2007年11月10日

ルノーよ、おまえもか?おまえもなのか?

F1スパイ禍(もう無くなったあのチームじゃないよ?)、再び‥‥。

ルノー、12月6日に世界モータースポーツ評議会に召喚■F1Live.com
ルノー、15人以上のスタッフがスパイ事件に関与F1通信さま
ルノー、マクラーレンと同等の処罰を覚悟 - スパイ事件F1通信さま

マクラーレンが追い詰められたときに「おまえも道連れじゃ!!」という感じで沸いて出た、「ルノーF1チームスタッフによるマクラーレン車の設計に関するスパイ疑惑」だが、FIAも本腰を入れて調査を始めた模様。

仮にマクラーレン同様、コンストラクターズポイント剥奪&罰金1億$と言うことになってしまえば、今期の獲得賞金(本来なら獲得できていた)で半分近くを補填したマクラーレンとは異なり、獲得ポイントがマクラーレンの1/4程度のルノーが受けるダメージは計り知れない。

さらに事件の発生時期が2006年9月と言うことで、'06年度のコンストラクターズタイトルの剥奪やアロンソへの影響、最悪の場合、コストカッターで世界的に有名なあの大親分が、「こんなのやってられるか!!」と言う事態を招きかねない。
少なくともF1専業のマクラーレンとは異なり、ルノーはあくまでも欧州最大かつ欧州での販売数1位を誇る自動車メーカーであって、F1と言う世界に固執し続ける必要は全くない。それが、会社にとってイメージダウンをもたらすモノであれば、なおさらだ。

‥‥話を膨らませすぎたかな?

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧