2007年9月13日

沈没総理

『日本一空気を読めない漢』第90代日本国内閣総理大臣 安倍晋三議員、全く空気を読まず、謎過ぎるタイミングで突如辞任‥‥。

小沢氏に無視された?脱税疑惑?自民のお歴々にいぢめられた?病気?裏切り?さまざまな憶測が飛び交う中、半べそ状態で

「今後、このテロとの戦いを継続させる上において、私はどうすべきか、むしろこれは局面を転換しなければならない。新たな総理のもとで、テロとの戦いを継続をしていく、それを目指すべきではないだろうか。」(毎日新聞)
という謎の言葉を残して、お坊ちゃま総理はその椅子から逃げ出した。

会社でニュースと見た瞬間、一同「( ゚д゚)ポカーン」だった。

「美しい国、日本」、「戦後レジームからの脱却」をやりとげるんじゃなかったの?

わけのわからない抽象的なキャッチフレーズと、祖父の仇とでも思ったか?戦後体制(祖父・岸信介はA級戦犯容疑で巣鴨プリズンに収監されるも、極東国際軍事裁判で不起訴、釈放>その後、55年体制自民党初代幹事長、日米安保締結時の首相。だが、60年安保闘争で国民からの反発を受け、安保締結後、退陣)からの脱却を掲げ、論功行賞の仲良し内閣を作るも、そのお友達閣僚は失言をくりかえし、政治資金に関するさまざまな疑惑が浮上して、挙句には松岡農相の自殺‥‥。
その後、赤城某とか言うこれもまた空気の読めない漢を農相にすえるも‥‥不祥事と絆創膏の記憶をだけ残して、更迭。

その間に行われた参議院議員選挙では危機的空気を読めず、史上空前の大敗を喫し、党内四面楚歌に陥るも、それでも総理の椅子にこだわり、生きながらえるため「自民派閥体制復活の第2次安部内閣」を作った(その後、また遠藤大臣が不祥事で辞任したが)。

それでも、「やさしい」というか、「忘れっぽい」国民は、「とりあえずもう少し安部総理で我慢するか‥‥」というムードになり始めた矢先、今回の青天の霹靂だ。

‥‥死人に鞭打つように思われるかもしれないが、彼は国家の最高責任者だ。日本という船の舵を取って、国民を導く船長ではないのか?
新たな内閣で漕ぎ出したばかりの臨時国会会期中で放り出す程度の覚悟だったら、何故、もっと早く退陣してくれなかったのか?

もし、健康に問題があるならば、命のほうが大切だ。国会議員も辞めたほうがいい。

ローゼン麻生にだまされたともいっているらしいが、それならば、議員辞職覚悟で解散でもぶちかましてくれたらありがたかったのだが‥‥。

まじめに書き続けても疲れるので、最後にこのサイト的に彼を評すると、
『総理3級 まじかる?ぽか~ん』
‥‥くっ。

Credits

購読する このブログを購読
[フィードとは]

■魂狩られバナー(160x32) http://g.byway.jp/img/tamashii.png
魂狩られバナー

あわせて読みたい

Archives


アーカイブ一覧