2007年11月12日

ロスにこんにちは、ジェンソンにさようなら

ホンダF1、ロス・ブラウン加入を発表。今月26日からチームに合流(プレスリリース)■AUTO SPORT WEB

これまでに行ってきた補強に続き、Honda Racing F1 Teamは、チームの主要メンバーについて発表した。ロス・ブロウンは、F1マシンの設計、製造、エンジニアリング及びレース全般について全権を担うHonda Racing F1 Teamのチームプリンシパルとして就任し、チームCEOであるニック・フライとともにチームを運営していく。この人事によりHondaがF1での成功を確固たるものとする決意を再度表明するものである。


かねてよりその次なる行方が注目を集めていた、元フェラーリ・テクニカル・ディレクターのロス・ブラウンがホンダF1チームに加わる事になった。
役職はチームプリンシバル‥‥つまり、チーム代表。
作戦面、技術面などチームを統括するホンダF1の顔となる。
当然、ピットウォール前に座って作戦を統括する能力だけではなく、他のエンジニア達を束ねるには最高の人材であることは言うまでもない。
現在のF1において実績で比較したときに比肩しうるビッグ・ネームは他にエイドリアン・ニューウェイしかいないが、「空力の奇才・鬼才」と言われている、ニューウェイよりも、今期たくさん集めたエンジニアをまとめ上げて、チームとして確実に機能させる能力は高い。

ホント、頼みますよ、ブラウンさん~。
まぁ、ホンダではシャシーを作れないと‥‥orz‥‥。


そして、「うわ~、このタイミングでこんな事、言うのやめとけば良かったぁ~」と思っているのが、ホンダのエース、ジェンソン・バトン。

バトン、2008年いっぱいでHonda離脱か■F1Live.com

競争力を発揮できなかった2007年シーズンを終え、ジェンソン・バトンは来年の2008年シーズンいっぱいでHonda Racing F1を離脱すると断言した。

‥‥まぁ、ある意味「檄」なんだろうが、別にバトンでなくてもかまわないぞ。
もっと若くて、将来性のあるヤツを乗せよう。

現代表の肉は相変わらずCEOの立場に居座り続けるが、この大金星で少しは失地を回復するのか?
‥‥コレを花道に退いた方がイイと思うけどね。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧