2007年10月 7日

F1 2007 Rd.16 中国 決勝■上海台風はレースにどう影響するのか?


拡大地図を表示
上海台風‥‥上々颱風と語呂が似てるにゃぁ。

さてさて、スタンダードウェットでのスタートなのだが‥‥背後は白くなってますよ。

非常に難易度の高いコンディションがチャンピオンシップをどう左右するのか?

コレまでの秩序の全てがぶっ壊れてしまうかも知れない、中国GP。
いざ、スタート!


追記

スタート!
1コーナーでマッサとアロンソが接触しながら270度コーナーを立ち上がる。
必死なアロンソが一度かわすも、マッサがやり返す。
頑張るのはそこじゃない、そこじゃないんだ。

予選好グリッドのラルフ、早速スピン。予選が良いといつもこうじゃないか?
アンソニーとバリ接触、両者スピン。

12周目、ハミルトンとキミの差、早くも7秒超‥‥万事休すか?(あきらめが早い)

不調のコバライネンを抜けないバトン。
その後ろに数台の行列。コバ'sドライビングスクール開催中。

15周目ハミルトンin。給油のみ。
マッサin。タイヤは?‥‥そのまま。

キミ、ガンガンプッシュ中!!
アロンソin。ギャンブル無し。結局、マッサの後ろ。
ファステストを記録して、キミ、19周目でin!そして、out!
だが、やっぱり順位はそのまま‥‥くっ‥‥終わったか?

26周目、マッサin!ドライ・ソフトに変更
ハミルトン大きくタイムを落とす、スピン?

雨!?各所でマシンが回り始める。くるくる。

キミがハミルトンに大接近!そして、抜いた!キミ、トップ!!
フィンランド人、つるつる状態は上手いぞ!
‥‥と思ったら、今度はドライ?

非常にタイヤ選択が難しい状態の中、可能な限りコースに留まり、他車と空模様の成り行きを確認してピットに入りたい。だが、ハミルトンのリヤタイヤ、おかしいぞ!
構造が見えるほどぼろぼろになったタイヤを引きずりながらハミルトン、よろよろとピットへ。

ああ~~~~!!

ピットレーンに入りきれずに砂場へスポっとハマった。
そして、そこから脱出することが出来ずに、マシン停止!
誰も助けられない!
キ━━━━━━タ━━━━━━━(゚∀(゚∀゚)∀゚)━━━━━━━ッ!!
頭を抱える、ロン・デニス。

何故そこまで無理して引っ張ったのか?
完全に作戦ミスだと思うが、とにもかくにもリタイヤはリタイヤ!

その横をそそくさとキミがピット目指して通り過ぎる。さらにアロンソも。

トロ・ロッソのヴェッテルとリウッツィが大活躍中。
ベルガー喜んでるかなぁ?
‥‥あれ?このままだったら、SAF1逆転されない?
‥‥っていうか、HONDAもトロ・ロッソに食われないか?

残り10周。久々にドキドキ展開(富士は別の意味でドキドキだったが)。

キミ、削れきってしまったタイヤでファステストを連発しながらゴールを目指す。
やり過ぎるんだよなぁ、キミ、大丈夫か?‥‥と思ったら、マッサがトップタイム‥‥タイミングおそすぎ。

残り周回数は粛々と消費され‥‥では、久々にやります。

キミ!キタ━━━━━━━━━━━(゚∀(゚∀゚)∀゚)━━━━━━━━━━━ッ!!

わ~~い。
今季5勝目!5勝!一番勝っているのはキミなのだ!

結局、キミ、アロンソ、マッサという、本来今シーズンの中心になると思われていた面々による表彰台。
3人ともホッとした顔をしているなぁ。
アロンソは予選後大荒れだったらしいが、今は、照れくさいだろうねぇ。

ハミルトン 107ポイント
アロンソ  103ポイント
ライコネン 100ポイント

見えない力に操られるように、遂にポイント差1桁、最終戦・ブラジルを残して、三つ巴!!

最終戦のブラジルはオールドコース、ちなみに去年はフェラーリが圧倒的に強かった。
地元のマッサがどうかき回すか?キミを援護してくれ~、イヤ、ホント、マジで。

で、ブラジルはキミ>マッサ>アロンソ>ハミルトンの順!

‥‥あれ?これだと、やっぱりハミルトンがチャンピオンじゃないかYOー!

【急募】マクラーレンとフェラーリの間に入る1台、求む!!


ところで、本日のMVPは誰がなんと言っても、セバスチャン・ヴェッテル!前戦流した涙を取り返した。
コクピットからの狂喜の声は当然だよね。おめでとう!

Credits

管理人にメールを出す
購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Tag Clouds

Archives


アーカイブ一覧