2007年10月22日

F1 2007 Rd.17 ブラジル 決勝■2007ファイナルバトル!

地上波の方がちょっと早いと思うので、地上波対策なしで、いざ最終戦!!

グリッドはマッサ、ハミルトン、キミ、アロンソの順。
チャンピオン争いに関係のないマッサがどんな動きを見せるのか?
ハミルトンの真後ろでスタートするアロンソはどんなスタートを切るのか?

スタートでキミ、アロンソにかわされたハミルトン、アロンソをアウトから攻めるもいきなりコースアウト!
8番手までドロップダウン。かなり焦りがみえる。
1stスティントはフェラーリが速い。マッサ-キミのオーダー。
7周目、ハミルトン6番手に。
バリチェロはジャンプスタート‥‥何やってんの?

!?ハミルトン、止まった!?
ギアがスタックして18番手まで転落
キミに大チャンス到来!!

ギアが入って戦列に復帰していたハミルトンだが、またもパワーを失い‥‥まだ止まらない。
それでも集団の後ろに追いついてくる。

おおっ、かずきくんが琢磨を‥‥って、琢磨のペースがあがらないようだ。
ハミルトン12位まで上がってきやがりました。また止まれ~。
一貴をかわして、11位。

マッサとキミの差が少し開いたが、裏切るなよ。
上位陣ではBMWクビサからin。
次はマッサin。
ココでおそらく順位入れ替え‥‥あら、そのままだ。だが燃料は満載。
次はアロンソ。ふつうの給油。
同ラップでハミルトン、Sソフト&ショート給油。

スーティルがアンソニーにぶつける。アンソニー不運(スーティルはペナルティ)。
琢磨もSソフトで逆襲をねらう。

ハミルトン、現在、11位!
アロンソ、ペースが遅いぞ!クビサがマクラーレンのテールに肉薄。
クビサがガンガレば、マッサも勝てる。

一貴、ピットで止まりきれず、クルーを牽いてしまう‥‥痛そ~。
アロンソ、ついにクビサに屈した!
ハミルトンは現在9番手。

残り約半分。
マッサ-キミが接近してきた。
ジワジワジワジワ。

ハミルトンinハードにチェンジ!これはもう1回入るぞ!
コバライネン、2コーナーでリアからクラッシュ。SC出るなよ~。
ハミルトンは周回遅れだ。

‥‥アラ~。クビサは3回止まりだ。
コレでキミが勝たねば、チャンピオンになれない、マッサ、残念。

残り30周!

ああ~、映像がノイズ、ノイズ。
どうやらバリチェロの煙が原因のようだ。これで、ホンダ全滅。サバイバルレースだなぁ。

ハミルトン8位まで挽回。しぶといのう。
TV画面に映るミカ。陽気だ~。
マクラーレン勢が勝っても、キミが勝ってもミカとしてはめでたい?

マッサin。S・ソフト。

キミは右フロントにブリスターを作りながらもスーパーラップ!頼むから、無理すんな~。
チームオーダー疑惑回避の意味もあるんだろう。
キミより前にアロンソin。今日はイマイチ目立てない。

そして、キミがピットロードへ‥‥さぁ!トップが入れ替わるぞ!
キミ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!

残り17周、キミ・ライコネン、王者へのカウントダウン開始!
うは~。ドキドキシテキタ~~~~。

マッサ、ミスらずついてこいよ!
残り、16周。

心臓バクバク。

ハミルトン、in。ハードタイヤに、謎作戦だ。
マクラーレンは、相変わらずプランが狂ったときの対処が悪い。
かつて、これでキミもタイトルを逃したわけだし。

残り10周。
F1を見ていてこんなバクバク状態は琢磨が良かった04以来。
チャンピオン争いでは、ミカvsMSの時代以来だよ。

5位集団のバトルが気になるが‥‥。
一貴、ライバルチームのデビを撃墜。

残り8周。
キミ、クルージングに。
ハミルトン、7位に上昇。前を行くハイドフェルドを毎ラップ1秒以上削りながら追いかける。
あと2台でチャンプの権利復活だが‥‥どうなる?

キミ、ココでファステストラップ!!
‥‥って、まぁ、コレがキミスタイルだが。

残り5周。
周回遅れのハミルトン、フェラーリの後ろで何を思う?

残り、3周。
バクバクバクバク。

つ~か、クビサとニコ、無茶なバトルは頼むからやめとくれよ~。

残り2周。キンチョーがキンチョーが。


‥‥さぁ!遂にファイナルラップ!!!!!!!

S・ド・セナを駆け下り、かつてマシン墓場と化した3コーナーをすり抜け、何台もの車がラインをトレースできずにふらついたインフィールド‥‥若かりし日のアロンソが大クラッシュを喫した最終セクション‥‥そして‥‥最終コーナーを立ち上がって‥‥遂に‥‥

もう1回やるぞ!
キミ、キタキタキタキタキタキ━━━タ━━━━━\(゚ (゚∀゚) ゚)/━━━━━━━━ッ!!!!!!
うれし~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

直後にハミルトンが周回遅れでフィニッシュしたため、その時点でキミのチャンピオンが確定!
応援しているドライバーがチャンピオンを取るのは、なんと2000年のミカ・ハッキネン以来‥‥思えば、長い日陰の日々だった。

見事にキミを援護したマッサも偉い!

最終的なポイントランキングは

1.キミ・ライコネン    110pts

2.ルイス・ハミルトン   109pts

3.フェルナンド・アロンソ 109pts

上位3人が100ポイントを超える高得点で1ポイント差に収まってしまうと言う、史上空前のシーズンだった(4勝ずつで並んでいるハミルトンとアロンソの順位は2位獲得数の差)。

ミカの後を継いでマクラーレンに乗って以来、いつかこんな日が来ることを望み続けていたが、初の戴冠がフェラーリになるとは思ってなかった。ホントに待ったぞ~~~!

シューマッハが居なくなった最初のシーズンは、上位4人が激しい争いを繰り広げるすさまじい1年で、「ルーキーチャンピオン誕生か?」という、F1、57年の歴史をひっくり返しかねない状況だったが、最後の最後にココまでほとんどトラブルの無かったマクラーレンにトラブルが発生した(ドライバー、マシン共々)。ハミルトンは中国でほぼ手中にした権利をチームと自身のミスでするりと逃してから、流れが変わってしまったのだろうか?このブラジルでも同じく自身とチーム(マシン)のミスで混乱・低迷した。

スパ以降のラスト4戦で36ポイントを獲得したキミはタイトルにふさわしい走りをしたと思う。
前半戦、バルセロナ、モナコ、カナダ、USAはダメダメだったけどね~。
シーズン6勝したのだから、彼が王者で誰も文句はないだろう。
ファンとして、ホントに嬉しい結果だ。

アロンソはサバサバした感じがあるな。来年は何処へ行く?
ハミルトンは‥‥まぁ、まだ先は長い。来年はマクラーレン不動のNo.1としてどんな戦いをするのか、見物だ。

来年はどんなシーズンになるのか?

全くダメだったホンダは?終盤、資金難で消え入りそうなスーパーアグリは巻き返せるのか?
カスタマーシャシー問題はどうなるのか?
アロンソを起点とするドライバーの玉突き移籍はどのような展開を見せるのか?
今日からオフシーズンに入るからと言って目を離せる状況ではないのだ。

来年も楽しいシーズンになることを期待している。

追記

一貴クン、初レースを10位完走で終えた。
ポイント獲得まであと少しだったが、何かが少しだけ足りなかったようだ。
予選順位が重要だな。

結局、ニコが4位に入ってコンストラクターズ4位を維持できたので、良かったのでは無かろうか?

琢磨は、去年の10位の様な見せ場を作ることも出来ず、12位完走がやっと。
来年のSAF1はどうなるんだろう?日本の企業さん、少しは世界を相手に戦うチームに支援を!

サコンヌは1周目にフィジコの無謀な走りで危ない事故になりかけた。
無事そうなので良かったが、もしフィジコのルノーがジャンプ台になってしまったら、今こんなに喜べる状況では無くなっていたかも知れない。

今期はフィジコ、バリチェロ、ラルフとベテラン達の衰えが目立つシーズンとも言えるようだ。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧