーズン序盤こそ表彰台を獲得しながらポイントリーダーに立っていたが、終盤に来て失速。今回の予選も11番手と2人に比べて下位に沈んだ。
どこかの世界最高峰レースに似たような展開だが‥‥。

レースはポールポジションの木暮がトップを快走。
だが、予選4位に終わったトレルイエも予選3位本山(Arabian Oasis IMPUL)、2位デュバル(PIAA NAKAJIMA)をかわして、2位に上がって木暮を追走。

このままレースが終了すると、トレルイエの王座が決まるが、3位に落ちたデュバルもチームの為に必死に食い下がる。トレルイエ、デュバルは同時ピットイン>同時ピットアウト、ひたすらテールトゥノーズの争いを繰り広げる。

だが、33周目西ストレートの立ち上がりでトレルイエの一瞬の間隙を突き、デュバルが並んだ。
そのまま130Rに2台並んで突入するも、曲がりきれるわけもなく、デュバルがトレルイエに接触。
両者、そのまま絡み合って、グラベルを横切った。アナウンサーの「落ちた?」と言う声に一瞬マジで焦ったが、2人ともタイヤバリアに受け止められており、無事。よかった。
トレルイエは今期第5戦でも西ストレートで大クラッシュを喫しており、鈴鹿の西ストレートはまさに鬼門。


レースはそのまま木暮が勝ち、ポールトゥウィン。
今季4勝目で、自身初のドライバーズタイトルを獲得。
松田は完走したモノの5位に終わり、トレルイエと同ポイントでランキングは3位止まり‥‥。

木暮選手、おめでと~~~!!

そして、めでたく表彰台。
中嶋監督も幸せそう‥‥某世界最高峰を彷彿させるエンディング。

‥‥と思いきや、ブログを書く際、結果を確認しようと見たレースリザルトで
「木暮失格」
という情報が‥‥え~?

いったい何で?‥‥という感じ。

公式サイトによると、スキッドブロック規定違反とのこと。

‥‥スキッドブロック規定‥‥F1でも昔色々あったけれど(94ベネトン時代のMSとか)、この規定に引っかかること自体怪しいよね。ちなみに今季Fポン開幕戦でも、ルーキーながら松田を追い回したオリベイラ(CARCHS KONDO)がコレを食らって失格になっている。

その結果、松田次生の順位が1つ繰り上がり、4位。5ポイント獲得で合計46ポイントでトレルイエを1ポイント上回って、チャンピオン獲得。まぁ次生ちゃん、キライじゃないからイイけど、今季1回も勝ってないんだよね~。それでチャンピオンが取れるって‥‥あんまりだ。レース数がF1の半分しかないシリーズで、ポイント制度だけF1と同じにしてしまったルール設定が大問題だ。


FN:第9戦鈴鹿決勝 レース後の車検で小暮が失格!!■Mortorsports Forum

※モータースポーツなのでカテゴリを「F1」にしたけれど、F1とは全く関係ないから「スポーツ」にすべきかなぁ‥‥。

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧